天神祭奉納花火2016の日程。場所と時間は?穴場でおすすめなのは?

h-tenjinsai1

出典:www.tenjinsan.com/tjm.html

歴史の授業はお好きでしたでしょうか? 年表を見てもなかなかピンとは来ないもの。夏休みの宿題シーズンになりますが、歴史を肌で感じることが出来る花火があります。

1000年以上続く天神祭奉納花火のフィナーレを飾る「天神奉納花火」は天神様のお出ましを祝って打ち上げられるものです。学生時代に受験などでお世話になった方も多いのでは?

こちらの天神様は日本三大祭のひとつに数えられていて、特に有名です。今年は受験と言う方も、来年のサクラサクを、お出ましになった天神様に祈願して、空に花開く花火で息抜きはいかがでしょう?府内ランキング2位、130万人程度の人出があります。

 ⇒天神祭花火はホテル&レストランから!おすすめはどこ?

スポンサーリンク

奉納花火の見どころ

造幣局側の川崎公園と、桜之宮公園グランドが打ち上げ位置で、最大号数は2.5玉です。天神祭奉納花火の一環として行われる奉納花火です。大阪のビル街を背景に、古式の装束に身を包んだ人々が乗る「船渡御」船のかがり火と花火が、暮れなずむ頃から川面に照り映えます。1000年の昔がそこだけよみがえった様な、幻想的で美しい風景は一見の価値があります。

船は100隻ほどが出て、花火は約4000から5000発が打ちあがります。オリジナル要素が多い花火です。ここでしか見られない「飛梅」と言う花火は、梅の鉢の形をした天神様ゆかりのものです。「文字仕掛け花火」と言う協賛企業のロゴなどが花火となるユニークなものもあります「金鳥蚊取り線香」の有名なCMの花火はこれです。「連発スターマイン」などもあります。

個人で花火を上げることが出来る珍しい花火でもあります。1発5000円の協賛で大阪天満宮境内に名前が挙げられ、記念品として花火玉のレプリカをいただけます。事前に、大阪天満宮社務所に問合せが必要です。

2016年の日程・時間(基本情報)

【開催日】7月25日(月)※天神祭7月23日(土)~7月25日(月)
【時間】19時30分~20時50分 ※フィナーレ20時30分~
【会場】桜ノ宮公園~川崎公園~大川一帯
【屋台】大阪天満宮、天神橋筋商店街、桜ノ宮公園中央広場、大川沿岸など約1000店
【問合せ先】大阪天満宮 (06-6353-0025)
【HP】www.tenjinsan.com

花火以外のおすすめイベント

天神祭の以外にも神事として期間中様々な催しが行われますが、その中でもおすすめのイベントをご紹介します。

◇ギャルみこし 7月23日(木)

正式名称「天神祭女性御神輿」ですが、有名になるに連れ
「ギャルみこし」と呼ばれるようになりました。
毎年選りすぐりの100人以上の女性が、ねじり鉢巻&ハッピ姿で
200キロもの神輿を担ぎ元気いっぱいの掛け声と共に
天神橋筋商店街をねり歩きます。

◇船渡御 7月25日(土)

奉納花火と同日に行われる船渡御。
日が暮れるころ、祭りばやしが響き渡る中
菅原道真のご神霊を乗せた御鳳輦船とそれに続く
100隻もの船団が大川で水上パレードを行ないます。

人気の定番スポット

◎桜之宮公園内中央


打ち上げ場所の南側にある広場。高層ビルが立ち並ぶ
大阪の中でも障害物がなく、間近で花火を楽しむことが出来る
絶景ポイント。屋台も多いので賑やか。

最寄り駅:桜ノ宮駅

◎桜之宮公園川沿い


大川東側の川沿いは広範囲に渡る鑑賞エリアだが
特に打ち上げ場所が近く、花火の鑑賞スポットとして人気の
桜宮公園は早い時間から場所取りが始まる。

最寄り駅:桜ノ宮駅

◎OAPプラザ付近


打ち上げ場所正面の絶景ポイント。
大迫力の花火が真正面で見られうこともあり
早い人では、朝から場所取りに来る人もいる
人気中の人気スポット

最寄り駅:南森駅

◎OAPレジデンスタワー東側の前円形広場


円形状に囲まれた広場で、まわりに段差があり、
階段状の様になっているので腰をかけて座るのにちょうどよく、
対岸から打ち上げられる花火を至近距離から楽しむことが出来る場所。

最寄り駅:南森町駅

 定番スポットと最寄り駅周辺マップ


フルサイズで地図を見る

○最寄り駅

A:JR桜ノ宮駅
B:京阪天満橋駅
C:JR大阪天満宮
D:地下鉄天満橋
E:地下鉄南森町駅
F:JR天満橋

当日は17時30分頃から混雑し始めるので、
できれば16時~17時の間までには駅に着いておくのがベターです。
土日は平日より人が多くなるので、それよりも早く出かけて
おいたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

どこの駅も混雑しますが、特に桜ノ宮駅は打ち上げ場所が近いので
利用する人が多いです。空いている時間帯だと問題ないのですが、混雑時の場合は
西口を避け、東口を利用することで、すこしでも混雑を避けるようにしましょう。

南森町駅も近くて便利ですが、ピーク時になると
改札から人が溢れてくるので、地下道がかなり混み合います。
時間を選べばJRよりも空いていることがありますので
やはり当日は混雑を見越して早めに行くようにしましょう。

花火終了直後は、人が殺到しホームに入るまでが時間がかかります。
混雑を避けたいなら、花火の途中で早めに切り上げて帰るか、
花火終了まで残り、ホームへの波が収まるまで、屋台をめぐるなどして
大体23時頃だと混雑なく電車にのれるでしょう。

○定番スポット

G:桜之宮公園中央広場
H:OAPレジデンスタワー東側円形広場
I:OAPプラザ付近
J:桜之宮公園川沿い

天神奉納花火の穴場スポット

◇源八橋


源八橋はそこそこ混みます。ですけれど、超人気激戦スポットに比べると、いくらかいいです。あえて推すポイントとしては、会場に近いということです。

近さは確保したい、しかし、動けなくなるほどの混雑は嫌だという場合、ここと東側ならば、大迫力で見ることが出来ます。交通は「桜ノ宮駅」です。早目がいいと思います。

◇都島橋


都島橋は、ライトアップされた大阪城が見えますので、折衷的に楽しみたい方にお勧めできます。思いのほか近隣スポットに比べると人が薄いです。交通は「桜ノ宮駅」です。ここを北限と考えてポイント取りをするのが妥当だと思います。

少々歩きますが、到着時間が遅めなら「都島駅」を考慮するのもいいと思います。

◇川崎橋


川崎橋は、歩行者用の橋で、少し会場から距離はありますが、ゆったり見られます。人がだいぶ減りますのでデート利用などには向いています。都島橋と逆に南へずれるプランです。

ここを南限と考えてポイント取りをするのが妥当だと思います。18時くらいから通行止めになりますので、それまでに行く必要はあります。

◇藤田邸跡公園


藤田邸跡公園も悪くないスポットです。メインの天神祭り会場に集まるので、逆方向になるここは穴場になります。公園なので整備されていてきれいなのもいいところです。

大川が良く見える位置を確保しましょう。子供連れの方なんかはトイレがある公園はいいですよね。交通は「大阪城北詰駅」です。

◇都島橋と飛翔橋の両岸 


出遅れて橋の上がいっぱいでも、まだ望みはあります。橋の両岸にずれましょう。ここでも障害物はまだまだ少ないです。大阪城も見ることが出来ます。このあたりは船渡御と奉納花火の両方が見える、メイン周辺以外でお祭り気分を楽しむのに向いたスポットなんです。

川沿いを少し南へ行きますと屋台も出ています。飛翔橋は歩行者専用橋でやはりデート向け。交通は「都島駅」から8分程度です。

⇒レストラン&ホテルでゆったり天神祭の花火鑑賞♪

激戦有名スポットを避けた穴場を中心にご案内いたしました。早めの予測移動、そして、こことポイントを決めたら動かないことが、この花火では意外と重要です。場所により動けないほどの混み方になります。帝国ホテル周辺ですとか。。

このお祭りは、例年ですとテレビ大阪で中継されます。どうしても無理な場合も予備策にはなるでしょうか。あと、船渡御観覧会場では、花火が見えませんのでご注意を。

余談ですが、この花火、元禄の世には、大石内蔵助が奥様と息子さんと一緒に見に来ていたと言うエピソードがあります。おしのびで文化人が来る花火でもありました。

西山宗因、井原西鶴、近松門左衛門などがこっそり見ていたそうで、歴史に思いをはせてご覧になるのも楽しいかと思います。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加