バレンタインの彼へのプレゼントは決まった?相場と選び方のコツ

友チョコが主流になりつつあるバレンタインですが、“感謝の気持ち”という点においては、大切な彼にもぜひプレゼントを贈りたいものです。

おこづかいだけでやりくりしている場合や、バイトをしている場合など懐事情は様々でしょう。ここでは、彼に贈るバレンタインのプレゼントの選び方、相場、おすすめの商品などを紹介していきます。

スポンサーリンク

高校生の彼へ

相場や選び方のポイント

高校生の彼に贈るプレゼントとなると、あまり高級すぎるものは引かれてしまいますし、かといって友チョコや義理チョコと代わり映えしないものも良くありません。

相場は3000円前後が無難といえる金額です。手作りにこだわらなければ、マフラーや手袋など、市販品で十分彼が喜んでれる商品もありますし、使い勝手が良いスマホケースや文房具なども良いですね。

次におすすめの商品を紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

高校生の彼が喜ぶ重宝するプレゼント

手袋をしたままスマホ操作ができる優れもの!

デザインも豊富な上、メンズラインとレディースラインがあるので、同じデザインでお揃いにしたり、色違いで合わせることも可能です。

値段も手ごろなので、高校生のおこづかいで十分購入できるのも嬉しいところです。

スイス製の高級シャープペンです。

毎日使うものだからいいものを、という実用性とブランド性を兼ねた贈り物としてぴったりです。6色のカラー展開の上、メタリックな素材で存在感もバッチリ。

色違いでお揃いにすることもできます。飽きがこないシンプルなデザインは、長く使うにふさわしい一品です。

大学生の彼へ

相場や選び方のポイント

社会人ほど余裕は無く、かといって高校生ほど懐事情が寂しいわけでもない狭間ともいえる大学生ですが、バレンタインの相場は?贈り物は?と、悩むところです。

高校生と違い、デートの内容などでもプレゼントの金額が変わってきてしまうため一概にいくらとは断定できませんが、大体相場4000円から10000円以内に納めるのが無難と言えそうです。

チョコレート+小物類や、高級なものより普段使える実用的なものなど組み合わせて贈る等、工夫すると良いですね。

遊び心満載!大学生の彼におくるおすすめのプレゼント

イタリアの革製品ブランドであるイルビゾンテから、スナップボタン式のキーケースです。

独特の風合いで、長く使用すればするほど味が出ると名高いイルビゾンテは、男女問わず人気があります。

シンプルかつ実用的でありながら、“革を育てる”という楽しみも兼ね備えたキーケースは、贈り物に喜ばれること間違いなしです!

遊び心たっぷりのチョコレート!カーマニアの名のとおり、スパナやドライバーの形をしたチョコが、車好きの彼の心をくすぐります。

まるで本物と見間違えてしまうほど精巧にできているだけでなく、プレミアムチョコレートを使用しているため味も本格派です。併せてハンカチなど身につけるものをプレゼントするのも良いですね。

スポンサーリンク

社会人の彼へ

相場や選び方のポイント

社会に出て自分で稼ぐようになると、懐事情も様々でバレンタインの予算にかなりバラつきが出てきます。本命の彼でも、数千円で済ませる場合から、数万円まで予算が跳ね上がることもあります。

不思議なことに、社会人は付き合いが長くなればなるほどプレゼントの対価が下がるというアンケート結果もあります。かといって、せっかくのバレンタインですし、安価に済ませているだけでは彼もかわいそう!今年はサプライズ感覚でプレゼントを選んでみてはいかが?

社会人の彼に!センスが光るプレゼント

社会人の彼に贈るとしたら、普段使いのネクタイなんてどうでしょう?ポールスミスならばハズレはありませんし、センスも品質も言うことなしです。

一見ドッド柄に見えて実は星型・・・見えづらいところにきらり光るお洒落度は、彼のランクアップをお手伝いした気分にも。

とにかく小さい!コンパクト!に尽きるカードサイズのお財布です。

日本の職人とオロビアンコのコラボであるため、品質、デザイン、カラーバリエーション共に文句のつけようがありません。ポケットに入れても違和感無いデザインと大きさであるため、普段使いの財布とは別に使えるのもポイント。

いきなりメインの財布をプレゼントするより、こういったセカンドポジションにあたる実用品の方が喜ばれるでしょう。

大切な人に思いを込めて

いかがでしたでしょうか?ここでは、高校生、大学生、社会人別のバレンタイン相場、おすすめのプレゼントを紹介してきました。

付き合い始めの彼も、長い時を過ごした彼も、大切な相手には違いありません。ぜひとも、普段はなかなか言えない感謝の気持ちを言葉にして、プレゼントを渡してみてください。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加