あつぎ鮎まつり花火大会2016!穴場はどこ?有料席と場所取りのコツ

h-atugi1

この花火大会は、あつぎ鮎まつりのイベントの一つで祭りの初日に行われます。
パレードやダンスコンテストなど様々なイベントが催されますが、最大のイベントとして盛りがるのがこの「あつぎ鮎まつり大花火大会」です。

花火大会は50万人を超える人気ぶりで、毎年多くの人を魅了します。

今回は厚木最大のイベントあつぎ鮎まつり大花火大会をご紹介します。
花火の日程や場所、見どころや穴場スポットなどついてまとめてみました。

スポンサーリンク

あつぎ鮎まつり花火大会の見どころ

もとは大正時代に相模川の川開きに際し花火を打ち上げたのが始まりで、
現在は2日に渡って開催される「あつぎ鮎まつり」の中のイベントとして人気です。

その始まりは爽快で、スターマインで幕が上がると次々と
花火を連写し夜空を明るく照らします。打上数は県内最大級の一万発。

創作花火や仕掛け花火など趣向を凝らした花火が楽しめます。
最大の見所は、花火のフィナーレを飾る大ナイアガラ。


点火され川面が彩られてくると歓声が大きくなり盛り上がりは最高潮に達します。
また、連続して打ち上がるスターマインが夜空を埋め尽くす様は圧巻です!

2016年の日程・時間(基本情報)

【開催日】8月6日(土)※荒天の場合は中止
【時間】19時00分~20時30分
【夜店】約300店
【問合せ先】あつぎ鮎まつり実行委員会 (046-265-5496)
【HP】http://www.atsugi-kankou.jp/

あつぎ鮎まつり花火大会の場所とアクセス方法

【打ち上げ場所】相模川河川敷(三川合流点)

【車】東名高速道路厚木ICから国道129号経由し4km
【電車】小田急線本厚木駅から徒歩約15分

【駐車場】なし
周辺道路は全面交通規制のため、公共の交通機関を利用した方が無難です。

おすすめの観覧場所と場所取り

打ち上げ会場すぐそばの相模川河川敷は臨場感たっぷりで迫力も楽します。
代表するビュースポットなので、当然人気。

間近で花火を見たい人が早朝から続々と集まり場所取りを初めます。
また、16時になると入場が制限される可能性がありますので、
ここで見るなら早めに行くのがベストです。

厚木鮎まつり花火大会の穴場スポット

◇金田第2青少年広場

打ち上げ会場から近く周辺は開けているので
見晴らしがよく花火を見るのに格好の場所です。

スポンサーリンク

◇第一鮎津橋周辺


会場から少し離れ、ナイアガラは見えませんが
打ち上がる花火は綺麗に見えなかなかのビュースポットです。

◇厚木中央公園

穴場スポットとして人気なのがここ。
駅から近く、公園内にはトイレも完備。園内には屋台も出ているので
屋台巡りをしながら花火鑑賞が出来ます。

ここの地下駐車場は花火当日無料開放されるので、
車で来る人にもおすすめの穴場です。

ただし、好条件が揃う穴場スポットだけに
狙っている人も多いです。場所取りは早めにしておくのがベターです。

◇相模三川公園&スポーツ広場

厚木側からだとアクセス難なこの場所。(246号線経由)
そのため、混雑せず花火を鑑賞することが出来ます。

広場には芝生が広がり、敷地も広いのでシートを敷いて
ゆっくり花火が楽しめます。

公園のすぐそばには相模川スポーツ広場があり
この二箇所の敷地は広く花火を見るには十分なスペースがあります。

厚木鮎まつり花火大会の有料席

有料席なら、早めの場所取りも不要で、余裕を持って鑑賞できます。
場所取りの時間が無い人や、混雑を避けたい人には有料観覧席がおすすめです。

エキサイティングシート:一席2500円(三歳以下無料)
※ただし、席を使用する場合は有料

7月上旬よりセブンイレブンで販売開始

今回「あつぎ鮎まつり大花火大会」についてご紹介しました。

約20万人の人口の厚木市ですが、お祭りにはその倍の50万超の人が訪れ
どこも混雑しするので早めの現地入りがおすすめ。

早い時間に来てもお祭りでいろんなイベントが楽しめるので
1日いても暇を持て余すことはありません。

お祭を楽しんだ後は、穴場スポットでクライマックスの花火大会を
存分に楽しんで下さい。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加