熱中症になりやすい人は?なりやすい状況と予防対策

スポンサーリンク

熱中症の予防と対策

■水分をこまめに補給

necchuusyou3

まずはしっかりと水分補給しましょう。
ポイントは喉が乾く前に!です。

のどが渇いたな・・・と思った時には
すでにかなりの水分が失われている場合があります。
また、高齢者はのどの渇きに気づきにくい傾向がありますので
注意しましょう。

スポンサーリンク

のどが渇く前に、~200mlの水分をこまめに摂りましょう。
ここで注意したいのは、ただ、水分を取ればいいというものではありません。

塩分を気にせず水分のみを補給すると、体の中の塩分濃度が薄まり
水分の排泄を助長させてしまいますので

少しの塩分や糖分の入ったスポーツドリンクや麦茶で
水分を補いましょう。

補給によっての糖分が気になるという人は
ミネラル入りの麦茶がおすすめです。

お酒などのアルコールには脱水作用があり
飲んだ量と同じ量の水分が失われていきます。

飲み会などの席では、ビールやお酒のアルコール
ばかりを飲むのではなく合間に水や麦茶を飲んで予防しましょう。


■暑さ予防

necchuusyou4

外出時には、日傘、ぼうしを着用し暑さから身を守りましょう。
また、長時間外にいる時は、日陰を利用しこまめに休憩しましょう。

熱中症は屋外だけで起こるものではありません。
室内では扇風機やエアコンを利用し適度な温度調節をしましょう。
遮光カーテンや、すだれの利用もおすすめです。

熱がこもるのを防ぐため、服は通気性の良いものにし
保冷剤や冷たいタオルでほてった体を冷やしましょう。


■バランスの良い食事を心がける

necchuusyou5

暑い時期になると、食欲が落ちる人もいるでしょうが
食事を抜くのは避け、少量でもいいのできちんと摂るようにしましょう。

食事をバランスよく摂り、体に必要な栄養素をしっかりと
摂ることで熱中症の予防につながるのです。
前もって熱中症の予防対策することで暑い夏を乗り切っていきましょう。

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加