昭和記念公園花火2016の日程と時間。穴場は?有料席はある?

h-syouwa1

開催は1954年で今年で58回目を迎える、
歴史ある立川まつり昭和記念公園花火大会。

毎年多くの人が押し寄せる大規模なイベントです。
そんな昭和記念公園花火大会について今回はまとめてみました。
花火の見どころや日程、穴場スポットなどをご紹介します。

スポンサーリンク

 昭和記念公園花火大会の見どころ

東京湾大華火と並び、東京一大きな花火(1.5尺玉)が上がるとして
有名な昭和国営昭和記念公園花火大会。

開いた花火の大きさは380mにもなりそのダイナミックさに圧倒されます。
他にも豪華なワイドスターマインなど観客を飽きさせない演出が目白押し!

来場者は約33万人、周辺道路の観客も合わせると75万人にもおよび、
立川市人口17万人の倍以上と、その人気を物語っています。

2016年の日程。開催時間は?

【イベント名】立川まつり国営昭和記念公園花火大会
【開催日】7月30日(土)※荒天の場合翌日に延期。再延期はなし。
【時間】19時20分~20時20分

【夜店】未定
【交通規制】公園周辺の一部道路は交通規制あり。
詳細はこちら

【問合せ先】立川商工会議所内実行委員会 (042-527-2700)
【HP】http://www.tbt.gr.jp/hanabi/

昭和記念公園花火大会の場所とアクセス方法

【会場】国営昭和記念公園みんなの原っぱ「立川市翠町3173」

【アクセス】
JR中央線 立川駅下車 徒歩15分
※JR青梅線西立川駅からのアクセスは大変混雑し、
西立川駅周辺並びに駅構内ホームの幅が狭く、
飽和状態となり大変危険です。

特に帰りの混雑による乗車待ち時間は、
JR中央線立川駅を利用するよりも長くなります。

事前の事故防止のためにもJR中央線立川駅・多摩モノレール等を
ご利用頂きますよう、ご協力をお願いします。

【駐車場】なし

定番の鑑賞スポットと穴場

花火鑑賞の場所として、メイン会場になっているのが
国営昭和記念公園 みんなの原っぱです。

18時より前に入ると入場料がかかります。
※入園料:大人(15歳以上 ¥410)小人(6歳以上15歳未満 ¥80)

18時以降は無料になりますが、17時頃になると混雑しはじめるので
有料であっても早めに来て場所取りしておいたほうがベターです。

また、会場入りする前に食料や飲料を予め用意していったほうが
無難です。というのも、場所を離れると会場が広い&人が多いで
元いた場所がわからなくなり迷うこともあります。

周辺のコンビニも混雑しますので、前もって調達しておくことを
おすすめします。

スポンサーリンク

◇おすすめの穴場スポット

◎イトーヨーカ堂の東大和店 


花火鑑賞エリアとして大会当日、屋上が無料で解放されます。
会場から距離があるので、迫力は欠けますが、駐車ができ、
食料などの調達も楽。おまけにトイレも店内にあるので、
子供連れや車で来場する人にはうってつけの場所です。

◎昭和記念公園昭島口

メイン会場入り口の立川口に向かう人が多い中
JR青梅線東中神駅から近い 昭和記念公園の昭島口入り口は
それほど混み合っていません。
低い花火は見えにくいですが、高く上がる花火ははっきり見えます。

昭島口の他に西立川口もおすすめです。

昭和記念公園内で見るなら降りる駅をかえるだけで
混み具合が変わってきます。

西立川駅は立川駅に比べると混み具合もそこまで
ひどくないので、入場口(西立川口)まですんなりたどり着けます。

場所取りは帰りのことも考えて、なるべく入り口付近がおすすめ。
水鳥の池周辺は花火が綺麗にみえておすすめです。

◎バーミヤン立川駅北口店


店内の窓から花火を見ることが出来ます。
暑さと無縁のこの場所で、美味しいものを食べながら
花火を贅沢に鑑賞できます。

ただし、場所が場所だけに窓際の席はあっというまに
埋まってしまうようです。

タイミングよく座れたら絶好のビューポイントまちがいなしです。

◎パレスホテル周辺


立川北駅を出て北に向かって高島屋立川店~パレスホテル立川辺りまで
行くと左手側に花火が見えてきます。

あまり進み過ぎると帰りは混雑に巻き込まれるので、
位置的にパレスホテル周辺での鑑賞がおすすめです。

◎高島屋立川店のビアガーデン

高島屋立川店屋上で行われているビアガーデンを利用すれば
会場から打ち上がる花火を見ることが出来ます。

ただし、花火大会当日は抽選となります。

有料観覧席

有料の特別協賛チケットを購入すると
「みんなの原っぱ」特設観覧エリアで花火を鑑賞することが出来ます。

1.レジャーシート付チケット(限定1600小間)
価格:5,000円(2名)

2.イス席チケット (限定3240席)
価格:3,000円(1名)

3.お弁当付イス席チケット (限定200席)
価格:3,700円(1名)

4.団体シートチケット  (限定30小間)
価格:30,000円(10名)

※お弁当付きイス席チケットはローソンチケットのみの取扱いになります。

公園内に有料時間内に入る場合、チケットを持っている方は立川口ゲートまたは西立川口ゲートから入ると入園料がかかりませんので、せっかくならこの2ゲートから入るようにしましょう。

全国のコンビニ(セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ)で購入できます。
販売は6月中旬から。

毎年好評のチケットですので、購入を検討している人は早めにチェックしてみてください。

穴場スポットや有料観覧席についてご紹介しました。
公共機関の利用の仕方や観覧スポットの場所、時間を上手く使うことで混雑も避ける事ができるので是非チェックして楽しい時を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加