足利花火大会2016の場所は?交通規制と桟敷席!穴場はある?

h-ashikaga2

出典: http://www.ashikaga-kankou.jp/

伝統ある足利の花火は昨年で100回めを迎え
例年以上の盛り上がりを見せた。

夏の風物詩として関東でも所々で花火大会が行われますが、
その中でも花火の数が一番多く(20000発)、

歴史ある伝統的な花火のため人気があり、
その混雑ぶりも有名です。

今回はそんな足利花火大会にスポットをあてて
花火の日程や見どころ交通規制や鑑賞におすすめの穴場などをご紹介します。

スポンサーリンク

足利花火大会の見どころ

北関東で最も歴史ある花火大会。その規模も大きく、
人気があるため県内外から多くの来場者が集まります。

「日本の名玉大玉花火」「ワイドスターマイン」「仕掛け花火」
など趣向を凝らした20000発の花火は驚きの連続です。

音楽が流れる中連射される無数の花火は
目と耳とで楽しむことが出来ます。

特にクライマックスに見られる光のカーテンのような
ナイアガラとスターマインの競演は圧巻。

花火の競技会もひらかれ打ち上がる花火の質にも期待が高まります。

2016年の日程

【イベント名】足利花火大会
【開催日】8月6日(土)※小雨決行、荒天の場合は翌日に延期
【時間】19時00分~20時45分 (予定)

【夜店】会場周辺に約300店
【交通規制】会場周辺道路は交通規制あり。
場所により交通規制の時間帯が異なりますので注意して下さい。
詳細はこちら

【問合せ先】足利商工会議所 (0284-21-1354)
【HP】http://www.ashikaga.info/

足利花火大会の場所とアクセス方法

【会場】渡良瀬川田中橋下流河川敷
【地図】

【アクセス方法】
〈車〉東北道佐野藤岡ICから足利桐生方面へ車で30分
〈電車〉JR足利駅南口から徒歩5分、東武伊勢崎線足利市駅から徒歩10分

【駐車場】あり (約8400台)

複数箇所の駐車場が用意されているのでマイカーで行けるのが嬉しいですね。
ただし、車の出庫は渋滞し混雑必至。

電車だと足利駅の南口から徒歩5分という近距離なので、
車、電車とも利用しやすい交通手段を選択しましょう。

足利花火大会の穴場は?

◎織姫公園


打ち上げ場所からは少し距離があるものの公園が高い位置にあり、
夜景を楽しみながら花火を楽しめるというムードのある場所なので
カップルにおすすめの観覧スポットです。

スポンサーリンク

◎田中橋


足利駅を南に下ったところにあり、
会場からも近く迫力のある花火を楽しめます。

時間になると交通規制がかかり歩行者天国になります。
その分観覧スペースが広がり人は多いですが、
渡良瀬川河川敷に比べればそこまで混雑はひどくありません。

◎ドコモショップ足利店裏の土手


土手周辺は余計な建物やビルがないく開けており
花火が綺麗に見えます。

花火を間近に見ることが出来その迫力も十分に堪能出来ます。

◎アピタ足利店屋上


お店の屋上から、花火を見ることが出来ます。
お店に駐車もできるので、車の人にはおすすめです。
近くのヤマダ電機でも屋上から花火を見れますので
どちらか一方が混んでいても移動が楽です。
どちらも人気の穴場スポットなので早めに到着しておきましょう。

◎足利駅北口


低い花火は見えないのですが、高く打ち上がる花火は綺麗に見えます。
前半を渡良瀬川で鑑賞し、後半駅で見れば、混雑に巻き込まれず
スムーズに帰ることが出来ます。

◎ヨークベニマルの屋上駐車場


花火当日はお店の屋上を無料開放されており。
毎年花火を楽しむ人で賑わいます。

車は平駐車場に停め早めに場所取りしておきましょう。
早めに来ても買い物などで時間を潰せますし、
食料や飲料の調達にも便利です。

また施設内にトイレも完備されているので安心して花火鑑賞が出来ますよ。

 特等席で見る!

花火を混雑を気にせず楽しみたいなら、特等席からの鑑賞がおすすめです。

【桟敷席】1坪(大人5人目安)17,000円

【有料観覧席】1区画(2坪相当、大人8~10人目安)8,000円

【イス席】イス席(パイプいす)1席:2,500円

【テーブル席】テーブル席(1卓4人まで)1卓:14,000円

桟敷席&有料観覧席の問い合せ先
足利夏祭り実行委員会 0284-21-1354 ※平日の午前9時~午後6時

イス席&テーブル席の問い合せ先
JTB関東法人営業両毛支店 0284-70-0118 ※平日の午前9時30分~午後5時30分

いかがでしたか?

足利花火大会の場所や穴場、有料観覧席について
まとめてみました。

当日は相当な混雑が予想されますので
是非参考にして足利の夜を彩る花火を楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加