天授庵の紅葉2016のライトアップ情報!見頃時期や混雑状況

南禅寺の塔頭寺院で、14世紀に建立され、17世紀初めに細川氏によって再興したいわれがある天授庵。

重要文化財である方丈の襖絵や、風光明媚な庭園が有名で、2013年JRキャンペーンに取り上げられたこともあり、紅葉の時期には訪れる人が絶えません。

ここでは、天授庵を中心とした紅葉の見所を紹介していきます。

→ 南禅寺の紅葉情報の詳細はこちら
→ 天授庵から近い!永観堂の周辺紅葉スポット

スポンサーリンク

天授庵の紹介と紅葉について


2013年「そうだ 京都、行こう」のCMでも有名になった天授庵は、南禅寺三門のすぐ隣にあり、紅葉の名所として知られています。

有名なのは2つの庭園で、その1つは東庭の枯山水庭園です。本堂から見えるモミジの赤やオレンジ色が鮮やかで、切り石の菱型と苔の緑、白砂との色彩が優美かつモダンな印象を与えます。

もう1つが池泉廻遊式庭園で、錦鯉が泳ぐ池をとりまく紅葉と、水面に舞う紅葉がみごとに調和し、柔らかい印象を与えてくれます。枯山水と池泉廻遊式という全く違った庭園の趣を感じることができるのは天授庵ならでは。

紅葉越しの南禅寺三門を見渡せるのもポイントが高いです。訪れる際には、天授庵のモミジやカエデの紅葉は、場所によって木々の色づく時期が違うため注意が必要です。

見どころスポット

❖方丈庭園(東庭)

kouyou-tenjyuan1出典:http://photo53.com/
先程も紹介した、天授庵の中の2つの庭園の一つ、方丈前庭(東庭)の枯山水庭園。

天授庵の症状庭園は、敷石と苔の配列がモダンアートを思わせ、白砂と深紅の紅葉のコントラストが映えます。規模は小さいお寺ですが、テレビでも取り上げられたことがあり、人気の紅葉スポットです。

スポンサーリンク

天授庵の紅葉の見頃時期(基本情報)

【住所】京都府京都市左京区南禅寺福地町86-8

【アクセス】地下鉄蹴上駅から徒歩8分
【拝観料】400円
【営業時間】9時~17時※冬期は~16時30分
【電話】075-771-0744
【見頃時期】11月中旬~11月下旬
【休日】11月11日午後から12日午前中
【HP】-
【駐車場】南禅寺駐車場利用

天授庵の紅葉ライトアップ情報

南禅寺界隈の夜間ライトアップは有名で、天授庵もその1つです。天授庵の座敷からライトアップされた紅葉を見ることができ、その幻想的な美しさは陽の下とは違った趣があります。

計算されたライトアップにより、枯山水の風情ある陰影と紅葉の淡い色彩が見事調和しているので、ぜひ昼と夜二回訪れてほしいところ。

天授庵は拝観期間が短いので混雑が予想されますが、夜間は人数制限をしていることもあり、比較的ゆっくりと紅葉が楽しめる穴場スポットです。

基本情報
【ライトアップ期間】11月15日~11月30日
【時間】17時30分~21時
【昼夜入れ替え】あり
【拝観料】500円
【場所】-

天授庵の混み具合は?

混み具合によっては、入場制限がかかる場合があるので注意。規模は小さいですが、境内には多くの紅葉に魅せられます。また、夜しか入れない書院や本堂で座りながらライトアップされたお庭を鑑賞できます。場所は永観堂に近いので、一緒に周ってみてはいかがでしょうか

天授庵周辺のお立ち寄りスポット

奥丹 南禅寺

江戸時代から370年続く湯どうふの名店「奥丹 南禅寺」。

日本で最も古い湯どうふ店として有名で、メニューが「湯どうふ一通り」のみ、という潔さも良し。しっかりとした味わいの胡麻豆腐、白味噌の木の葉田楽、メインの湯どうふと、続く精進揚げはボリュームたっぷりで食べごたえ十分。

大豆の濃厚な味わいが強いので、淡白な豆腐を食べ慣れている場合は驚くこと間違いなしです。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区南禅寺福地町86-30

【アクセス】地下鉄蹴上駅から徒歩10分
【時間】11時~16時
【電話】075-771-8709
【休み】木曜日
【駐車場】なし
詳細はこちら

瓢亭

瓢亭は、南禅寺畔に建つ江戸時代より続く由緒ある料亭の1つ。京都そのものを体現したかのような風情ある建物は、腰掛け茶屋としての名残を感じさせます。瓢亭の著名度は、ミシュランガイドで三ツ星を連続で獲得しているほどです。

名物の「朝がゆ」は、おかゆの常識を覆すほどの美味で、門外不出と言われるのも納得の一品。他に瓢亭たまごをはじめとした品々もおすすめです。ただし、おかゆは季節限定なので、訪れる際には注意が必要です。

基本情報
【住所】京都府京都市左京区南禅寺草川町35

【アクセス】地下鉄蹴上駅から徒歩10分
【時間】11時~21時(L.O.19時30分)
【電話】075-771-4116
【休み】第2第4火曜日
【駐車場】あり
詳細はこちら

いかがでしたでしょうか?天授庵は場所によって紅葉の盛り時期が違うため、鮮やかな色彩の中に、紅葉し始める木々のグラデーションが重なる景色を見ることができます。

常緑樹や苔の緑、色づく前の淡い色彩があってこそ天授庵の紅葉は映えるとも言えます。紅葉初め、そして晩秋と数度足を運ぶに値する名所です。

❖その他の紅葉情報

→ 清水寺周辺の紅葉スポット
→ 毘沙門堂の紅葉情報

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加