江東花火大会2016!屋台はある?屋形船と穴場スポットを紹介!

h-koutou1

人出30万人と人気な花火大会ではあるものの、東京で行われる
他の花火大会に比べると、比較的混雑もひどくなく鑑賞できる花火大会です。

花火は見たいけど混雑はうんざり!という方に
花火大会自体が穴場の「江東花火大会」をご紹介します。

スポンサーリンク

江東花火の特徴や見どころ

河川に浮かべられた台船から、4号玉が最大で4000発ほどあがります。
小型と言っても迫力十分、打ち上げ場所からメイン会場付近が
150mと火の粉が降るくらい近く臨場感抜群です。
間近で聞く炸裂音はおなかに響きます。

4号玉でいわゆる巨大花火ではないですが、
そうであるからこその情緒があります。

荒川河川の上を走る首都高、誘導灯がまたたく鉄塔や
窓明かりが灯るビルからさほど離れていない
低い夜空に上がる花火は、風景と呼応して
ノスタルジックでいて都会的な風情をかもします。

低いと川の照り返しもきれいです。フィナーレのスターマイン連発も盛り上がります。
南砂町からメイン会場までと、堤防には屋台があります。お祭り気分もたっぷりです。

2016年の日程。交通規制は?屋台はある?

【イベント名】江東花火大会

【開催日】8月1日(月)※小雨決行  荒天時は翌日に延期されます。
【時間】19時40分~20時30分 (19時40分打上げ開始)

【出店】なし(公式ページでは)
公式ページには露店、屋台の出店はないと発表されていますが
数は多くないものの、会場へ行く道すがら屋台、露店は出ています。
h-koutou3

【交通規制】あり

会場周辺は、17時~21時30分まで車両通行止め。
(土手通りは、14時から21時30分まで車両通行止。)
※「葛西橋通り」と「清砂大橋」は通行可。

【駐車場】なし
【問合せ先】江東区役所地域振興課区民交流係 (03-3647-4963)

江東花火2015の場所とアクセス方法

【会場】荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)

【アクセス方法】
〈車〉
首都高速清新町ランプから約2.5Km

〈公共機関〉
東京メトロ東西線南砂町駅から徒歩約20分
東京メトロ東西線南砂町駅から徒歩約30分

・JR亀戸駅北口から東陽町駅行→東砂六丁目下車 徒歩6分
・JR亀戸駅北口から葛西橋行→葛西橋下車 徒歩3分
・JR亀戸駅北口から西葛西駅経由・なぎさニュータウン行→東砂六丁目下車 徒歩6分

・都営新宿線西大島駅A3出口側の新大橋通り沿いから
大島駅経由・葛西橋行→終点葛西橋下車 徒歩3分
・都営新宿線西大島駅A4出口側の明治通り沿いから
境川経由・葛西橋行→終点葛西橋下車 徒歩3分
・都営新宿線西大島駅A4出口側の明治通り沿いから
西葛西駅経由・なぎさニュータウン行→東砂六丁目下車 徒歩6分
・都営新宿線大島駅A6出口側の丸八通り沿いから
東陽町駅行→東砂六丁目下車 徒歩6分
・都営新宿線大島駅A2出口側の新大橋通り沿いから
葛西橋行→終点葛西橋下車 徒歩3分

・都営新宿線 東大島駅東大島駅入口から葛西橋行
→終点葛西橋下車 徒歩3分

江東花火大会の穴場は?

◇高速道路の高架下


高速道路の高架下にはサイクリングロードがあり
そにで見る事が出来ます。

そこへは、葛西橋から行くことが出来ます。
清砂大橋からは行けませんので注意してください。

若干混みますが、開始30分前でも場所は確保できます。
道路脇スペースにシートを敷いてゆったりと鑑賞しましょう

スポンサーリンク

◇荒川砂町水辺公園


荒川砂町水辺公園は北から南まで長くのびていまして、
これも好みのスポット探しが出来ます。

午後6時前くらいでもまだ場所を取れる余地があります。
江東区側の打ち上げ会場西になりますか。
このエリアで写真撮影なら、南風で煙が散る南よりがおすすめ。

◇葛西橋通り付近


江東区側の葛西橋通り付近も悪くないです。会場から北へ上がります。
ルート的に西葛西駅は使いたくない場合、南砂町駅からはこのあたりがより便利です。

屋台を利用しようと思う場合もこっちがいいですね。
近さと空き具合を兼ね備えたスポットです。

◇清砂大橋


清砂大橋は、座ることはできないんですが、風景的なロケーションがいいです。
北側に花火、南側には葛西の臨海公園の観覧車が見える欲張りスポットです。

観覧車ライトアップされますよ。また、特徴ある葛西橋を背にした花火を拝めます。

◇清新町方面・中川のサイクリングコース


清新町方面・中川のサイクリングコース、ここは西葛西ルートです。
より荒川の方に寄ってゆき、ウォーキングコースエリアあたりだと、
花火を見ることができます。

自転車で汗を流し、ほてった体を花火を見ながらクールダウン、
スポーツ派ならそんな見方もいいかもしれません。

30万人の人出は花火大会としては少なめですが、
メイン会場ルートの東西線南砂町駅はとても混みます。。
知ってる人は西葛西駅を利用し、そこから清砂大橋方面を目指します。

その他観光としては、清砂大橋の先、夢の島公園は、
ヨットハーバーの港らしさあふれる風景が楽しめます。

誰でも入っていいようですので、花火前の昼間に時間あれば
行ってみるといいですよ。

江東花火大会の屋形船情報

江東花火大会ではたくさんの屋形船が浮かび
多くの人が船からの花火を楽しんでいます。

https://youtu.be/PxKKkwPQbwY

通常の鑑賞スポットから花火を眺めるのもいいですが
屋形船からの鑑賞は風情があっておすすめですよ。

ここでは、いくつかおすすめの屋形船を紹介します。

◇品川 船清

毎年、江東花火大会に限らず、隅田川花火大会や
東京湾華火大会でも屋形船が出ており、満員御礼になる人気ぶり。
屋形船は乗り合い、貸し切りでの利用ができます。

詳細はこちら

◇船宿あみ達

・貸し切り花火屋形船
30名での利用になります。
料金(1名):17300円

・乗り合い花火屋形船
2名以上での利用になります。
料金(1名):17300円

お食事+フリードリンク(飲み放題)付き

他の花火大会では、満員になっているものもありますので
早めのご予約を。

詳細はこちら

◇屋形船 網さだ

こちらは、仕切りのみでの利用になります。
人数:25名以上
料金(1名):15000円
集合場所:一之江駅東口 バスロータリーに17:00集合

詳細はこちら

いかがでしたか?
今回は江東花火大会の屋台、穴場や屋形船の情報をまとめてみました。

大会自体が穴場として人気の「江東花火大会」で
是非、下町情緒あふれる江東区の夏の風物詩を堪能してください。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加