秋の花粉症と夏風邪の見分け方は?原因と予防対策も紹介!

夏の暑さが過ぎ、涼しくなると同時になんだか身体の調子がよくない…。

季節の変わり目で体調がわるいのかな?
毎年この季節になるとどうも風邪っぽい・・・
と感じる人はいませんか?

実はそれ、風邪ではなく「秋の花粉症」かもしれません。

スポンサーリンク

花粉症は春だけじゃない

実は、秋もアレルギーを発症しやすい季節なんです。
とくに、夏と秋の季節の変わり目に発生し始める花粉症は、夏風邪が長引いてるのかな?と勘違いしやすいです。

そこで今回は、花粉症と風邪の見分け方、原因や予防方法などを紹介します。

秋の花粉症になる原因の草花

花粉症といえば、「春」。スギ花粉やヒノキ花粉を連想する春の花粉症が有名ですよね。

しかし、秋にも花粉症の原因となる、

イネ科のカモガヤ花粉やハルガヤ花粉、キク科のブタクサ花粉、ヨモギ花粉、クワ科のカナムグラ

があり時期が来ると、花粉を飛散させているのです。

●ブタクサ
キク科
飛散時期(8月~10月)
草丈(約1m)
生息地(全国の道端や河原など

●ヨモギ
キク科
飛散時期(8月~10月)
草丈(50cm~1m)
生息地(日本全国で見られる)
食用、薬用としてもふだんから馴染みの深い草

●カナムグラ
アサ科
飛散時期(8月~10月)
草丈(60cm~1m
生息地(全国の道端や荒地等の日当たりの良い場所に生育)

秋の花粉症の症状をチェックしよう

□透明でさらさらの鼻水が出る。
□1週間以上、くしゃみや鼻水が長引いている
□立て続けにくしゃみが出る時がある
□目のかゆみがある(充血している)
□微熱があり、体がなんとなくだるい
□晴れた日のほうが症状がひどい

これらの症状で3つ以上心あたりがある人は秋の花粉症の可能性があります。

・・・でも、まだなんとなく花粉症と風邪の症状が似ていると感じる人もいるでしょう。

そこで、もう少し詳しく花粉症と風邪の違いを見てみましょう。

花粉症と風邪違いは?

■鼻水

風邪:風邪であれば、黄色く粘りのある鼻水。
花粉症:花粉症の鼻水は水っぽく、透明でサラッとした鼻水。

■症状の期間

風邪:だいたい一週間で収まる。
花粉症:数ヶ月間続く(花粉の飛んでいる間)

スポンサーリンク

■目のかゆみ

風邪:ない
花粉症:ある

■発熱

風邪:高熱
花粉症:無し~微熱

■食欲

風邪:食欲がない
花粉症:食欲はある

■天候の影響

風邪:ない
花粉症:ある
(晴れている日ほど花粉が飛びやすいので、
晴天でひどくなったり雨の日は緩和されるなど天候に左右される)

あくまでも目安です。なかなか症状が改善されないなら、自己判断せずに病院で診てもらうことが大切です。

秋花粉症の予防対策

akinokahunsyou4

春のスギ花粉やヒノキ花粉などの背丈が高く飛散距離の長いのが特徴。逆にブタクサ・ヨモギなどは、背丈もそれほど高くないので花粉がそこまで遠く飛びません。

秋の花粉症の原因になる草花は、野原や河川敷などに生えているので、その場所に近づかないようにするだけでも十分予防できるでしょう。

他には、

・マスク、ぼうし、メガネの着用(草花の生息地の近くを通る時は完全防備で)

・化粧はなるべくナチュラルメイク(花粉が直接肌に触れ、逆に刺激を受けるのを防ぐ)

・窓を開けっ放しにしない  (花粉の侵入を防ぐ)

・帰宅したら、外で衣服をはらい花粉を落とす(衣服に付着した花粉を室内に持ち込まないように)洗濯等でも花粉症対策を謳ったものをつかうのも良いかもしれません。

・春に花粉症になった人はあらかじめ薬を処方してもらっておく(春に花粉症になった人は、花粉に対する耐性が弱いと考えられ秋の花粉症にもなる可能性があります。前もって花粉に対する予防策を)

春と違って意外と気づきにくい「秋の花粉症」

まさか「秋に?」と思ってしまうため、花粉に対する予防や症状が出たときの対処が遅れてしまう可能性があります。

きちんと対応できるように見分け方を覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加