常総きぬ川花火大会2016!駐車場は?おすすめの穴場をチェック!

h-kinugawa1

およそ1万発の花火が打ち上げられ、有名花火店の作品も打ち上げられる常総きぬ川花火大会ですが、例年の参加者人数はおおよそ10万人と、打ち上げ数に対して少な目な所がポイントです。

ぜひ今年は河畔で涼やかな風を感じながら花火を楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

常総きぬ川花火大会の特徴や見どころ

この大会の特徴ともいえる、”日本の伝統花火”が楽しめる「日本の花火BSSTセレクション」や、日本煙火芸術協会会員による創作花火競技会「ファイヤーアートコンテスト」は必見でしょう。

その他にも有名花火店によるスーパースターマインの競演は、絶対に見逃せません。

グランドフィナーレでは、ミュージックスターマインという、音と花火のコラボが楽しめます。一瞬も見逃せない、そんな花火大会がこの常総きぬ川花火大会の特徴でもあります。

2016年の日程!時間は?

【イベント名】常総きぬ川花火
【開催日】8月11日(木・祝)※荒天の場合は翌日に延期
【時間】18時30分~20時25分
【出店】あり 約200店

【問合せ先】常総きぬ川花火大会実行委員会(0297-22-2121)
【HP】http://www.joso.or.jp/index.php

常総きぬ川花火大会へのアクセス方法

【会場】鬼怒川河畔、橋本運動公園

【アクセス方法】
関東鉄道水海道駅から徒歩15分
常磐道谷和原ICから車で10分

【交通規制】場所により異なりますが、16時〜21時まで会場周辺で交通規制あり。
詳細はこちら

スポンサーリンク

駐車場はある?

会場周辺は交通規制が実施され、混雑するので、出来れば公共機関の利用がおすすめですが
車で来る人は、大会用に設けられる駐車場の利用がおすすめ。
大会当日は会場周辺に2200台分の駐車場(一部有料)が用意されます。
料金:1000円(1台)

常総きぬ川花火大会の穴場 3選

◇花火大会会場の対岸(鬼怒川)


打ち上げ場所の対岸については一部が富岡運動場となっていますが、その他の河岸は特に有料指定エリアになっていないため、オススメのポイントとなります。

ただし、こちらについては花火を真正面から観られるエリアになるため、混雑する事も予想されます。

◇豊水橋より下流の土手(会場対岸側)


会場からは若干離れてしまいますが、花火を全体的に観る事が出来るオススメポイントです。

このスポットについては、周囲で交通規制が敷かれていない為、車の方も行きやすい点でオススメですよ。ここは毎年人が少な目なポイントとして紹介されています。

◇橋本町水門脇


打ち上げ会場から、協賛者観覧エリアである「富岡運動場」の方向へ向かう豊水橋を渡らず、手前にある橋のたもと近くにある水門脇が穴場スポットです!!

こちらでは、富岡運動場よりもより身近に花火を体感する事が出来ますよ♪ 横から観る為、ナイアガラなどは若干観づらい点にご注意ください。

日本の伝統的な花火だけではなく、音楽やレーザーでの演出も繰り広げるなど、正に古き良さと新しき良さを体験できる花火大会となっています。

毎年”全国の花火大会100選”にも選ばれ、その実力は折り紙つき! ぜひ一度は訪れてみたい花火大会ですね♪

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加