栗に含まれた栄養素の効果や効能!ダイエットの間食にいいの?

スポンサーリンク

皮膚トラブルに栗の葉

100804_1501~02タンニンは渋皮だけでなく栗の葉にも含まれています。
栗の葉を使い、すりきず、やけど、湿疹、吹き出物など
傷んだ肌の再生に一役買ってくれます。

スポンサーリンク

■栗の葉煎じ液

【作り方】

栗の葉 ・・・ひとつかみ
水・・・1リットル

栗の葉をよく洗い、天日干しします。
鍋に、乾燥させた栗の葉と水を一緒に入れ煮る水の量が半分になるまで煮て、葉を取り除き
こしたらできあがり。

使う栗の葉は、タンニンが最も多くなる真夏にたくさん集めて保管しておくといいでしょう。

●口内炎には、煎じ液で2~3日続けると痛みが和らいでくるでしょう

●あせもには、風呂あがりに、コットンに煎じ液を浸して、
患部にパッティングするだけ。数日のうちに緩和されてきます。

●靴擦れ、おしりかぶれにはガーゼに煎じ液を浸し冷湿布にし
患部にはりつけ、乾いてきたら張り替えます。

■くり湯もおすすめ

作った煎じ液を浴槽に色が変わるくらいの量(500mlくらい)いれるだけでくり湯のできあがり。

収れん作用や、消炎作用にすぐれているので肌トラブルでお悩みなら、くり湯の天然入浴剤を試してみては?

ダイエットの間食にいい? 一日の摂取量は?

kuri4甘栗は高いので、摂るならゆで栗を。
栗の大きさによってもカロリーが変わるので少し小ぶりのものがいいでしょう。個数はだいたい、一日6個くらいを目安に摂りましょう。

栗は腹持ちがいい食品なので、ダイエットの間食にオススメです。少量で必要な栄養素を摂ることができるので
子どもはもちろん、お年寄りにもおすすめできる食品です。

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加