浴衣の古典柄の意味とおすすめの浴衣(レトロや白地など)をご紹介!

yukata-koten1古典柄は、日本独特の伝統や厄除けなどの歴史的価値観から大きく発展してきた文様です。

お宮参り、七五三、成人式、結婚式・・・日本人は様々な通過儀礼の中で古典柄の衣装を身につけ、人生の区切りとしてきました。

古典柄はその文様によって様々な意味があり、日本人はそれらの意匠にあやかるために着物をはじめ器物や身の回りのものに使用してきました。

ここでは歴史ある古典柄の意味や背景、及び浴衣を紹介していきます。

スポンサーリンク

古典柄の意味とおすすめの浴衣

麻の葉の意味

yukata-koten2麻は成長が早く、丈夫なのでめでたい植物と言われています。

麻の葉文様は男女ともに使用され、一般的には連続させて麻の葉繋ぎとして用いられることが多い文様です。古くは平安時代の仏像の衣にも用いられるほど歴史があり、シンプルでありながら上品さが際立つ文様の一つです。

産着にも使用され、女児には赤が良いとされています。

麻の葉柄のおすすめ浴衣


臙脂色に麻の葉繋ぎ文様が映える高級仕立て上りの浴衣です。濃い紅色が鮮やかで、目を引く意匠になっています。

二色のシンプルな生地でありながら、浴衣を覆う麻の葉繋ぎ文様が印象的な浴衣です。

牡丹の意味

yukata-koten3牡丹の花言葉は「富貴」「壮麗」と言った気品あふれるものです。

葉の上に座っているかのように咲く牡丹は、女性の美しさを形容する「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」でもおなじみです。

大輪で咲くことから、原産地の中国では花王とも呼ばれる重厚な荘厳なイメージです。

牡丹柄浴衣のおすすめ

変わり織りの鹿の子柄に淡いボタンの花が優しい印象の浴衣です。落ち着いた生地色なのでこなれ感のある着姿に。セットではないですが、帯やバックが一緒に紹介されているのでコーデに悩むこともありません。

菊の意味

yukata-koten4菊は皇室の正式紋として受け継がれており、「十六花弁菊紋」は日本の紋章として使用されています。花言葉も「高貴」「清浄」など、清らかで上品なイメージです。

菊の花は高潔なイメージだけでなく、長寿の意味合いもあるので、大人の落ち着いた雰囲気に相応しい意匠であると言えます。

菊柄浴衣のおすすめ

深い紺地に、薄いブルーの菊文様が印象的な浴衣です。菊に絡む唐草文様が、単調になりがちな菊花に動きを付け、華やかに見せています。

帯は白ですっきりとまとめられています。菊花を上品に仕上げた3点セットの浴衣です。

朝顔の意味

yukata-koten5朝顔の花言葉には「固い絆」「愛情」などがあります。また、朝に咲き、昼にしぼむ様から、名の由来が「朝の美人の顔」の意味であるともされています。

支柱にしっかり絡む蔓からも、花の儚さに対し、絆の強さを感じられる花です。

朝顔柄浴衣のおすすめ

通気性と肌触りの良い麻綿の交織生地の浴衣になります。渋めの青紫地に淡い朝顔と小花が落ち着いた印象を与えてくれます。明るさをおさえたピンクの柔らかい帯をつけることで、大人ガーリーな雰囲気になります。

撫子の意味

yukata-koten6可憐な日本女性を「大和撫子」と言うように、清楚で慎ましやかなイメージの花です。古くは万葉集、枕草子にも登場し、貴族にも愛された花です。

また、「大胆」「勇敢」といった力強い花言葉もあり、静と動を巧みに使う日本女子サッカー、なでしこジャパンでも使用されています。

撫子(なでしこ)柄浴衣のおすすめ

落ち着いた市松柄に咲き乱れる撫子が印象的な一品です。レトロ感と可愛らしさを併せ持つ個性的な浴衣で、セットとして付いてくる柔らかい帯が浴衣のデザインにとてもマッチしています。下駄も付いて3点セットなので、お買い得なといえる商品です。

蝶の意味

yukata-koten7蝶は胡蝶とも言われ、蝶文は発音からも「長命」として喜ばれ、古来から使用される文様です。

華やかで女性的なイメージとはうらはらに、かつては桓武平氏の旗印として、また公家装束の意匠にも使用された歴史ある文様でもあります。

蝶柄浴衣のおすすめ

レトロモダンな雰囲気漂う浴衣です。白地に色とりどりの花が舞い、蝶が飛び交う様は上質な仕立ての着物のようです。

ベビーピンクの兵児帯で優しい印象に仕上がっています。浴衣、帯、下駄のお得な3点セットです。

スポンサーリンク

亀甲の意味

yukata-koten8亀甲紋は出雲大社の神紋としても知られています。亀は長寿を表し、その幾何学的な正六角形の文様は奈良時代より衣装に取り入れられるほど由緒深いものです。

亀甲文は家紋でも数多く見られ、意匠同様バリエーションも数多く見られます。

亀甲柄浴衣のおすすめ

目の醒める群青色に亀甲柄の浴衣です。古典柄の亀甲にポップな柄が描かれた遊び心のある一着になっています。一風変わったレトロ感のある装いで周りに差をつけてみては?単品ですので手持ちの帯や下駄がなければコーデを参考にして一緒に揃えておきましょう。

扇の意味

yukata-koten9飛鳥時代に中国から伝わった扇は、特に平安時代に日本独特の形として定着したものです。

当時は和歌や花などの贈答に使用されていたとされ、文学作品では源氏物語をはじめ平家物語など有名な文学作品にも登場する程です。

末広がりの形からもめでたいとされ、文様としても幅広く使用されています。

扇柄浴衣のおすすめ

漆黒に檜扇と草花柄が映える美しい浴衣です。ぼんやり入る柄の差し色が艷やかな印象を与えます。帯は白や、差し色に合わせた色を選ぶと失敗がないでしょう。下駄は色が濃いものを選ぶと落ち着いた着姿にまとめることができます。足元に軽さを添え合いなら明るめのものを。

トンボの意味

yukata-koten10古代、日本は秋津島(あきつしま)と呼ばれ、秋津は「トンボ」のことを指し、平安時代には陽炎のことを「蜻蛉」とも読んでいました。

時代が下って戦国時代には前にしか進まない性質から、強い虫ということで縁起が良いとされ、武士に好まれ、武具や着物の意匠として使用されてきた歴史があります。

トンボ柄浴衣のおすすめ

薄茶の縞模様のような生地にトンボと花柄が愛らしい浴衣です。濃淡のある柄と生地が優しい風合いの着姿を可能にしてくれます。こちらは単品になります。薄い色味の帯もいいですが、周りが柔らかい印象なので濃い色味だと映えます。

オフホワイトにトンボが大胆にデザインされた浴衣です。無駄に色を使わずシンプルにまとめられているので大人の女性にぴったりです。濃い目の帯をすることで、着姿が引き締まりぐっと落ち着いた印象に。引き締め感をやや抑えたものにしたいなら淡い帯を持ってくるといいでしょう。

梅の意味

yukata-koten11奈良時代以前、花といえば梅を指し、「万葉集」に多く詠まれていることからも人々が魅了されていたことがわかります。平安時代には貴族の紋章として梅花が使われ、着物、器物、絵画などの題材として使用されてきました。

花言葉は「高潔」「気品」「厳しい美しさ」で、寒さに耐えて咲く凛とした梅花にふさわしいといえます。

おすすめの梅柄浴衣

高級変わり織り浴衣 白地に色とりどりモダン梅白地に、赤とモノトーンの梅文様が艶やかな浴衣です。薄いグレーの梅シルエットが浴衣全体に散りばめられ、濃いグレーや赤のグラデーション梅が華やかさをプラスしています。

帯は濃紫の兵児帯で引き締めらています。帯と下駄もプレゼントなので、おすすめです。

いかがでしたでしょうか?

かつては儀礼的に使用されていた古典柄や文様も、浴衣に使われることで気軽に身につけることができる様になりました。

落ち着いた雰囲気のものから華やかなものまで様々ある古典柄の浴衣ですが、意匠に含まれる歴史や意味を考えながら身にまとうのも一興ですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加