お食い初めはいつすればいい?献立と儀式のやり方をご紹介 

『一生涯、食べるものに困ることが無いように』

そんな願いが込められた、昔から日本に伝わる伝統的な習わしのお食い初めですが、いつ頃すればいいの?と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

生まれてから、100日になる日にできればベストですが、平日であったり、家族が集まる日にみんなで祝いたい!と考えると、100日めにお祝いするのが難しいというご家族もいらっしゃると思います。

今回は、まずはお食い初めの数え方いつすればいいのか等と一緒に、お食い初めのやり方についてご紹介します。

スポンサーリンク

お食い初めの数え方は?いつするの?

ohigan1-1

お食い初めの場合、生まれた日を1日目として数えます。

通常では生後100日目と言われていますが地域によっては、生後100日とは限らず、110日目、120目とするところがあります。

家庭によっては、生後〇〇日目が平日であったり、祖父母も一緒に祝うとなるとみんなの都合を合わせるのが難しいなど、その日に合わせて祝うのは難しいと思います。

その場合は無理に生後〇〇日目に合わせる必要はありません。
大体、母乳から離乳食に変わる頃(生後3~4ヶ月)を目安にし、みんなが集まれる日(吉日)を選んでお祝いしてあげましょう。

お食い初めで使う食器、お膳

okuizome2

しきたりでは、お食い初めで使うお膳・食器はお嫁さんの実家が贈るとされていますが、

最近では特にこだわらず、嫁ぎ先や、お父さん、お母さんご自身で用意しているところもあります。

正式な形であれば、使用する食器やお膳は

【お膳・食器セット】

男児:内外とも朱色

女児:外は黒、内は朱色

お椀は、鶴、松などの蒔絵模様のある漆器
お箸は、柳の白木

など、一式揃えることになります。
全部、揃えると結構、高価な買い物になりますので、最近ではお膳一式をレンタルしたり、
御膳を使わず、ベビー用食器とベビーラックなどで代用する家庭も見られます。


これだと1度きりでなく、使う場面を増やせるので、このよううな普段使いのできる
食器を選ぶのもおすすめです。

お食い初めの献立

一汁三菜が基本です。

  • 鯛や尾頭付きの魚 (エビでもOK)キス、さんま、カニ、
  • おすまし汁 蛤、鯛、たけのこ、まつたけ
  • 煮物 季節の野菜を使った煮物 椎茸、れんこん にんじんなど
  • 酢の物/香のもの たこ/なます
  • 赤飯  白米、栗ご飯でもOK

添え物:歯固めの石・梅干し

スポンサーリンク

お食い初めの儀式のやり方

okuizome3

通常、養い親と呼ばれる、親族(祖父母や親戚)の中で最年長の人が長寿をあやかって儀式を行います。
男児なら男性、女児なら女性が行います。

儀式を行う人(養い親)がひざに赤ちゃんをのせその年の恵方に向って食べさせるマネをします。

順番は、ご飯→汁→ご飯→魚→ご飯→汁の順に三回食べさせるフリをします。
つぎに、歯固めの儀式(小石を赤ちゃんにかます)をします。
無理があれば、小石に触れた箸を赤ちゃんの口に触れさせ歯が丈夫になるように祈るだけでOKです。
養い親が儀式を行う、とご紹介しましたが最近ではお父さん、お母さん、赤ちゃんのみで行う家庭もありますので、特に養い親にこだわらずお祝いの席を楽しみましょう。

 ■記念に写真撮影

okuizome4

せっかくのお祝いの席ですので、写真を撮って思い出に残しましょう。

食べマネさせてる場面や、赤ちゃんが大泣きしてしまった場面など思わぬ一コマを残すことで、きっと家族にとって良い思い出になるでしょう^^

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です