嵯峨野トロッコで紅葉を!2016年度のライトアップ情報と見頃時期

寺社仏閣の多い京都近辺、もちろんすばらしいものなのですが、子供さんなどですともっと躍動的なものが好まれることもあります。

寺社観光とあわせて、トロッコ列車の響きを聞きながら、紅葉が楽しめる「嵯峨野トロッコ」をルートとして選ばれるのはいかがでしょうか。

アクティブな川くだりと、お猿さんに会えるスポットもご案内します。昼夜共に、大人も子供もわくわくする京都の秋の楽しみ方です。

スポンサーリンク

嵯峨野トロッコと紅葉の楽しみ方


旧山陰本線の路線を利用した観光ルートです。JR緑の窓口でも予約が可能ですので、座席指定でとってしまうのがお勧めです。予約なしでも席は取れませんが乗車できます。

レトロで愛嬌がある赤と黄色のトロッコ列車で、鉄橋から見下ろしながら川を渡り、紅葉の山並と窓の外を近く過ぎる枝葉を楽しむことが出来ます。ライトアップも良いですが、清流ならではの岩と水色を見せる渓谷や、風景の全体を見渡せる昼間も、甲乙つけがたい魅力的なものです。トロッコ列車の音も風情を添えます。

ルートはトンネルを抜けながら進みます。アナウンスで見所が案内され、撮影お勧めポイントで停車サービスがあります。1両だけある「ザ・リッチ号」は当日販売のみですので注意が必要です。隣接のジオラマ館はお子様に好評で、運転士気分になれるサービスありです。

嵯峨のトロッコの日程と紅葉の見頃時期(基本情報)

【住所】京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町

【アクセス】JR嵯峨嵐山駅からすぐ
【料金】片道620円 ※前売り券あり(JR西日本の主な「みどりの窓口」、全国の主な旅行代理店) ※ザ・リッチ号は当日券しかありません。
【時間】下り:トロッコ嵯峨野駅発は9時7分から1時間毎に運行し、最終は16時7分発。
上り:トロッコ亀岡駅発は9時35分から1時間毎に運行し、最終は16時35分発。
【電話】075-861-7444
【時期】11月頭から葉の色づきが見られ、11月下旬~12月上旬あたりに見頃をむかえます。
【休日】水曜日 ただし、紅葉期間中は運休なし
【HP】http://www.sagano-kanko.co.jp/
【駐車場】50台 有料:500円 ※曜日や季節により変動

ライトアップ情報

torokko-kouyou1

出典:Norio NAKAYAMA
日没頃からライトアップが始まり、夜の車内の電灯は落とされます。車窓近く通り過ぎる紅葉の枝と、ちらほらと見える沿線上の夜景、トロッコの響きが幻想的で旅情にあふれた道行になります。

指定席での運行で人気の路線ですので、出来れば早めの予約をお勧めします。ほぼ全線のライトアップを行い、見所ポイントは徐行するサービスがあります。晩秋になると冷えますので、羽織るものがあると良いでしょう。

スポンサーリンク

基本情報
【ライトアップ期間】10月15日~12月4日
【点灯時間】16時30分~19時30分
【料金】620円  ※小学生までは310円
【運行時間】
○下り:トロッコ嵯峨駅発 → トロッコ亀岡駅着

駅名 トロッコ嵯峨 トロッコ嵐山 トロッコ保津峡 トロッコ亀岡
臨時81号 17:07発 17:10発 17:18発 17:30着
臨時82号 18:28発 18:31発 18:42発 18:55着

○上り:トロッコ亀岡駅発 → トロッコ嵯峨駅着

駅名 トロッコ亀岡 トロッコ保津峡 トロッコ嵐山 トロッコ嵯峨
臨時82号 17:35発 17:51発 18:09発 18:12着
臨時92号 19:00発 19:14発 19:28発 19:31着

81号・82号:10月15日~10月30日の毎週土日、11月1日~12月4日の毎日
91号・92号:11月19日、20日、23日、26日、27日の5日間

混雑度・攻略

嵯峨野トロッコ列車といえば春の桜時期もそうですが、特に紅葉時期の人出が多く、大人気のイベントです。紅葉のトップシーズンになると、多くの人が列車からの紅葉を楽しもうとやってきますので、必ず前もってチケットの予約をしておきたいところです。

周辺スポット

◇モンキーパークいわたやま


京都市内を一望できる展望台があり、紅葉も数多くあり、園内が赤く染まります。ニホンザルと紅葉と展望を、欲張りに楽しめるスポットです。

120頭のニホンザルが野生状態で園内に暮らしており、基本的な注意さえ守ればとても近くで野生動物に出会え、野鳥や鹿などに会えることもあります。1匹ずつ名づけられた猿達は、のびのびとしていて時間を忘れるユニークさですので、お時間に余裕があったほうが良いです。餌をやるときは人間のほうが檻に入ります。

クールジャパンと意外なつながりがある観光スポットで、人気アニメ「けいおん!」で修学旅行の回に登場人物たちが立ち寄っています。製作スタジオが京都の会社なので、他にも京都各所が緻密な取材をされ、モデルとなっています。

基本情報
【住所】京都市西京区嵐山元録山町8

【アクセス】阪急嵐山駅より徒歩5分 / 京福嵐山駅より徒歩5分 / JR嵯峨嵐山駅より徒歩15分
【料金】550円
【営業時間】3月15日-10月31日:9時~17時30分(入園は17時まで)
11月1日-3月14日: 9時~16時30分(入園は16時まで)
【電話】075-872-0950
【時期】紅葉の見頃は例年、11月中旬~12月上旬頃まで
【休日】なし。ただし荒天時は休園。
【HP】http://www.kmpi.co.jp/
【駐車場】なし。※阪急駅前駐車場の半券を入園窓口で提示すると、200円負担してもらえる。当日券のみ有効。

◇保津川下り


トロッコで亀山まで行き、帰りを川くだりでと言うのが、乙な移動方法としてお勧めできます。

船頭さんの案内を聞きながらの、16キロ1時間半から2時間程度の道のりです。川くだりは気象状況に左右されますので、条件のよいときがお勧め。基本的には、きつすぎずほど良くスリリングな川くだりですので、お子様にも良いでしょう。前日の雨などの影響を受けて急流になる日はしぶきで濡れるので、カッパなど持参し防水対策しましょう。

船頭さんによりトークの芸風が違うという話ですので、リピートも楽しいと思います。出発場所で軽食を買い持ち込むことが出来ますし、終盤にイカ焼きなど売る小舟が来ますので、そこで買うのも楽しいことでしょう。

子供のためのラフティングコースが開催されることもあります。

基本情報
【住所】京都府亀岡市保津町下中島2

【アクセス】乗船場にはトロッコ亀岡駅から京阪京都交通バス保津川下り乗船場行きで約15分
【料金】4100円
【運行時期】
○定期船:3月10日-11月10日
○お座敷暖房船:12月上旬-3月9日
【出船時刻】
○定期船(月曜~金曜)9時~14時まで一時間おきに運行し、最終船は15時30分に出船
※土日祝は不定期運行。
○お座敷暖房船:10時、11時30分、13時、14時30分に出船
※貸し切りの場合は随時運行。
【電話】0771-22-5846

【休日】12月29日~1月4日 / 安全点検のため9月と2月に一日間のみ運休日あり。
【HP】http://www.hozugawakudari.jp/
【駐車場】80台

アクティブな京都の魅力が詰まったスポットをご案内しました。

冬には、トロッコ川下り共に雪見となり、船は暖房されます。トロッコ列車は春にも初夏にもよさそうです。あわせて保津川下りする方も多く、その場合、トロッコの駅で保津川下り行きのバス切符も同時に買ってしまうと便利です。

静かなたたずまいも、アクティブに楽しめる自然も、懐深い古都を訪れてみてはいかがでしょうか。初めての方にもリピーターの方にもお勧めできます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加