【成田(NARITA)花火2016】駐車場や穴場はある?有料席は?

h-narita2

千葉県成田市では、周辺自治体と合併したことを記念し、
2006年から花火大会(NARITA花火大会)が行われるようになりました。

この花火大会は『観客参加型』というチョット変わった
催しが行われるのも魅力です。

全国の人気花火大会ランキングで第5位に選ばれ、
昨年は12万人もの人出を誇る、この花火大会を皆さんで楽しんでください。

スポンサーリンク

花火の特徴と見どころ

花火大会としては珍しく、10月に開催されます。

真夏の花火とは違い、空気が澄んでくる頃で、
より一層綺麗な花火を観ることができます。

このNARITA花火大会は、会場で観客も参加して
花火大会を盛り上げるという、一風変わった催しになっています。

こちらはまさかのお経ミュージックスターマイン▽▽

お経と花火のユニークなコラボレーションで
会場から思わず笑いが沸き起こってます(笑)

花火とビンゴゲームを組み合わせた「花火de BINGO」
世界でも指折りの花火アーティスト達による
「NARITA黄金伝説」は必見!↓↓ 8:53~はまさに鳥肌もの。

 成田(NARITA)花火大会2016の日程

【イベント名】NARITA花火大会in印旛沼
【開催日】10月15日(土)※荒天時は中止。延期なし。
【時間】19時00分~20時20分
【出店】あり
【交通規制】あり

花火当日は、会場周辺を中心に規制がかかります。時間は13時から、場所により15時からの場所もあります。いずれも22時まで規制されています。

交通規制の詳細はこちら

【問合せ先】NARITA花火大会実行委員会事務局 (0476-29-5553)

成田(NARITA)花火大会の場所とアクセス方法

【会場】成田ニュータウンスポーツ広場(千葉/成田市台方1415)

会場へのアクセス方法は?

会場周辺一帯は交通規制があり、車でアクセス出来ないため、徒歩か公共の交通機関を使ってアクセスすることをすすめられています。

会場へ歩いて行くなら

JR成田駅の西口から出て、大通りをまっすぐ道なりにいけば会場につきます。当日は歩いて会場へ行く人が沢山いますので、特に迷うこともなく会場入りできます。ただし、駅から歩くと50分程度はかかりますので、バスを利用すると便利です。

バスを利用するなら

歩くのはきつい・・・という方は路線バスで、会場付近までバスで行く方法もあります。これですと歩く時間も距離も半減されます。

JR成田駅のバス停留所(はなのき台行き)に乗り はなのき台で下車すると会場まで徒歩約10分でいけます。同じ場所までバスを使わずタクシーを利用するのも手です。他の来場者の方とあいのりすれば料金も安くすることができますね。

当日はJR成田駅と京成電鉄成田湯川駅から大会用のシャトルバスが臨時で運行されますので、そちらも利用できます。※ただしこちらも下車して10分程度歩きます。

混雑を考慮して

行きは16時以降になると会場までの道路がすごく混雑してきますので、タクシーやバスを利用する方はそれよりも早く会場に向かうようにしましょう。

帰りはバス待ちが発生し、「結局徒歩のほうが早く着いた」なんて声もあります。歩く余力のある方は歩いて駅まで行くほうが無難です。

また花火大会が終わると一斉に駅に向かうことになりますので、駅が混雑し電車に乗るにも1時間位待つことになります。混雑を避けるために徒歩で駅に向かう方なら、予め電車の時刻を調べておき、それに合わせて少し早めに駅に向かったほうがいいでしょう。

とはいえ駅まで結構な距離がありますので、タクシーが予約できれば交通規制外の近くまで来てもららえれば楽ですね。

成田花火大会に駐車場はある?

会場周辺に駐車場はありません。また、大会当日は
交通規制が敷かれますので、車で行く人は成田駅周辺の
コインパーキングの利用をおすすめします。

〈成田駅周辺の駐車場〉
成田駅(西口)周辺で徒歩5分圏内駐車場をピックアップ。
ポイントをクリックすると詳細が表示されます。
※詳細は2015.5現在のもの

有料席のチケット情報

NARITA花火大会では、協賛した人に、桟敷席が用意されています。

音楽や演出をより体感できるよう、協賛席中心に打ち上げ場所を
考えられていますので、協賛席での花火鑑賞は感動がダイレクトに
伝わってきます。ぜひこの機会に試されてはいかがですか?

※2016年度の協賛席は完売。

【SSスポンサーシート】(指定スタンド席)8,000円/名

【SS会場】(指定区画席)25,000円

【S会場】(指定区画席)18,000円

【A会場】(指定区画席)12,000円

【A会場椅子席】 3,500円
※パイプ椅子での観覧

【B会場】(自由区画席)7,000円
※当日先着順に場所を確保。

【C会場】(自由席)5,000円
※当日先着順に場所を確保。椅子の持ち込みが可。

協賛会場の詳細はこちらで確認できます。

スポンサーリンク

無料観覧席と穴場スポット

◇無料観覧席(成田駅側)

周囲が田んぼに囲まれた無料観覧席。こちら側からは
真横から見れるといった変わった角度で花火を楽しむことができます。

湯川駅側よりは空いているので、乗り遅れたら、
こっちからの眺めで花火を堪能するのもいいですよ。

◇無料観覧席(成田湯川駅側)

結構、至近距離に設置されている無料席です。
近いからといっても、鑑賞にちょうどいいスペースを
開けてあり、燃えカスや火の粉など気にせず、安心して見ることが出来ます。

やはり花火からの距離がちかいこともあり人気の
ビュースポットです。

さてココからは穴場のご紹介です。
できれば、穴場よりも会場で参加しながら楽しんでほしいところですが、
やはり混雑は苦手という人や、ゆっくり花火お楽しみたい
という人もいらっしゃると思いますので、ご紹介します。

◇穴場スポット➀ 市井橋


印旛沼水路に架かる『市井橋』は花火を楽しめる
ちょっとした穴場になっています。

会場周辺では通行止めなど、交通規制が敷かれるため、
近い場所での穴場を探すのは難しいかもしれません。

水路にはいくつか橋が架かっていますが、赤い橋が市井橋です。

◇穴場スポット➁ ウニクス成田店屋上駐車場


会場周辺は田畑が広がり、あまり高い建物がありません。
ここ、ウニクス成田店は特別高い建物ではありませんが、
屋上に駐車場があり、花火を観るには十分の高さだと思います。

ウニクス内のスーパー『ヤオコー』で食料や飲み物を調達しておけば、
ゆっくり観覧できますね。

◇穴場スポット➂ ボンベルタ屋上駐車場


イオン系列のショッピングセンターです。1階にはスーパー、
4階にはレストランもあり、食事なども困らず、
トイレの心配も必要ありません。

最寄駅は、JR成田線の成田駅か京成本線の京成成田駅ですが、
徒歩ではかなり歩くことになりますので、バスが便利です。
場所によっては、消防署に遮られてしまうこともあるので、
気を付けてください。

会場周辺に車で行けないというのが難点ですが
昨年は世界初の試み『参加型』の花火や、音楽と光の調和が
楽しめる『花火ファンタジア』など趣向を凝らしたプログラムで
楽しませてくれました。

今年は一体どんなパフォーマンスが見れるのか
とても楽しみですね!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加