PL花火芸術2016の日程。場所や時間は?おすすめの穴場をご紹介!

h-PL1

出典:http://matome.naver.jp/odai/2140211885703617701/2140215002030177003

各地域ごとに名物と言うものはありますよね。それぞれにいいものです。そこにはない風物は、現地で味わうのが一番美味しいものです。ちょっと変わった出自を持つ、関西地方の夏の風物詩「教祖祭PL花火大会」をご案内します。

高さがあり平野で上がる花火ですので、広い範囲で見え、分量も多く、遠くからでもかなりの迫力を体感できます。火花と轟音がてんこ盛りのフィナーレは、圧倒されっぱなし!

そんな迫力あるPL花火大会の日程、開催場所や穴場を紹介します。

スポンサーリンク

教祖祭PL花火芸術の見どころ

正確には、この花火は「宗教行事」です。初代と二代教祖の遺徳を讃えるお祭なんだそうです。関西では「花火大会」と認識されています。富田林駅から打ち上げ会場までに屋台も出店も出て見物客でいっぱいになります。

毎年1万7000発から2万発の花火が上がり、市外でも広い地域で楽しまれています。打ち上げ場所は光丘カントリー倶楽部です。開幕スターマインから始まり、尺玉の連発が見ものです。

芯もの、冠菊、千輪菊など種類も豊富、4箇所から8箇所の打ち上げ台から同時に打ちあげられますので、大輪の花火が豪華に空を埋めんばかりに咲き誇ります。

終盤のスターマイン8000発同時打ち上げは、南河内一帯を地響きとともに、一瞬昼間のように明るくします。洗練さと豪華絢爛さが入り混じりすばらしいものです。

この花火には、10分程度のインターバルがあることがあります、煙がたまって見えにくくなってしまうから、それをよけているんだそうです。

2016年の日程。開催日や時間は?

【イベント名】教祖祭PL花火芸術
【開催日】8月1日(月) ※荒天の場合未定
【時間】20時00分~20時40分
【出店】あり
富田林駅周辺から会場への道の沿道、府道35号周辺。
【問合せ先】光丘テレホンサービス(0721-25-6422)
【HP】http://www.kohkyu.co.jp/hanabi/hanabi.html

PL花火芸術の場所とアクセス方法!交通規制は?

【会場】富田林市聖丘カントリー倶楽部一帯

【アクセス方法】近鉄長野線富田林駅から徒歩15分
【駐車場】なし
当日は花火用の駐車場は用意されていません。
また、終日会場周辺の地域が全面駐車禁止となりますのでご注意下さい。

【交通規制】
場所によって規制時間が異なりますが、16:00から遅いところは23:00頃まで車両の通行ができなくなっています。
詳細はこちら

PL花火芸術を見るなら?穴場スポット5選!

◇石川河川敷


川西駅を降りた石川河川敷もいいです。喜志側から反対に離れます。座れる程度には空いていますが荒天後ですと、河川敷はお勧めできません。どろどろなんです。

前数日の天気がよければ、かぶりつきではないですがあまり遠くなく、ラクに見られるスポットです。

スポンサーリンク

◇明治池公園

混雑を避けるならこちらもおすすめ。距離はありますが高い建物がなく花火をバッチリ見ることができます。

◇石川河川公園

会場から1kmくらい離れた場所にあります。こちらもいくらか空いています。最寄は今鉄大阪線駒ヶ谷駅になります。

◇ユニテックスゴルフガーデンINサヤマ駐車場


ここもいい位置です。ローソンとサイゼリアがあります。食料、トイレ調達可能。駐車場は有料、徒歩なら無料で見られます。アクセスは南海高野線金剛駅か大阪狭山市駅の利用がおすすめ。

◇光丘カントリー倶楽部の外周道路 


カントリークラブ教団施設に近いほうを狙いたいですね。これらはある程度混雑と格闘してもいい場合のプランです。近いだけあって人気です。ほんとに近いです。富田林駅までゆくなら国道170号線が歩行者天国です。

ダイエーのあたりで、ここの駐車場も考慮に入りますが、当日の様子は不確定です。富田林、向陽台1丁目2丁目近辺、かんぽの宿富田林周辺でも見えます。

◇大阪狭山市駅ホーム北の端

駅から動かないプランです。改札から離れた方向へ行きましょう。ここでも見えます。駅なんで、少人数でささっと移動できるならいいと思います。

◇狭山池


逆に小さなお子さんがいる場合、混雑はとても無理ですし、フットワークが厳しいですよね。狭山池ならその点は楽です。少し離れますが見えます。大阪狭山市駅か金剛駅から徒歩です。金剛駅からだとダイエーがありトイレもあります。

◇金剛山


金剛山の山頂は、PL花火を見下ろす形で見ることが出来ます。少し距離はありますが、街の上に散ってゆく余韻の火の粉はとても幻想的です。ここは双眼鏡もあるといいかもしれません。駅は河内長野駅利用で、そこから南海バスでロープウェイ乗継です。やや大変ではあります。

その他、河内長野駅の裏のモトクロス場、嶽山の中腹の願昭寺の参道などから見えるという口コミがあります。願昭寺は汐ノ宮駅から東方向徒歩約15分です。やや交通が楽です。ここは大阪湾も見えます。

有料ではありますが、比較的空いた場所での花火を鑑賞したいなら「ワールド牧場」 駐車料金と入場料がかかりますが、は音も聞こえ、花火の大きさもいいです。

「延羽の湯 羽曳野店」は温泉の屋上から見物でき、こちらからも花火は見えます。また「あべのハルカス展望台」特別営業があることがあります。

打ち上げ会場そばの有料観覧席がないので、混雑と戦うより費用かけての鑑賞もひとつの手です。

いかがでしたか?今回は教祖祭PL花火芸術の場所や日程、穴場スポットについてご紹介しました。

混雑必至の人気花火大会ですので当日に場所を探すより、事前にチェックしておくことがベストです。瞬間的にすごい量が上がるあのフィナーレ、ぜひ体感してみてください!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加