永観堂の紅葉2016のライトアップ情報!混雑を避けるには?

東山の麓に立つ永観堂は、正しくは禅林寺といい、浄土宗西山禅林派総本山として古今集に歌われたほど歴史深い京都有数の古刹です。

国宝と、重要文化財を含む寺宝が多くあり、こと、紅葉は素晴らしく、「もみじの永観堂」と言われ、親しまれています。ここでは永観堂とその周辺のスポットを紅葉の見所を踏まえて紹介していきます。

→ 永観堂周辺の紅葉スポット
→ 清水寺周辺の紅葉スポット

スポンサーリンク

多種の紅葉が楽しめる永観堂の紅葉


古今集に歌われたほどの紅葉の名所で、ご本尊の「みかえり阿弥陀」も有名な永観堂。特に、晩秋に境内が錦のように色づく様は圧巻の一言。

3000本はあるというカエデやイロハモミジ、ヤマモミジが知られていますが、特筆すべきは岩垣紅葉です。隠居中の藤原関雄が、「奥山の岩垣紅葉散りぬべし照る日の光みるときなくて」と詠んだことにその名の由来があります。

境内の急斜面から生え、臥龍廊に迫る様は他に見ること無い永観堂独特の紅葉風景です。

kouyou-eikandou1

出典:http://photo53.com/
一番の見所は弁天島がある放生池周辺です。紅葉に囲まれた石橋や、水鏡になった池に映る景観もすばらしく、遠く見上げれば、紅葉の海に浮かぶ多宝塔を望むことができます。

永観堂で見るべきスポットは?

❖放生池

境内に大きな池があり、そのまわりを紅葉を初めとする木々が生い茂り、その木々が池に届きそうなくらいにせり出し、赤や橙、黄色に彩られた葉を鏡のように映し出します。

❖多宝塔
圧倒的に多い紅葉を、境内の高い場所から見ることが出来ます。真っ赤に染められた境内の景観を一望できます。

❖岩垣もみじ
御影堂の裏の岩垣から枝を伸ばす「岩垣もみじ」も見どころの一つ。その美しさは和歌にも歌われたほど。しっかりとした枝ぶりに垂れる黄・赤の情景はため息モノです。

永観堂の紅葉の見頃は?アクセスや拝観料(寺宝展期間)

【住所】京都府京都市左京区永観堂町48

【アクセス】市バス停南禅寺・永観堂道から徒歩約3分
【寺宝展期間】11月8日~12月4日
【拝観料】1000円
【営業時間】9時~16時(受付終了)
【電話】075-761-0007
【見頃時期】11月中旬~11月下旬
【休日】無休
【HP】http://www.eikando.or.jp/
【駐車場】寺宝展期間中は利用不可

永観堂の紅葉ライトアップ情報


昼の紅葉もさることながら、夜にライトアップされた永観堂の紅葉の錦は美しく、見る人を楽しませてくれます。

紅葉時期の夜間特別拝観のさきがけは永観堂で、要所要所を抑えた紅葉のライトアップは、いつまでも見ていて飽きません。

特に阿弥陀堂へと続く紅葉のトンネルや、放生池から見える多宝塔の紅葉は昼と違った夜独特の優美な雰囲気を醸し出しています。柔らかく、淡い光に浮かび上がる紅葉を楽しめる永観堂のライトアップは足を運ぶ価値ありです。

基本情報
【ライトアップ期間】11月8日~12月4日
【時間】17時30分~20時30分(受付終了)
【昼夜入れ替え】あり
【拝観料】600円

永観堂の混雑度・攻略方法

京都東山随一の紅葉の名所として有名な永観堂。終日多くの観光客が訪れ混雑必至。

出来るだけ混雑を避けたいなら、開門すぐの9時がおすすめ。ついてれば、空気の澄んだ早朝の紅葉を独り占めできるかも。

ライトアップは特に人気で、開始時間前から人が並び始め、1時間以上もの行列ができることも。おすすめは20時以降。

スポンサーリンク

永観堂周辺のおすすめ紅葉&観光スポット

◇金戒光明寺

kouyou-eikandou3出典:http://photo53.com/
京の人たちから「くろ谷さん」と呼ばれ、親しまれている浄土宗の大本山の1つで、法然上人が黒谷を下り、草庵を営まれた地です。

新選組発祥の地ともされ、紅葉とともに民間の人気が高い古刹です。特に、山門、本堂、三重塔に寄り添い彩る紅葉は美しく、格別です。

法然上人の人生を形にしたという紫雲の庭には、松や杉苔の緑に鮮やかな紅葉が映え、白砂がさらに色彩を際立たせています。夜間のライトアップも行われており、回遊式庭園の池に浮かび上がる紅葉景色が特にオススメです。

【住所】京都府京都市左京区黒谷町121

【アクセス】市バス停岡崎道から徒歩10分

秋の特別公開
【期間】11月1日~12月4日
【拝観料】御影堂・大方丈・庭園:600円/ 山門:800円
※御影堂~山門全てセットの拝観チケットもあります。その場合は1200円。ただしセットのチケットを購入する場合は受付が15時30分までなのでご注意下さい。
【営業時間】9時~16時
【電話】075-771-2204
【紅葉の見頃時期】11月中旬~12月上旬
【休日】法要により拝観できない日や時間帯がありますので、事前に確認して下さい。
【HP】http://www.kurodani.jp/
【駐車場】なし

金戒光明寺の紅葉ライトアップ情報

ここは2014年からライトアップを実施している比較的新しいライトアップスポットです。御影堂や大方丈、通常は非公開となっている「紫雲の庭」もライトアップされます。「秋の特別公開」の期間中はライトアップだけでなく雅楽や和太鼓など色んなイベントが開催されますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

基本情報
【ライトアップ期間】11月12日~11月27日
【時間】17時30分~20時30分(受付終了)
【昼夜入れ替え】あり
【拝観料】800円

◇真如堂(真正極楽寺)

kouyou-eikandou4出典:http://photo53.com/
真如堂は正式名称真正極楽寺といい、国宝の法華経六巻と三重塔が有名です。

紅葉の時期には、境内に大きく枝を張るカエデが三重塔を包むように色づき、その鮮やかな色合と、常緑樹の緑のコントラストが美しいことで知られています。

重要文化財の本堂は静謐な佇まいで見る人を誘い、真如堂総門の朱色は紅葉の赤と相まって鮮やさを増します。また、暮れには本堂裏の散り紅葉が晩秋を感じさせてくれます。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区浄土寺真如町82

【アクセス】市バス停真如堂前または錦林車庫前から徒歩8分
【拝観料】境内無料 ※本堂・庭園は500円
【営業時間】9時~16時 ※受付は15時45分まで
【電話】075-771-0915
【時期】11月中旬~12月上旬
【休日】不定休
【HP】http://shin-nyo-do.jp/
【駐車場】紅葉時期はなし

永観堂周辺のおすすめお立ち寄りスポット

叶匠壽庵 京都茶室棟

哲学の道沿いにある、お薄と一緒に生菓子がいただける茶室です。緑に囲まれた静謐な佇まいの中、テーブルと椅子で本格的なお点前を楽しめることもあり、観光客も多く訪れます。

わらび餅やぜんざい、抹茶パフェなどの甘味もさることながら、京ならではの趣きのある昼食もいただけます。月替りの和菓子は、毎月でも訪れたくなるほど。気軽にお手前体験をしたい方におすすめです。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区若王子2-1

【アクセス】市バス停南禅寺・永観堂道から徒歩10分
【時間】10時~16時30分
【電話】075-751-1077
【休み】水曜日他
【駐車場】あり 5台
詳細はこちら

京に数ある紅葉の名所において、永観堂は「秋はもみじの永観堂」と呼ばれるほど有名で、京の人たちに親しまれています。

色彩と文化、歴史ある建築物が美しい紅葉と共に人々に受け入れられてきた様を感じることができます。是非、紅葉の時期には「もみじの永観堂」へ!

❖その他の紅葉スポット情報!

→貴船神社の紅葉情報
→神護寺の紅葉情報
→毘沙門堂の紅葉情報
→東福寺の紅葉情報

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加