江戸川区花火大会2016の場所は?穴場と有料席について

h-edogawaku2

もう、夏はすぐソコ!今年も花火大会の季節がやってきましたよ!ビール片手に「暑いね〜」と言いながら、バーンという音と夜空を彩る花火を楽しめるのはこの時期だけです。

ゆったりのんびり見れる穴場スポットさえ調べておけば、人混みが苦手でも大丈夫。今回は江戸川区花火大会の特徴や見どころ、穴場スポットを紹介します。

>市川市民納涼花火2016。穴場と有料席情報!時間や駐車場は?

スポンサーリンク

江戸川区花火大会の見どころ

今年で40回目を迎える江戸川区花火大会は、毎年90万人もの人が訪れます。2015年は8月1日(土)の開催が発表されていて、テーマは「感謝感激☆江戸川夢花火」です。

オープニングに特徴があり、5秒で1000発の花火が打ち上げられ、観客の目をひきます。

合計14,000発の花火が打ち上げられるのですが、8つのテーマに合わせてBGMが変わったりと様々な演出が仕掛けられているので、何度見ても飽きない花火大会になっています。

市川市民納涼花火大会が同時に開催されることもあり、人気の高い花火大会です。

2016年の日程

【イベント名】江戸川区花火大会
【開催日】8月6日(土)※予定 ※荒天の場合は翌日に順延。再延期なし。
【時間】19時15分~20時30分

【出店】あり (江戸川区側でもありますが、市川側の方が出店が多いので出店目当てなら市川側へ。)
【交通規制】会場周辺で交通規制あり(17時~22時)車や自転車の入場はできません。
交通規制の範囲はこちらで確認できます。

【駐車場】なし

【問合せ先】江戸川区花火大会実行委員会事務局(03-5662-0523)
【HP】http://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/

江戸川区花火大会のアクセス方法

【会場】江戸川河川敷(東京/江戸川区 都立篠崎公園)

【アクセス方法】
都営新宿線篠崎駅から徒歩約15分
JR総武線小岩駅、京成線江戸川駅から徒歩約25分

江戸川区花火大会の穴場は?

◇篠崎公園(江戸川側)

少しだけ距離は離れますが、正面からキレイに花火が見られます。

人はそれなりにいますが、広い公園なのでレジャーシートを持っていけば寝転んで鑑賞することができるくらいの余裕があります。また、トイレの心配をしなくていいので安心です。

スポンサーリンク

◇江戸川河川敷(行徳会場)

行徳橋をわたってすぐの場所にある、無料で鑑賞できる会場です。会場からやや距離はありますが、花火が綺麗に見えます。

◇総武線陸橋下(江戸川側)

陸橋の下なので電車の音が心配になるかもしれませんが、花火の音がかき消してくれるので気になりません。そして何より、川面に映る花火がとても美しく風情があります。

人も少なめなので、ゆったり鑑賞するのにピッタリな場所です。最寄りはJR総武線の小岩駅になります。

◇江戸川河川敷の土手(篠崎ポニーランド寄り)

江戸川区側の河川敷は花火が正面に上がりキレイに見られるので、人が集中する場所ではありますが、なかでも篠崎ポニーランド付近は比較的空いているスポットになります。

大迫力な花火を正面から見たい方にはこちらがオススメです。

◇大洲防災公園(市川側)

打ち上げ会場からすこし場所が離れているため、会場近くの鑑賞エリアよりは混雑しません。ゆったりと見たい人におすすめ。

江戸川区花火大会の有料席はある?

江戸川区側では有料席はありません。有料席を利用したい人は、市川側の花火(市川納涼花火大会)の方で有料席の販売が実施されますので、そちらに申し込む必要があります。

→市川納涼花火の有料席についてはこちら

市川納涼花火・江戸川区花火の2大会の花火を同時に見れるとあって有料席も毎年大人気です。2会場合わせて140万近い人が会場周辺に集まるのでとにかく混雑します。そのせいで場所取りも困難を極めます。

場所取りの苦労や混雑のことを考えると、有料でも人混みを気にせず、花火が確実に見れる有料席からの鑑賞がおすすめです。

いかがでしたか?土手から花火を見るのは憧れますが、人混みが苦手な方にはちょっと辛いですよね。

寝転がって花火を見るなんて贅沢、なかなかできることではないと思います。ぜひ事前に調べてお気に入りの穴場スポットで素敵な時間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加