醍醐寺の桜の見頃!ライトアップは?ランチのおすすめスポットをご紹介!

寒い冬が過ぎ、木々に蕾が芽吹く時期になってきましたね。
そろそろ今年のお花見はどこがいいかな・・・なんて
話題にも上るのではないでしょうか?

今回はお花見といえば京都!
京都といえば定番の醍醐寺の桜の見頃や醍醐寺の
お花見の楽しみ方などをまとめてみました。

スポンサーリンク

醍醐寺の桜の開花予想!見頃はいつ?

京都の桜の名所はたくさんありますが、
まず外せないのが醍醐寺の桜。

毎年桜の名所として人気を誇るお花見スポットでもあります。
この醍醐寺はかの有名な豊臣秀吉に縁のあるお花見スポットなんです。

その秀吉が晩年に、約1300人もの大所帯を引き連れて、
この醍醐寺で盛大に花見の宴を開いたとされています。

これを「醍醐の花見」といい、これをきっかけで
庶民にお花見の習慣が広まり、言うなれば、花見の原点です。

現在まで丁寧に手入れされており、醍醐寺の桜には
樹齢150年以上を超える桜が多くあるとされ、中には、
「醍醐の花見」の際の子孫の桜もあると言われています。

桜の種類も様々で、しだれ桜をはじめ、八重桜、ソメイヨシノ、
山桜など約1000本以上と言われる桜が咲き誇り、
世界文化遺産の境内を華やかに彩る様は圧巻の一言です。

https://youtu.be/YO0RALmMpDk?t=19s

そんな醍醐寺の桜の開花は3月29日頃で、
見頃時期は4月6日~、となりそうです。

桜の散り際を見たいと言う方は、4月10日頃に行けば
桜吹雪を見ることが出来ると思います。

桜によって、満開の時期が異なるため、桜が散るまでに
約3週間ものあいだ、お花見を楽しむことができます。

※桜の開花、見頃時期は気温や天候により変わってきます。

醍醐寺の桜のライトアップを観る方法とは?

醍醐寺の桜、昼間でもこんなに綺麗だけど、夜桜も楽しみたい
という人も多いと思います。
醍醐寺は通常の夜間ライトアップは開催されておりません。

ただし、ある特別な人だけ夜桜を楽しむことが出来ます。

その条件とは、「アメリカンエキスプレスカードの会員である」ということです。
アメリカンエキスプレスを持つカード会員だけに
貸切イベント「桜の夜間特別拝観」として、桜のライトアップが開催されています。

また、桜だけでなく、紅葉時期にもライトアップが実施されているようです。
ただし、会員とはいえ、抽選に当選しなければ見ることが出来ない狭き門なのです。

https://youtu.be/yyJ1G80hNTI

今年(2015年)は残念ですがすでに締め切られているようです。

来年はまだ未定ですが、だいたい12月に入ってから
イベントの詳細が紹介されますので、来年こそは醍醐寺の夜桜を堪能したい!
という方は事前にチェックし、応募が締め切られる前に
カード申し込みを済ませておくことをおすすめします。

醍醐寺の見どころ、寄りどころ、おすすめスポット

◇見どころ1 醍醐寺参道

dai1-1総門をくぐり、境内へ足を踏み入れると見えてくるのが「醍醐寺参道」に咲き誇る桜です。

参道の両脇に植えられたソメイヨシノの桜並木がトンネルのように観光客を出迎えてくれます。

スポンサーリンク

◇見どころ2 太閤しだれ桜

dai1-3樹齢150年以上にもおよぶ、三宝院に咲く太閤秀吉に縁のあるしだれ桜です。

周辺には、「醍醐の花見」の時の桜の子孫と言われる桜も見ることが出来ます。

◇見どころ3 樹齢100年以上のソメイヨシノ

dai1-4霊宝館の庭園で見ることが出来るのが、100年を超す大樹のソメイヨシノ。

醍醐寺のシンボル的存在で、毎年薄紅色の花を咲か
観光客を楽しませてくれます。

この桜は京都市内で最も古いソメイヨシノとして知られています。

◇見どころ(番外)醍醐水

dai1-7お花見ついでに、ご利益アップ!
もし時間に余裕があれば「醍醐水」に寄ってみては?

目的地まで、1時間以上かかる道のりですが、空海の孫弟子にあたる「理源大師」に縁のある霊水がこんこんと湧き出る霊水でご利益アップが期待できるかも!?

関連イベント

毎年4月の第二日曜日に、醍醐寺では「豊太閤花見行列」が開催されます。
今年(2015年)は4/12に開催。

これは太閤秀吉が晩年に催した、盛大な宴「醍醐の花見」にちなみ、
毎年行われている行事です。

dai1-5

「豊太閤花見行列」ではその様子を再現するように、
秀吉、ねね、淀殿、秀頼、などに扮し、境内を
200人もの人が行列をつくりねり歩きます。

会場では、雅楽や狂言などの演劇の他、
地元の学生による踊りが披露されます。

開催時間:13:00~17:00

醍醐寺へのアクセス方法、駐車場や拝観料は?(醍醐寺の基本情報)

【住所】京都市伏見区醍醐東大路町22

【お問い合わせ先】 075-571-0002

【時間】9時から17時(最終受付16時30分)

【休み】なし

【拝観料】三宝院、霊宝館、上醍醐 各600円

【アクセス】電車:醍醐駅②出口より東へ。徒歩10分
他アクセス方法詳細 ⇒ http://www.daigoji.or.jp/access.html

【HP】http://www.daigoji.or.jp/

【駐車場】あり 約100台
普通車:700円(5H以内)以降30分毎100円
大型:2000円(5H以内)以降30分毎300円

醍醐寺周辺おすすめグルメスポット

◇醐山料理 雨月茶屋

醍醐寺の境内の一角にある食事処。
旬の京野菜や、醍醐寺伝統の色彩豊かな精進料理などが楽しめます。

詳細はこちら

スポンサーリンク

◇甘味 手打ち蕎麦 しも村

醍醐寺の正面にあるので、醍醐寺で桜を楽しんだ後、帰りに寄ってみては?
古民家をそのまま使用したような店構えのそば処。

手打ちならではのコシが味わえるのはもちろん
白玉入りぜんざいなどの甘味も味わえるのが嬉しい♪

詳細はこちら

醍醐寺周辺おすすめのホテル・宿

by トマレバ

by トマレバ

by トマレバ

by トマレバ

いかがでしたか?
今回は京都屈指のお花見スポット、醍醐寺のお花見についてご紹介しました。

なんといっても、太閤秀吉ゆかりの桜が楽しめるお花見スポット。
同じ地で、秀吉と同じように桜を愛でているなんて、なんとも不思議な感じがしますね。。。

ぜひ、今年のお花見はそんな思いを馳せながら、醍醐寺の桜を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加