市川市民納涼花火大会2016。穴場と有料席情報!時間や駐車場は?

h-ichikawa2

夏といえば、花火!手持ち花火でしっぽり楽しむのも、打ち上げ花火の大迫力を間近で感じるのも、どちらも夏にしかできない一大イベント。

今年はどの花火大会に行こうかな〜と迷っている方も多いと思います。今回は、市川市民納涼花火大会にスポットをあててみました。

>江戸川区花火大会2016の場所は?穴場と有料席について

スポンサーリンク

市川市民納涼花火の見どころは?

市川市民納涼花火大会は、江戸川区花火大会と共同開催している花火大会です。県境の江戸川で打ち上げられる花火を、市川市と江戸川市の両方の会場から鑑賞することができます。

来場者数は、両方を合わせて140万人と沢山の人が訪れる大きな花火大会で、オープニングの、5秒間で1000発の花火が打ち上げられる花火に一気に心を奪われます。

その後も、8つのテーマに合わせて様々な種類の花火が打ち上げられ、派手さが際立つ花火大会になっています。

派手さだけでなく、きめ細かい演出が所々に散りばめられているので見ていてとても楽しい花火大会です。

2016年の日程!時間は?

【イベント名】市川市民納涼花火大会
【開催日】8月6日(土)※予定 ※荒天の場合は翌日に順延。再延期なし。
【時間】19時15分~20時30分

【出店】あり
【交通規制】会場周辺で交通規制あり (17時~22時)

【問合せ先】市川市民納涼花火大会実行委員会事務局(047-711-1142)
【HP】http://www.ichikawa-hanabi.jp/

市川市民納涼花火大会のアクセス方法!駐車場はある?

【会場】江戸川河川敷(千葉/市川市大洲3丁目先)

【アクセス方法】
JR総武線ほか本八幡駅南口から徒歩約30分
JR総武線 市川駅南口から徒歩約15分
京成線国府台駅から徒歩約20分

❏駐車場はある?

市川側、江戸川側共に大会用としての駐車場は用意されていませんので、車での来場の場合は駐車場を探す必要があります。
会場周辺は交通規制が敷かれ、違法駐車の場合、即レッカー移動されてしましますのでご注意下さい。

特等席で見よう!

h-ichikawa1

花火をゆったり快適に楽しめる有料席をご紹介します。

桟敷席 18,000円 (定員4人)
ペア席(土手斜面はたは平面)10,000円(定員2人)
イス席(パイプ椅子)6,000円(定員1名)

座席表はこちら

販売は6月末からで、電話・店頭・ネットからの購入が可能です。
販売先詳細はこちら

スポンサーリンク

市川市民納涼花火のおすすめの穴場スポット

東京都・千葉県の都県境に位置する江戸川河川敷周辺には、花火を見るのに おすすめ場所が点在していますので事前にチェックし当日に備えましょう。

◇大洲防災公園(市川側)


打ち上げ場所から少し離れますが、その分人は少ないのでのんびりと鑑賞することができます。JR総武線の市川駅から徒歩20分。

バーベキューも可能なので、バーベキューをしながら花火鑑賞なんて贅沢もできちゃいます。

◇JR総武線の鉄橋付近(江戸川側)


JE総武線の国府台駅を降り、会場のほうに向かって歩いているとJR総武線の鉄橋が見えてきます。

このあたりは、会場から少し距離がありますが、迫力は十分に堪能できる場所です。混雑を避けたい方にはオススメのスポット。

◇行徳会場(市川側)


公式の会場になるのでもちろん人は多くなりますが、メイン会場とは対岸のため開始時刻直前に行っても場所を確保できるくらいの余裕があります。

間近で見られるわけではありませんが、ちゃんとした会場なのでもちろんキレイに花火が見られます。

◇北越製紙関東工場近くの土手


こちらは、市川駅を降りて花火会場を目指し、川にぶつかってさらに下流の方向に400〜500m進んだあたりが人も少なく静かに鑑賞できます。

距離は離れますが、キレイにみられるスポットなのでカップルや家族連れにオススメ。

市川市から見るか江戸川区から見るかは、お好み次第。

江戸川付近は高い建物が少ないので、キレイに見られる場所がたくさんあります。風向きをうかがったりしながら、素敵なスポットを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加