名古屋みなと祭り花火大会2016!屋台や穴場、クルーズ情報について

h-nagoyaminato1

毎年7月中旬に行われる海の日名古屋みなと祭りですが、それを締めくくるイベント「海の日名古屋みなと祭花火大会」。

もちろん今年もお祭りの最終日に花火大会が開催されます。また今年は第70回という節目の年。例年以上の盛り上がりが期待できそうですよ!

今回は海の日名古屋みなと祭花火大会の注目すべき見どころや、気になる屋台情報、花火のおすすめ穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

名古屋みなと祭り花火大会の見どころ

港の夜景とコラボした素敵な花火を見ることができる名古屋市内随一の花火大会。オープニングのスターマインを皮切りに注目のプログラムが目白押し!そんな名古屋の人気花火大会の見どころをご紹介します。

一般参加者の想いをのせて

やはりこの大会の注目プログラムの一つ「メモリアル花火」は外せません。協賛者として一般の方が参加でき、打ち上げとともにメッセージが紹介されます。

家族に、恋人に、仕事でお世話になっている人に、と皆さんの日頃の感謝や祈りを紹介されると会場は温かな雰囲気に包まれます。もし、日頃の気持ちを伝えたい人がいるなら、この場を借りて伝えてみてはいかがですか^^

音楽とマッチング

最後をしめくくるのが音楽と合わせて打ち上がる「メロディー花火」です。曲に上手くシンクロさせて打ち上がる様は、まるで夜空のステージで花火がダンスを踊っているかのよう。エンディングに向けての盛り上がりは最高潮に。締めに相応しい花火です!

打ち上げ時間は1時間弱ですが、見どころが満載であっという間です!

2016年の開催日と時間。屋台はあるの?

毎年海の日に開催される花火大会。今年も7月18日(月)に開催されることが決定されました。毎年のことですが祝日に行われるので混雑状況が気になるところですね。

雨天の場合は決行されますが、荒天の場合は中止になります。打ち上げ時間は19時30分~20時20分。

【問合せ先】海の日名古屋みなと祭協賛会事務局(052-654-7894)
【HP】http://www.nagoya-port-festival.com/

屋台はある?場所は?

築地口駅から名古屋港駅の道路に多数の出店あり。ただし、お祭りイベントのパレードのルートでもあるため賑わっています。

16時以降になるとさらに混雑してくるのでそれ以前に買い出しを済ませておいたほうが吉。

花火大会の場所とアクセス方法

【会場】名古屋港ポートビル前岸壁の沖合

アクセス方法

・地下鉄名港線名古屋港駅から徒歩すぐ
・築地口駅から徒歩約10分
・あおなみ線 稲永駅から徒歩約30分

どの駅を利用する?

名古屋港駅は会場から最も近いので非常に混雑します。駅から会場までに屋台が並んでいますので、早めに来て屋台めぐりをしながらゆっくりきてもいいですね♪

出来るだけ混雑を避けたいなら、少し距離がありますが、稲永駅の利用がおすすめします。

スポンサーリンク

公共交通機関の利用がおすすめ

特に大会用の駐車場は完備されていません。15時から22時にかけて交通規制が実施され車での通行範囲が制限されますので、できれば電車やバスを利用したほうが無難です。

もし車で来る場合は、会場から2駅くらい離れたところに駐車して会場までは徒歩で行くと、少し距離はありますが混雑を避けられ比較的早く帰れます。

交通規制についての詳細はこちら

名古屋みなと祭り花火の穴場スポットは?

名古屋港水族館南側緑地『しおかぜ広場』


場所的に全ての花火が観賞できます。駅から少し離れているので、比較的すいている場所。

海側の柵に寄りかかって観るのもよし、広場の斜面に座ったり、寝転がって観るもよし。

当日は水族館が21:00まで営業していて、トイレも南館出口付近にあるので、お子さんや女性も安心ですね。

東山ガーデン ポートビル店


名古屋港ポートビル店の屋上にある東山ガーデンで行われているビアガーデンで食事を楽しみながら花火も楽しみましょう♪

花火大会当日は、飲み放題付きのバイキングが用意されるとか。要予約なので早めにチェックしてください!

つどいの広場


打ち上げ場所に近く、花火を遮る建物がない穴場です。トイレも設置されているので安心ですね。

地下鉄の築地口駅から名古屋港駅の間が歩行者天国になり、そこに600もの屋台が出るので、食べ物や飲み物を買い込んできてから花火を楽しむといいかもしれませんね。

ただし、当日はこの場所で総踊りが繰り広げられるので、少し混雑するかもしれません。

ガーデンふ頭臨港緑園前の岸壁


ガーデンふ頭3号岸壁で場所が取れるスポット。コチラで取ることができなければ、普段は立ち入り禁止区域である2号岸壁が、当日の17:00から開放されるので、そちらに移動しましょう。

花火を間近で楽しむことができますが、やはりその分、ちょっと人出も多いということは覚悟してください☆

名古屋みなと祭り花火大会のクルーズ情報

穴場をいくつかご紹介しましたが、なんといっても一番の穴場といえば船上からの花火鑑賞でしょう!

(株)トラベルコンシェルジュのなごやんツアーで、花火大会観覧クルーズツアーが開催されます。こちらは3歳以上は子どもも大人も同額(8,000円)と、ちょ~~~っとリッチな観覧方法ですが、定員制なので混雑を気にすることなく、また、他の人とは違った角度から観ることができるのは間違いなしです!

クルーズツアー詳細、お申し込み先はこちら

「暑さ」を「熱さ」にかえて

祭りのフィナーレを飾る花火はもちろんですが、演芸大会や、ジャズコンサートやマーチングバンド、子どもみこしなど、他にも色んなイベント満載の賑やかなお祭りです。

花火だけでなくたくさんのイベントに参加し、暑い夏、暑さを熱さに変えて楽しみましょう!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加