三千院の紅葉(2016)の見頃と混雑状況!ライトアップはある?

四季折々を楽しむのが上手なのは、日本人のよいところ。夏は花火、秋は紅葉。特に秋晴れに映える紅葉は格別で親しまれていますよね。

色々な場所で楽しめるもみじですが、今回は王道の和風情緒満載のスポットとして、「三千院」をご案内します。

沢山の文化財と共に、青苔に散る紅葉、桜まで楽しめるこの界隈は、一度は訪れたいお勧めの場所です。まだの方は、ぜひ。

スポンサーリンク

三千院と紅葉の見どころ

京都大原三千院は天台宗の寺院で、門跡寺院として格が高いとされています。国宝阿弥陀三尊など多くの文化財が安置されていることで有名です。

秋はかえでの紅葉が楽しめます。三千院朱雀門、往生極楽院、有清園などで、苔むした庭園に紅や黄色の葉が舞い散る風景を見ることが出来ます。

杉の木立と杉苔の「有清園」には、杉村孝氏の手によるわらべ地蔵があちこちにたたずんで訪れる人を迎えます。「聚碧園」も、茶人の金森宗和修築の庭園で有名なものです。また豊かな苔の緑と紅葉の赤が映える「宸殿」は前項の撮影スポット。

年月をかけ丹精された青苔、樹木の風情、寺院の建築があいまって、時が止まったような和の情緒をかもし出します。

【住所】京都府京都市左京区大原来迎院町540

【アクセス】京都バス停大原から徒歩10分

三千院の日程。紅葉の見頃時期

【営業時間】3月~12月7日:8時30分~17時 / 12月8日~2月:9時~16時30分
【拝観料】700円
【紅葉の見頃時期】11月上旬から色づき、中旬になると見頃を迎えます。
【休日】無休
【駐車場】なし
【電話】075-744-2531
【HP】http://www.sanzenin.or.jp/

三千院はライトアップはある?

郊外の紅葉の名所として知られる三千院。ここでは夜のライトアップは行われませんが、すぐ近くにある(徒歩で数分の場所)宝泉院&勝林院の2ヶ所でライトアップされた紅葉を見ることが出来ます。どちらもすぐ近くです。

詳細は下記の、宝泉院&勝林院のライトアップ情報を参考にして下さい。

三千院の紅葉シーズンの混み具合と攻略

郊外なので他のスポットと比べれば少ないですが、見頃時期になると混雑が予想されます。できれば午前中で、空気の済んだ人気のない状態で散策できる開門すぐがおすすめ。

三千院の関連イベント情報

もみじ祭

毎年、10月28日から11月28日の間はもみじ祭が開催され、賑わいを見せます。金色不動堂の境内一帯で行われ、不動護摩供がその内容となります。人々の煩悩を焼き、清らかな長いとして人気に届ける護摩供養です。

秘仏金色不動明王は智証大師の作と伝えられています。法要では扉が開かれ、貴重な仏像をみることが出来ます。期間中はお茶席も設けられます。

基本情報
【開催日】10月28日~11月28日
【料金】700円
【時間】8時30分~17時

スポンサーリンク

三千院周辺の紅葉スポット

◇宝泉院

夜はライトアップをしているのが宝泉院です。昼に他の場所を回って、夜はこちらと言うのはいかがでしょうか?夜の寺院に幻想的に照らされた、竹林と紅葉はすばらしいです。

昼ももちろん見所が多いスポットで、柱を額に見立て盤桓園(立ち去りがたいという意味です)を見晴らす「額縁庭園」は大変有名です。格子越しに鑑賞する「鶴亀庭園」樹齢300年を誇る「娑羅双樹」700年を誇る「五葉の松」など、屋外だけではなく、徳川忠臣のエピソードがある「血天井」など屋内も見逃がせません。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区大原勝林院町187

【アクセス】京都バス停大原から徒歩15分
【拝観料】800円(抹茶と和菓子付き)
【営業時間】9時~16時30分(受付終了)
【電話】075-744-2409
【紅葉の見頃時期】例年は11月に入り色づき始め、中旬から下旬にかけて見頃となります。
【休日】1月3日 ※要問合せ
【HP】http://www.hosenin.net/
【駐車場】なし

勝林院

3zenin-kouyou3

出典:http://photo53.com/
法然上人が高僧と問答を繰り広げる「大原問答」の舞台となったことで知られています。声明の根本道場として開かれ、大原では古いものです。天台声明の発祥のお寺です。

本堂の周辺ではかえでが見事です。混雑時期には三千院よりは人手が穏やかですので、ゆったり見ることが出来ます。本尊「阿弥陀如来像」はとても美しいことで知られています。また、「石造宝篋印塔」と、藤原時代からの「梵鐘」は重要文化財に指定されています。

基本情報
【拝観料】300円
【営業時間】9時~17時
【電話】075-744-2537
【紅葉の見頃時期】11月中旬から下旬にかけて見頃となります。
【休日】1月3日 ※要問合せ
【HP】-
【駐車場】なし

場所・アクセスは宝泉院と同じ

宝泉院&勝林院のライトアップ情報

3zenin-kouyou2

出典:Hide Neko
両院合同で開催される人気のライトアップスポット。おのおのの庭園ごとに違った魅力があります。

宝泉院の「額縁庭園」の建築物からみる竹林と紅葉の趣、勝林院の、石畳の足元の灯りや、建築物の間を散策しながらの紅葉の趣、どちらも甲乙つけがたく、多くの人に親しまれています。

基本情報
【ライトアップ期間】11月5日~12月4日
【時間】17時45分~20時30分
【昼夜入れ替え】あり
【拝観料】1000円 (宝泉院・勝林院の共通参拝料金)

◇実光院

3zenin-kouyou4

出典:Kyoto-Picture
勝林院の子院で、宝泉院と同時期に開かれたのが実光院です。不断桜が秋から春先まで咲いていますので、11月ごろが満開の桜にあわせてゆくと、両方が鑑賞出来る珍しいスポットです。

東西に別れ、池を鑑賞できる庭園と、借景が美しい回遊式の庭園があります。ふたつの風情を楽しむことが出来ます。後者は当代の住職が荒れていた所をきれいにされたもので、古いものと共に親しまれています。拝観料には抹茶とお菓子が含まれます。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区大原勝林院町187

【アクセス】京都バス停大原から徒歩11分
【拝観料】700円
【営業時間】9時~16時30分
【電話】075-744-2537
【時期】葉の色づきは11月半ばから見られ、下旬になると見頃になります。
【休日】1月1日
【HP】http://www.jikkoin.com/
【駐車場】なし

三千院周辺お立ち寄りスポット

魚山園

立ち寄りスポットとしてお勧めなのが「魚山園」です。付近に名刹の多い立地ですので、立ち寄りやすく大原観光の拠点に向いています。

地下より湧出した弱アルカリ性単純温泉天然温泉があり、お湯でも大原の風情を楽しめます。有名な下呂温泉と同種の温泉です。川のせせらぎが聞こえる露天風呂もあります。

日帰りでも宿泊でも利用でき、民芸建築のお座敷で京料理をいただくことができます。月見台からは三千院が望めます。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区大原来迎院454

【アクセス】京都バス停大原から徒歩10分
【時間】10時~17時
【電話】075-744-2321
【休み】不定休
【駐車場】6台
詳細はこちら

雲井茶屋味噌庵

「雲井茶屋」の姉妹店が「味噌庵」です。「大原温泉湯元 京の民宿 大原の里」内にあります。以前は観光シーズンに少しだけ雲井茶屋で販売されていた、昔ながらのお味噌を販売しています。

材料にこだわり、この道数十年のおばあちゃんたちの手で作られた味噌は評判が高いです。「雲居茶屋」では、地鶏と京野菜が入った大原名物「味噌鍋」と、「白みそアイス」が好評です。食事にお土産の買い物にと親しまれています。

基本情報

【住所】京都府京都市左京区大原草生町41

【アクセス】京都バス停大原から徒歩10分
【時間】9時~17時
【電話】075-744-2240
【休み】不定休
【駐車場】20台 ※大原温泉湯元京の民宿大原の里と兼用
詳細はこちら

大原周辺には三千院をはじめとして、歴史を感じさせる名刹が多数あります。

古来、都から離れゆったり暮らす静寂の地だった大原ですが、今もその面影を残したやすらぎの風景が広がっています。それだけではなく、現代の人々の、名刹を守り引き継ぎながら良くして行こうと言う意気が感じられる土地でもあります。

自然、建築、文化、食、の揃った大原三千院を今年の紅葉観光に選ばれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加