北野天満宮の紅葉2016のライトアップ!見頃と混雑具合

天満宮といいますと大宰府が有名ですが、古都京都にも「北野天満宮」があり、天神様がいらっしゃいます。この天神様からも全国に勧請がされており、全国の学生さんの信仰を集めています。

けれど、学生さんだけではありません。何歳になっても、新しいことを知るのは楽しいもの。京都「北野天満宮」は紅葉がとてもきれいです。天神様にご挨拶がてら、古都の秋を楽しむ旅はいかがでしょうか。

金閣寺の紅葉2016!ライトアップはある?見頃時期や混雑は?

スポンサーリンク

北野天満宮の紹介と紅葉

以前まで「北野神社」と呼ばれていた「北野天満宮」。現在では通称天神さん、北野さんと呼ばれ親しまれています。

天慶のころ、菅原公のたたりといわれる現象に悩んでいた都でしたが、右京七条に住む少女や近江の神官の子供に宣託があり、北野の地に菅原公をおまつりしたのがこの神社です。境内には、神の使いとされる牛の像が参拝者を出迎えてくれます。

毎年紅葉時期になると、豊臣秀吉が築いた史跡「御土居」の周辺の自然林一帯をもみじ苑として公開されます。樹齢300年を超えた樹木などもあわせ250本ほどの木々が、秋の色に染まり見事なものです。

見どころスポット

❖参道                                

赤や黄に彩られた木々に彩られた参道は周辺の穴場スポットとなっています。ゆっくり紅葉を堪能するのにおすすめの場所です。

北野天満宮の紅葉時期は?(基本情報)

【住所】京都府京都市上京区馬喰町

【アクセス】市バス停北野天満宮前からすぐ
【拝観料】無料 ※宝物殿は300円
【営業時間】5時30分~17時30分(4月-9月は5時~18時)※宝物殿:9時~16時
【電話】075-461-0005
【時期】11月中旬~12月上旬
【休日】無休 ※宝物殿は毎月25日、観梅・紅葉シーズン、1月1日、4月10日~5月30日、12月1日限定開館
【HP】http://kitanotenmangu.or.jp/
【駐車場】あり 300台 ※毎月25日は利用不可

ライトアップ情報

kitano-kouyou1出典:http://matome.naver.jp/
ライトアップは11月中旬から12月上旬に行われます。(※もみじ苑の公開は11月下旬から)夕刻からは美しくライトに照らされた紅葉を見に人々が訪れます。

野趣にとんだ自然林と、紙屋川にかかる赤い橋や水面とのコントラストがすばらしく、昼も夜も華やかな風情をかもします。大きな樹木が多くおおらかな印象です。

橋の周辺以外にも、整備されて灯りが随所に設置されますので、灯篭、建築物などとの組み合わせも楽しめるライトアップです。

基本情報
【ライトアップ期間】11月12日~12月5日
【時間】日没~20時(受付終了)
【昼夜入れ替え】なし
【入苑料】700円(茶菓子付)
【場所】京都府京都市上京区馬喰町

混雑度・攻略

日中はもみじ苑が混雑します。早朝を狙うか、夕方に訪れるのがオススメです。

北野天満宮周辺のおすすめ立ち寄りスポット

近為

京漬物の名店として知られるのが「近為(きんため)」です。明治十二年の創業から、伝統のお漬物や創作の新しいお漬物を作り続けています。

近為本店には「お茶漬け席」が設けられており、京町家の奥座敷で坪庭を眺めながら、季節ごとのお漬物と共にぶぶ漬け(お茶漬け)を楽しむことができ、軽い昼食に向いています。

スポンサーリンク

気に入ったものは買って帰れます。創作漬物「柚こぼし」が好評で、京都らしい品でお土産にも最適です。

基本情報
【住所】京都府京都市上京区千本通五辻上ル牡丹鉾町576

【アクセス】市バス停千本今出川から徒歩3分
【時間】11時~15時(L.O)
【電話】075-461-4072
【休み】無休 ※食事のみ12 月休み
【駐車場】7台
詳細はこちら

このはな(雑貨店)

和小物や和雑貨で、すてきなお土産がほしいと思ったら、北野天満宮南門そば「このはな」がお勧めです。

ハンドメイド品や、北野天満宮ゆかりの梅や牛をモチーフとしたもの、テディベアなど今風のもの、古典的な典雅なものなど、さまざまな和雑貨小物がそろえられています。

つまみ細工をピアスにアレンジなど、現代的に和を取り入れられるアイテムは、女性へのお土産に喜ばれること請け合いです。

基本情報
【住所】京都府京都市上京区北野天満宮前馬喰町898

【アクセス】市バス停北野天満宮前からすぐ
【時間】11時~17時(土・日・祝日は~18時)
【電話】075-461-5687
【休み】火曜日
【駐車場】なし
詳細はこちら

粟餅所 澤屋

散策後にお勧めのお茶屋さんが「粟餅所 澤屋」です。北野天満宮の大鳥居から今出川通をはさみ、すぐの所にある320年続く老舗です。

いつでもひきたてで提供される「粟餅」が名物で、人気を博しています。12代目の店主さんがお店を仕切っていらっしゃいます。

出来たてがもっとも美味しいので、店内で戴くのがお勧めですが、持ち帰りも出来ます。目印の白いちょうちんと、年季の入ったたたずまいも、古都での観光気分を盛り上げます。

基本情報
【住所】京都府京都市上京区北野天満宮前西入ル南側

【アクセス】市バス停北野天満宮前からすぐ
【時間】9時~17時 ※売り切れ次第閉店
【電話】075-461-4517
【休み】木曜日、毎月26日
【駐車場】なし
詳細はこちら

年月が育てた樹木の紅葉がすばらしい北野天満宮は、きちんと整備しながらも、自然さを残した風情が持ち味です。京都の寺社の紅葉は、どこも寒暖の条件に恵まれて鮮やかですが、それぞれの持ち味があります。

息抜きにもご利益をいただくにももってこいの天満宮、家族や友人同士でも、楽しめる鑑賞ポイントといえるでしょう。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加