なにわ淀川花火2016。穴場はある?チケット情報と日程について

h-yodogawa3

気風がいいのは、江戸っ子の専売特許ではありません。西の大都市、大阪にも、心意気がステキなイベントが沢山ありますね。住む人の息吹を感じるものが好きだ、そんなあなたに。まさに手作り、ですがすごく豪華な、地元密着型花火大会「なにわ淀川花火大会」をご紹介します。

この花火大会は地元ボランティアさんの力の結集で作られています。賑わいと人情、都会の洗練を兼ね備えた、水都大阪の川面になにわの心意気照り映える、府内ランキングトップの大会です。

>淀川花火in2016!ホテル&レストランから見える花火を楽しもう!

スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会の見どころ

全体で約2万発の花火が打ちあがります。河川の形をうまく利用した、扇状のレイアウトを取り、オープニングからフィナーレまで一連の流れに沿って進行するプログラムは、一瞬も見逃せないです。

フィナーレかと思わせるショータイムから、さらに盛り上がる圧巻のフィナーレは必見。スターマイン、かむろ菊、空中ナイアガラ、回を重ねるたびに豪華になり、今では大阪トップクラスです。

毎年目玉が違いますが、過去には「100連発スターマイン」がすごかったです。

100分の1秒で何個も打ち上げる「花火の追いかけあい」8号玉10発を一斉に打ち上げる「音楽シンクロ花火」、星や可愛らしい動物や果物、キャラクターを象った「キャラ花火」もあります。新作のチャレンジングなものも多くあります。

2016年の日程。開催日と時間は?

【イベント名】なにわ淀川花火大会
【開催日】8月6日(土)※雨天決行。荒天の場合翌日に順延。
【時間】19時50分~20時40分

【出店】あり
十三会場西側の河川敷に約500店の屋台が並びます。

【問合せ先】なにわ淀川花火大会事務所(06-6307-5522)
【HP】http://www.yodohanabi.com/

開催場所へのアクセス方法

【会場】新御堂筋淀川鉄橋から下流、国道2号線までの淀川河川敷

【アクセス方法】
〈十三会場へ〉 JR神戸線塚本駅・阪急十三駅から徒歩約15分、地下鉄西中島南方駅・阪急南方駅から徒歩約20分
〈梅田会場へ〉JR大阪駅・JR東西線海老江駅・阪神本線野田駅から徒歩約20分~25分

【駐車場】なし
駐車場はありませんので、来場するには公共機関の利用がおすすめ。

【交通規制】18時~23時頃にかけて大掛かりな交通規制あり。
会場周辺は駐車禁止になり、新十三大橋は歩行者通行止めになるので注意。

詳細はこちら

淀川花火定番スポットの場所取りと最寄り駅

【十三側】

十三側河川敷 無料観覧エリア

大迫力の花火が楽しめて、屋台もあるので、無料観覧出来る場所の中で、一番人気のある場所。

場所取りは17時頃までに確保しておきたいところですが、最寄り駅の十三駅が15時頃から混雑するので、早めに来るか、遅くなる場合は、別の駅を利用するしたほうが無難。

最寄り駅:十三駅

スポンサーリンク

十三川河川敷 無料観覧エリア(西中島南方エリア)

打ち上げ場所から距離が有るため、迫力は欠けますが屋台も多く、混み始める時間もそれほど早くないので急いで場所取り出来ない人におすすめ。最寄り駅の西中島南方駅も近く、他の駅に比べると混雑がマシな方。

最寄り駅:地下鉄西中島南方駅・阪急南方駅

■十三河川敷 有料観覧エリア

パノラマスタンド、アリーナシートなど有料がずらりと並ぶエリア。塚本駅も混雑しますが、十三駅よりはいくらかマシです。

最寄り駅:十三駅・塚本駅

十三側河川敷 無料観覧エリア(塚本エリア)

JR神戸線から西側にある無料で観覧出来るエリアです。すぐそばに、JR線と阪神高速線が横切っており仕掛け花火は見えづらいですが、高く打ち上がる花火は綺麗に見ることが出来ます。

打ち上げ場所からそれほど離れておらず、混雑し始めるのも遅いのでそこまで急がなくても場所取りが可能。

このエリアで見るなら、混雑する塚本駅より比較的空いている姫島駅からのアクセスがおすすめ。

最寄り駅:塚本駅・姫島駅

【梅田側】

梅田側河川敷 無料観覧エリア(十三バイパス東側)

梅田会場に比べると人は少なく、場所取りも17時頃でも空いているのでゆっったりと観覧したい人におすすめ。

最寄り駅:梅田駅・大阪駅・野田駅

梅田側河川敷 無料観覧エリア(JR神戸線~十三バイパス間)

梅田駅・大阪駅など好アクセスの位置にあり、花火もバッチリ見えるので、梅田側 無料観覧エリアで一番人気のスポット。この場所は協賛席の後ろや十三側の対岸に位置するので、見え方も申し分ありません。梅田側はこの場所から埋まっていくので、早めに来て場所取りしておきましょう!

梅田駅・大阪駅は混雑するので、野田駅や海老名駅で混雑を上手く避けるといいです。

※中津駅や福島駅はホームが狭いので出来れば避けたほうが○。

最寄り駅:梅田駅・大阪駅・福島駅

梅田側河川敷 無料観覧エリア(淀川大橋~JR神戸線)

淀川河川公園寄りは打ち上げ場所に近く、人気があります。また公園なのでトイレがあるのも安心できる点です。海老江グランド周辺は比較的空いていますのでゆったり見たい方はこちら。野田駅や、空いている海老江駅から近いので便利です。場所も明るすぎず、花火が暗がりに映えてとても綺麗です。

最寄り駅:野田駅・海老江駅

なにわ淀川花火大会の穴場スポット

人気の定番スポットもいいけど、出来るだけ人混みを避けたい方にはこちら!おすすめの穴場スポットをご紹介します。

◇日本ペイント付近

地元民イチオシの穴場スポットで、打ち上げ位置のまん前なのに、無料で楽しめます。176号線と阪急高速11号池田線の間のゾーンです。ここは本当に大迫力です。海老江側で、目印は「日本ペイント」そこから河川敷のほうです。大淀北あたり、大淀小も目標になりますので、そこから川のほうへ向かってください。

◇中津公園、本庄公園付近の河川敷

中津駅から河川敷へ向かうあたりです。ここは屋台もありますから、メイン周辺以外でも、お祭り風物を味わうことが出来ます。423号と阪急京都線の間ですね。小さい子連れですともう少し離れますけど、本庄公園の方に行きましょう。こちらの目印は教恩寺と言うお寺で、東海道本線の横です。

淀川花火のチケット(協賛観覧席)情報

淀川花火大会では大会当日、右岸、左岸それぞれに有料の協賛観覧スペースが設けられます。

人数やパターンに応じて色んな席が用意されていますので、混雑避けて余裕をもって鑑賞したい方は有料席からの花火鑑賞をおすすめします。

場所によってはお弁当やお茶がついてきます。トイレや売店なども完備しており便利です。当日券がありますが、人気の席は売り切れてしまいますので、事前にチェックしおきましょう。

指定席のものもありますが、自由席が多いので、開始近くなるといい場所から埋まっていきます。いい場所を確保するなら、有料席でも、少し早めに行って屋台めぐりで時間をつぶすのがいいかもしれません。

チケット販売は、6月1日~。ローソン・セブン各コンビニ、チケットぴあ等で販売されます。
詳細はこちら

例年ですと梅田スカイビル空中庭園展望台では当日は営業を延長するんですよね。有料ですが目の高さに花火が上がります。特別プランを用意する飲食店やビルもあるようです。張り込んでもよし、無料で穴場からでもよしの花火です。

>ホテルやレストランからの花火もおすすめ

当日は昼から梅田あたりでも、ちらほらと浴衣姿の方をお見かけします。昼間から梅田近辺、船場、日本橋などを見てからでも楽しいと思います。お好みに合わせて納涼をお楽しみくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加