実は穴場?彩夏祭花火2016の場所や日程!

h-sasika1

毎年、朝霞市で夏に行われる最大級のイベント「彩夏祭」
三日間に渡って商工まつり、フリーマーケット、よさこい、音楽やスポーツなど家族で楽しめるイベントが盛りだくさんのお祭りですが、まつりの中日に開催されるメインイベント「彩夏祭の花火大会」について、日程や時間、おすすめの鑑賞スポットなどをご紹介します。

スポンサーリンク

彩夏祭の花火と見どころ

前夜祭として8月5日から3日間にわたり行われる
「朝霞市民まつり」のメインイベントとして開催される打ち上げ花火。

1時間の間に9000発の花火が市街地のどまんなかで次々と打ち上げられ、
体の中に響いてくる程の豪快な花火が体感できます。

いろんな種類のスターマインが次々と打ち上げられる様は必見です!

2016年日程

【開催日】8月6日(土)※小雨決行、荒天の場合は翌日に延期
【時間】19時15分~20時15分
【夜店】約300店
【問合せ先】朝霞市民まつり実行委員会 (048-463-2645)
【HP】http://saikasai.com/

彩夏祭花火の場所とアクセス方法

【打ち上げ場所】キャンプ朝霞跡地

【車】東京外環道和光ICから約2Km
【電車】東武東上線朝霞駅から徒歩約5分
※会場周辺に駐車場は設置されていないので、電車などの公共機関を利用するのがおすすめ。
混雑を回避するなら駅は朝霞駅が一番近いので行きも帰りも混雑します。
ひとつ先の和光市駅利用すると電車内での混雑も緩和されます。

彩夏祭の花火は穴場?おすすめの観覧場所

朝霞の花火を見るなら、定番スポットとして人気の「陸上競技場」
「青葉台公園」がおすすめ。

人気で定番ということもあり人は多いのですが、場所が開けていて、
それほどの混雑は感じられません。

花火が始まってからも、座る場所が確保できます。
青葉台公園」では飲食も出来るので、舌鼓を打ちながら、
大迫力な花火を楽しんでみていかがでしょう。

スポンサーリンク

※「陸上競技場」では飲食は出来ないので注意しましょう。

彩夏祭の花火は好アクセスで住宅密集地でもあるので、
場所によっては人は多いですが、他の花火大会に比べると
混雑もましなほうで、中々の穴場です。

年々レベルアップしている花火大会ですので
今後に期待が高まります。

花火以外のおすすめイベント

花火も見応えがありますが、おまつりで催される他のイベントも
見どころがたくさんあります。

h-sasika2

出典:http://ameblo.jp/pentagon72/archive-200908.html

特に彩夏祭で花火と並ぶメインイベントの「関八州よさこいフェスタ」
お祭り期間中に行われるこのよささこいは、 総勢約90チームが参加し、
夏真っ盛りの朝霞の地を、観客と一体となってお祭を盛り上げます。

身を翻し颯爽と踊るさまは見ていて爽快です。

今回は朝霞市のお祭り(彩夏祭)の花火大会についてまとめてみました。
市街地での大迫力の花火を是非体感してみてください。

またお祭り期間中にも、様々なイベントが開催されますので
花火と一緒に楽しんでくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加