詩仙堂の紅葉。2016年の見頃時期は?ライトアップはあるの?

詩仙堂は本来は凹凸窠といい(正式名称は丈山寺)、その一室のことを指しています。詩仙堂創設者でもあり漢詩、庭造りの名手と言われる石川丈山は江戸時代の風流人として有名で、手がけた庭から見える紅葉には文化人らしい精錬された美があります。

ここではそんな詩仙堂の紅葉の見所やおすすめスポットを紹介していきます。

スポンサーリンク

詩仙堂の紹介と紅葉!混雑具合は?


凹凸窠(おうとつか)と呼ばれる建物の一室である詩仙堂は、その意味の通りでこぼこした地形に建てた住まいを指しています。

江戸初期の文人・石川丈山が建てた山荘が元となっており、堂の名の由来である狩野深幽が描いた詩家の肖像画は「中国三十六詩仙像」と呼ばれ、丈山の書いた詩と共に「詩仙の間」に掲げられています。

日本で初めて「ししおどし」が作られたのも、この詩仙堂です。静謐な空気の中、庭に響く竹の音に、カエデやモミジの赤、オレンジ、黄色の紅葉が見事に調和し、見る人聞く人を惹きつけます。特に、書院から望む唐風庭園の白砂と、刈り込まれたサツキに色づく紅葉が映える景観は横長に連なって見えることからも圧巻の一言。

こちらも紅葉時期には混雑する人気の紅葉スポットです。庭園や庭園が見渡せる縁側は人で混み合いますので、早朝を狙うのがポイント。

詩仙堂の紅葉の見頃時期

【住所】京都府京都市左京区一乗寺門口町27

【アクセス】市バス停一乗寺下り松町から徒歩7分
【拝観料】500円
【営業時間】9時~17時
【電話】075-781-2954
【時期】11月下旬~12月上旬
【休日】5月23日
【HP】http://www.kyoto-shisendo.com/Ja.html
【駐車場】なし

詩仙堂はライトアップされる?

残念ながら詩仙堂ではライトアップが行われません。詩仙堂周辺ですと曼殊院門跡で紅葉のライトアップを見ることができます。少し歩きますが、ライトアップされた紅葉はとてもキレイです。詳細は次のページで紹介しています。

詩仙堂周辺の紅葉スポット

◇赤山禅院

kouyou-shisendou2出典:Tetsuji Sakakibara
天台宗総本山延暦寺の塔頭であり、比叡山の西麓に鎮座する赤山禅院は、方除けでも信仰が厚く、七福神巡りの発祥地ともされています。

隠れた紅葉の名所とも言われ、境内の紅葉や参道のモミジのトンネルの美しさは格別です。

また、紅葉の期間中には「もみじ祭り」が開催されることもあり、多くの参拝者で賑わいます。特筆すべきは秋に咲く寒桜です。あふれるような色彩の紅葉の中、淡いピンクの桜がひっそりと佇む様は、儚くも美しい趣を感じさせてくれます。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区修学院開根坊町18

【アクセス】市バス停修学院道から徒歩15分
【拝観料】無料
【営業時間】9時~16時30分
【電話】075-701-5181
【見頃時期】11月下旬~12月上旬
【休日】無休
【HP】http://www.sekizanzenin.com/index.html
【駐車場】なし

スポンサーリンク

◇曼殊院門跡(ライトアップあり)

kouyou-shisendou3出典:http://photo53.com/img/
洛北にある曼殊院門跡は、五箇室門跡の1つで、伝教大師最澄が建立したことが起源とされています。桂離宮を造営した親王のゆかりも深く、宮中の造形美を体現した格式も高い名刹として知られています。

参道の紅葉もさることながら、枯山水式庭園の美しさは格別で、白砂に緑、モミジやカエデの鮮やかな色彩は見応えがあります。また、夜間のライトアップ時には、紅葉がほのかに浮かび上がる様が昼と違った趣で、見る人を幽玄の世界へ誘います。

曼殊院門跡は、知る人ぞ知る穴場スポットのため、静かに紅葉を楽しみたい人にもオススメです。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町42

【アクセス】市バス停一乗寺清水町から徒歩20分
【拝観料】600円
【営業時間】9時~16時30分(受付終了)
【電話】075-781-5010
【見頃時期】11月下旬~12月上旬
【休日】無休
【HP】http://www.manshuinmonzeki.jp/
【駐車場】50台

ライトアップの基本情報

【期間】11月1日~11月25日
【時間】17時30分~20時00分
【拝観料】600円

◇圓光寺

kouyou-shisendou4出典:Norio NAKAYAMA
洛北にある圓光寺は、臨済宗南禅寺派の寺院で徳川家康が創建したものです。京の紅葉スポットにあっては珍しい「早朝特別拝観」(人数制限有)が実施されており、紅葉シーズンの混雑に辟易している方にオススメです。

圓光寺は、庭奥の竹林・苔の緑と紅葉のコントラストが見事な十牛之庭が有名ですが、他にも釣鐘窓から見える紅葉、書院から柱と敷居を額縁に見立てて望む紅葉、燃え立つような敷紅葉の絨毯など見所が満載です。

高台の展望台からは圓光寺の紅葉と京都市街を一望できるので是非、足を運んでみてください。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区一乗寺小谷町13

【アクセス】市バス停一乗寺下り松町から徒歩8分
【拝観料】500円
【営業時間】9時~17時
【電話】075-781-8025
【見頃時期】11月下旬~12月上旬
【休日】無休
【HP】http://www.enkouji.jp/
【駐車場】20台 ※11月下旬は利用不可

詩仙堂周辺のお立ち寄りスポット

一乗寺 中谷

詩仙堂近くに建つ、純和風の木造の和洋菓子店「一乗寺 中谷」。

人気は一乗寺名物のでっち羊羹、絹ごし緑茶てぃらみす等、マスコミに取り上げられたこともあり、てぃらみすや三色お豆のタルトはネットでは予約待ちの人気商品にもなっています。

京の上品な和菓子を洋風にも味わえる、その発想には脱帽です。イートインスペースもあり、カフェメニューはもとより軽食も充実しているので満足できること間違いなしです。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区一乗寺花ノ木町5

【アクセス】叡山電鉄「一乗寺駅」下車、東へ徒歩6分、
【時間】市バス停一乗寺下り松町から徒歩1分
【電話】075-781-5504
【休み】水曜日
【駐車場】あり 3台

いかがでしたでしょうか?

詩仙堂は、四季折々の美しさもさることながら、野趣あふれる佇まいの中に雅な色彩が光る紅葉の穴場的な名所と言えます。

ししおどしの音と共に、落ち着いた雰囲気で紅葉愛でたい方は是非足を運んでみてください。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加