浴衣(男性)の着付け!簡単な帯結びや兵児帯の結び方を動画で紹介

男性の浴衣姿は粋なだけでなく、硬派なイメージがあります。ただし、だらけた着方や帯の結び方などが適当だとすべてが台無しです。

“後ろ姿がその人を表す”との名言にもある通り、姿勢よく、凛々しい立ち居姿をすることが必須です。

前準備は、浴衣、肌着(ステテコやランニングなど)、腰紐、帯、下駄です。全身鏡があれば尚良いです。

ここでは男性の浴衣の着付け、帯の結び方を紹介していきます。

スポンサーリンク

男性浴衣の着付け方!前合わせは右・左どっち?

一般的な男性浴衣の着付けのやり方です。

女性の浴衣と違っておはしょりが無い分、丈に気をつけて購入しましょう。

シワや前の身ごろが崩れているとだらしない印象になるので、きちんとシワを伸ばし、袂を合わせるように。

着付けは決して難しくはない分、着崩れしやすいので注意が必要です。

帯の結び方(角帯)

◇浪人結び

簡単に結べて、見目もいいので浴衣初心者の方にもオススメです。

身ごろにぴったりとした仕上がりになるため、椅子に座っても気にならず、着崩れもしにくいという利点もあります。

なんにせよ、浴衣を初めて挑戦する方が着付けしやすい帯結びと言えます。

◇神田結び(職人結び)

職人さんがよく使用する帯結のやり方です。

しっかりと結びきっているのでほどけにくく、動き回るにも着崩れる不安が少ない帯結びです。

結び目の帯の両端が細いことが特徴で、職人気質なイメージで着こなすことができます。

◇貝の口(男結び)

男女兼用の帯結びである貝の口です。

昔ながらの結び方で、背中の中心をあえて外すところがポイントです。結び目を回しすぎないように、少しだけ右側にずらすのが良しとされています。

しっかり結んでも、他の帯結に比べ着崩れやすくはあるので、その点は注意しましょう。

スポンサーリンク

◇片わな結び

ちょっと個性的な帯の結び方ですが、リボン結びの変形のような形になります。

男性の浴衣では、かっちりとした帯結びが多い中で、崩した輪っかが愛嬌のある雰囲気になっています。遊び心がある帯結に興味がある方におすすめです。

◇虚無僧結び

yukata-musubi3

その名の通り、虚無僧が結んでいたとされている結び方です。

二本の帯が縦に並ぶ、個性的な帯結びです。バランスよく縦に並ぶ帯を作らなければならないので、少々着付けには手間取りそうです。が、あまり見ない帯結びなので遊び心を出したい方にはおすすめです。

帯の結び方はこちら

帯の結び方(兵児帯)

◇蝶結び アレンジ

兵児帯を使った簡単な帯結のやり方です。

しっかりとした角帯とは違い、柔らかい素材でざっくりとした兵児帯は、着付けも簡単、帯結びも楽で男性が着こなす浴衣では一番手軽と言えます。

回して結んで蝶結びをしたら、後ろに回して微調整するだけでOK。とにかくラフに浴衣を着たい!という方におすすめです。

いかがでしたでしょうか?あまり男性が好んで着る機会のない浴衣ですが、粋でいなせな雰囲気で着こなすことができれば人目を引くこと間違いなしです。

女性の浴衣姿が見返り美人ならば、男性は背中で語るクールさが求められます。そのためには浴衣の着こなし同様、帯結びは重要です。

是非、この夏浴衣デビューを決めてみては?

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加