結婚式 欠席の返事はいつまでに?欠席する場合のご祝儀と断り方

結婚式を欠席する際のお祝儀はどうすればいいのか、断った後の対応をどうすればいいか悩む人もいると思います。

今回は結婚式を欠席する場合、はがき(招待状)の返信時期欠席する場合のご祝儀について、断り方を例文をあげてご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の招待状 いつまでに返信すればいい?

出席する場合は、招待状が届いて通常2~3日がベストとされていますが、欠席する場合での返信は、早過ぎるとかえって失礼にあたります。

あまりにも早く返信してしまうと、「嫌われてるのかな」「招待しない方がよかったのかな」と不安させてしまうこともあるので、招待状を受け取ったらあらかじめ電話で新郎新婦にスケジュールを調整している旨を伝えた後に、数日おいてからはがきを返信すると相手に心配させなくてすみます。

そのまま返信する場合でも~1週間以内を目安に返信するようにしましょう。

返事は必ず届いたはがき(招待状)で

面倒くさいなどの理由で、メールや電話での返事はNGです。
いくら、親戚や友人だからといって、返事をメールや電話で済ますのはマナー違反です。

また、「返信しない=欠席する」ではないので、必ずはがき(招待状)で返事をしましょう。

結婚式 欠席の返事はいつまでに? 欠席する場合のご祝儀について、断り方は?

結婚式を欠席してもご祝儀は必要?相場とアフターケア

結婚式を欠席する場合にご祝儀を贈るか、贈るとすればご祝儀の相場はいくらか、などは
新郎新婦との付き合い程度によって違ってきます。

友人、親戚など親しい人の結婚式

仕事や、子育て、身内の不幸など、出席したかったのにやむをえず欠席しなければならない、、、という場合。

例1  ご祝儀(1万円)+  5000円の品物 + 祝電
例2 ご祝儀(1万5千円) + 祝電
例3 ご祝儀(1万円)    + 祝電
例4 品物(1万前後)  + 祝電

ご祝儀を必ず送らなければならないということはありません。
品物のみでも、心をこめて選んだ品物だと出席できなかった分の気持ちも伝わります。 

ご祝儀や品物は早めに贈り(~式当日の一週間前)、
式当日に式場宛に電報を打てば、新郎新婦も喜んでくれるでしょう。

以前自分の結婚式でご祝儀を頂いた人

例1  ご祝儀(1万円)+  5000円の品物 + 祝電

このケースの場合、いただいたご祝儀と同額を送ったほうがいいのか悩む人もいると思いますが、出席者と同じ金額だと相手に気を使わすことになりかねません。

また、お返し(内祝い)をされる場合、通常半返しですからご祝儀が高額だと、相手の負担になってしまうかもしれません。

ほとんど交流がない人、あまり親しくない人

長年音信不通だったのに、結婚式になると数合わせのために招待状を送ってくる人もいますよね。これも付き合い程度によると思いますが、今後の付き合いを考えて対応すればいいと思います。

ご祝儀を贈るなら、大体の相場の1万円を。
基本的に、品物のみが妥当ではないでしょうか。

打診の時点の欠席や、今後の付き合いを望んでいないのであればせいぜい電報を打つくらいでいいでしょう。

急遽、結婚式に参加できなくなったら

出席をするつもりでハガキを送った後、やむを得ない事情で急遽欠席しなければいけなくなった!という場合もあると思います。そんな時のご祝儀の目安を紹介しますので参考にして下さい。

式までに余裕がある場合

ご祝儀は、出席した場合の半額を目安に。

早めのキャンセルで引き出物や料理のキャンセルがきく時期であれば、当日渡す予定だった金額の半額程度を包み、結婚式当日より前に贈りましょう。

式直前~当日の場合

ご祝儀は、出席した場合と同額のご祝儀を贈りましょう。

直前になると、時期的に準備されていた引き出物や料理がキャンセルできなくなり迷惑をかけてしまうことも。直前での欠席であれば、当日渡そうと思っていた金額と同額を渡すのがマナーです。いずれも欠席が確定した場合、すぐに電話で連絡し、お詫びしましょう。

式当日には祝電を贈り、フォローしておくことをおすすめします。

できれば式までにご祝儀を渡せたらいいのですが、間に合わない場合は後日渡しても大丈夫です。やむをえず遠方であれば、現金書留などを利用してご祝儀を送りましょう。

現金書留であれば、ご祝儀袋ごと入るので便利です。
ご祝儀を贈る際には、お祝いとお詫びのメッセージも忘れないようにしましょう。

結婚式を欠席する時の断り方は?

欠席をする場合でも欠席にしるしをするだけでなく、結婚のお祝いや招待のお礼、欠席の理由を書き添えておきましょう。

どんなふうに断ればいいだろう・・とつい悩んでしまいますが、下記のような型で考えると上手く文章が書けると思います。

『祝福メッセージ』+『欠席理由』 (+メッセージ)

スポンサーリンク

注意するポイント

句読点は使わない

言葉を添える際、お祝いごとに「終止符を打たないように」と言う理由があるため、それらを連想させる句読点は使用することはタブーです。
代わりに字間を空けるか、改行をするようにしましょう。

「多忙のため」「忙しくて」はダメ

つい欠席理由に「多忙のため」「忙しくて」と書いてしまいそうですが、出席を断る理由として、これらは失礼とされていますので使用しないようにしましょう。

正直に理由を書いていい場合と書かなくていい場合がある

理由を書いても大丈夫なケース(欠席理由がゲストにとってポジティブな状況である)

  • 仕事による都合
  • 出産、妊娠、子育て

理由を書かないほうが良いケース

  • 病気やけがなどの体調不良
  • 身内の不幸、喪中などの忌み事
  • 経済状況(金銭的に苦しいなど)
  • 結婚式が重なった場合

理由を伝えると、新郎新婦に心配させ、逆に気遣いをさせてしまう場合や、金銭的に苦しいなどの理由は、伝えることで角が立ちますのであえて伝えないようにしましょう。

断り方の例文

例文

「ご結婚おめでとうございます
せっかくお招きいただいたのですが
当日はあいにく・・・・のため欠席させていただきます
長い人生を共に助け合い、楽しい家庭を築いてください」

「この度はご結婚おめでとうございます
ぜひともお祝いにかけつけたいのですが あいにく・・・・のため
残念ながら欠席させていただきます
末永い幸せを心よりお祈り申し上げます。」

「うれしいお招きありがとうございます
残念ながら・・・・のため欠席させていただきます
お二人の挙式が素敵なものになりますように」

「お招きいただきありがとうございます
大変うれしいのですが 残念ながら当日は
あいにく・・・・のため出席することができません
新生活の門出を心よりお祈りいたします」

「このたびは誠におめでとうございます
せっかくお招きいただきましたが、あいにく・・・のため
残念ながら出席できません」

理由を伝える場合

・仕事による都合
「あいにく長期出張の予定があり」
「どうしても出席しなければならない会議がありまして」

・出産、妊娠、子育て
「あいにく子どもの入学式と重なりますので」
「あいにく出産間近ですので」

理由を伝えない場合

この場合は理由に限らず、具体的に伝えることはせずにぼやかして書きましょう。

「やむをえない事情で」
「都合により」
「どうしても都合がつかず」
「あいにく先約があり」
「あいにくはずせない所用があり」

終わりに

いかがでしたか?例文をあげて断り方を紹介いたしました。
アレンジしつつ、あなたの心からのメッセージを添えれば、新郎新婦も喜んでくれるでしょう。すこしでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加