いたばし花火大会2016の場所と穴場は?チケット(有料席)と屋台情報

h-itabashi2

出典:http://itabashihanabi.jp/

毎年、様々な花火大会が全国で開催されていますね。

日程が重なっていていてどちらに行こうか迷ったり、行きたいけど人混みはちょっと…という方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな時は、花火大会の特徴や人混みを避けて花火が楽しめる穴場スポットを参考にしてみるのもアリかもしれません。

今回は「いたばし花火大会」にスポットをあててみました。

>戸田橋花火大会2016の有料席!日程や穴場についてご紹介

スポンサーリンク

いたばし花火大会の特徴と見どころ

いたばし花火大会は、荒川河川敷から
1万1000発の花火が夜空を舞う、大迫力の花火大会。

東京側では「いたばし花火大会」、埼玉側が「戸田橋花火大会」
荒川両岸の河川敷を会場にし2つの花火大会が開催されています。

戸田橋花火が一つ一つ重厚感のある花火を打ち上げるのに対し
いたばし花火では、最大級を誇る一尺五寸玉の花火、芸術玉花火や
ユニークなキャラクター花火、フィナーレの700mのナイアガラなど
見どころ満載。

両岸から打ち上げられる、ダイナミックな花火を
思う存分楽しんで!

2016年の日程

【イベント名】いたばし花火大会
【開催日】8月6日(土)※予定 ※雨天、強風の場合は翌日に順延

【時間】19時00分~20時45分
【出店】あり
【交通規制】17時00〜21時45分頃まで会場付近で交通規制あり。新河岸川以北および中山道の東側一部(舟渡二丁目付近)、JR埼京線「浮間舟渡」周辺は車の通行が禁止されます。
h-itabashi1

【問合せ先】板橋区観光協会(03-3579-2255)
【HP】http://itabashihanabi.jp/

いたばし花火大会の場所は?会場へのアクセス方法

【会場】荒川河川敷(東京 / 板橋区荒川戸田橋上流  板橋川河川敷)

【アクセス方法】
JR埼京線浮間舟渡駅から徒歩約30分
都営三田線高島平駅・西台駅・蓮根駅から約徒歩30分

【駐車場】なし

板橋側で鑑賞する人たちは、西台駅を利用する人が多いので
会場中央に近いため混雑します。

また、浮間舟渡駅で下車する人も多く会場までの道が大変混雑しますので
高島平駅や新高島平駅の利用が便利。

屋台はある?

やっぱり、花火大会に屋台はつきもの!そんな、夏祭りを盛り上げる屋台ですが、もちろん板橋花火大会でも、屋台が見られます。

駅から会場に向かう道沿いに屋台が見られます。17時頃には会場へ向かう道が混雑し始めるので、少し早めに来て、食べ物を調達しておきましょう

いたばし花火大会の穴場はどこ?

◇新高島平駅付近


公式サイトに掲載されている最寄り駅「高島平駅」の一つ隣、
「新高島平駅」で降りることで、混雑は避けられます。

駅周辺から花火を鑑賞することができるので、
歩いてなるべく会場に近付くのも良し、
落ち着けるスポットを見つけてまったり鑑賞するのもまた良し。

スポンサーリンク

◇野草広場


最も人が集中する西台駅は避けて、高島平駅を利用します。
高島平駅から20分ほど歩くと野草広場に到着します。

花火がキレイに見える鑑賞場所の中では比較的人が少なめになります。
早めに行って場所を確保しておくのが良いかもしれません。

◇戸田公園近辺の河川敷


ナイアガラを絶対見たい!という方にはこちらの会場がオススメ。
少し小さく見えてしまいますが、打ち上げ花火もナイアガラも
どちらもバッチリ見られます。

板橋川、戸田川とどちらの河川敷で見るか迷ったとき、少し遠くなっても
ナイアガラが見たいなら戸田川に行くと良いでしょう。

◇イトーヨーカドー錦町店の屋上


住所は埼玉県蕨市になりますが、花火はとっても
キレイに見える超穴場スポットです。

ただ、こちらも毎年屋上が会場されると決まっているわけではないので、
直前に必ず確認してくださいね。トイレと食事の心配をしなくていいので安心。

有料チケット情報

いたばし花火大会では、様々な種類の有料席を取り揃えています。
それぞれ状況に応じて、選びましょう。

h-itabashi3

座種:陸上競技場 テーブル付き席
座仕様:ひじ掛け付き椅子 丸テーブル付き
料金:28,000円 (4枚1組)
購入上限:1組

座種:陸上競技場 イス席
座仕様:パイプ椅子
料金:3,600円 (1枚ずつ)
購入上限:8枚

座種:陸上競技場 グループ席
座仕様:シート敷
料金:28,800円 (8枚1組)
購入上限:1組

座種:S席
座仕様:スタンド席
料金:3,100円 (1枚ずつ)
購入上限:8枚

座種:グループS席
座仕様:シート敷
料金:24,800円 (8枚1組)
購入上限:1組

座種:A席
座仕様:スタンド席
料金:2,600円 (1枚ずつ)
購入上限:8枚

座種:グループA席
座仕様:シート敷
料金:20,800円 (8枚1組)
購入上限:1組

座種:芝生斜面グループ席
座仕様:芝生斜面席
料金:20,800円 (8枚1組)
購入上限:1組

座種:ボックス席
座仕様:スタンド席
料金:10,400円 (4枚1組)
購入上限:2組

座種:B席
座仕様:スタンド席
料金:2,100円 (1枚ずつ)
購入上限:8枚

ナイアガラの滝を見るなら陸上競技場席かS席を。A、B、ボックス席からは見えづらくなっています。

チケットは6月下旬頃から一般発売されます。
販売は、コンビニ・電話・チケットぴあなどで購入可能です。

チケットについての詳細はこちら

いかがでしたか?
いたばし花火大会と戸田橋花火大会の2つを同時に楽しめる日なので、
その分人も集中します。人混みをうまく避けて、
のんびり優雅に花火大会を楽しみたいですね。

とっておきのスポットを見つけて、素敵な思い出を作ってくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加