七五三 お祝い返しはいつまで?相場やお返しの選び方

本来、七五三のお祝いに対してのお返しは不要とされています。しかし、最近では義理を重視し「内祝い」としてお祝い返しするをご家庭が多いようです。

高額なお祝いを頂いてしまった・・・

貰いっぱなしでは気が引けるので何かお返ししたい という方もいらっしゃるでしょう。

でも、いざお祝い返しをするのに、大体の相場はどのくらいなのか
どんなものを贈ったらいいのかなど、分からないこともあると思います。

今回はお祝い返し時期や相場、お返しに何を選べばいいのかなどについてまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

七五三のお祝い返しはいつまでに返す?

まず、いつまでにお返しするべきかを把握しておきましょう。

お返しは、七五三の参拝が終わってから、出来るだけ早くお返しするのが理想的です。
時間が経ちすぎると失礼に当たるので気をつけてください。

可能であれば当日に、遅くとも1〜2週間の間に行い11月中にはお返ししておきたいものです。

お祝いをいただいた方の家が近所で、時間があれば七五三参りの後、子どもと一緒にお礼の品を持って挨拶に行き渡す、というのが一番スムーズだと思います。

七五三のお返しにオススメなものや相場はいくら?

■お祝い返しの相場は?

七五三の内祝いの予算ですが、だいたいもらったお金などの半額から1/3を目安にして
選ぶのがいいといわれています。

いただいた金額にあわせて、それぞれお返しを分けるといいでしょう。

過度なお返しはかえって相手に気をつかわせてしまうので、あまり大げさにならないように、相手が受け取りやすいちょっとした品物でも大丈夫です。

いずれにしても、迷っているうちにお返しの時期が過ぎてしまったということがないよう気をつけましょう。

何を贈ればいいの?

基本、お祝い返しするなら、千歳飴やお赤飯で十分とされています。

もう少しちゃんとしたものを、と考えているならオーソドックスに『日用品』『菓子折り』などと一緒にお礼状を添える。

日用品は、洗剤やタオル、石鹸などの実用的な消耗品がおすすめです。

下記に贈る相手ごとにオススメなものを挙げてみました。

祖父母へのお祝い返し

・日用品または菓子折り
・お礼状またはカード(子どもから直接お礼の言葉を添えると喜ばれるでしょう)
・七五三当日の写真(焼き増ししたもの)
※子どもの晴れの日のお祝い事ですから、写真を送付すると
当日の様子がわかり喜ばれると思います。

高額なお祝いを貰った、近い場所に住んでいる場合
・七五三祝いのお食事の場をもうけ、祖父母を招待する
※この場合、招待することがお返しとなりますから、別に内祝いを用意する必要はありません。

親戚へのお祝い返し

・日用品または菓子折り
・お礼状またはカード(子どもから直接お礼の言葉を添えると喜ばれるでしょう)
・七五三当日の写真(焼き増ししたもの)

祖父母の場合と同一で、受け取りやすいものをお返しとして贈ると良いいでしょう。

近所の人、友人や知人へのお祝い返し

頂いた状況や金額にもよりますので判断の難しいところですね。

ちゃんとしたお返しをしないと気になってしまう額を頂いた場合
・日用品または菓子折り
・お礼状またはカード

いただいた物の値段が少額の場合
・千歳飴やお赤飯
※近所の人であれば千歳飴、赤飯を持参して、子供と一緒に挨拶に行くといいでしょう。

他には、商品券やカタログギフトなども最近では喜ばれるようです。シチュエーションに応じて参考にしてみてくださいね。

お祝い返しのお礼状

お返しをしない場合でも、お祝いを頂いた場合感謝の気持を電話かお礼状にて伝えましょう。

お返しをしない場合は、いただいた当日か、遅くとも3日以内には済ませましょう。

お返しが必要な場合は、贈る時に一緒に添えましょう。

スポンサーリンク

七五三のお祝い返し  のしの選び方と表書きの書き方

七五三のお祝い返しは祝い事ですので、水引は紅白の蝶結びを使用します。


水引きの上部には「七五三内祝」「内祝」「御礼」とし
下は子どもの名前を入れましょう。
ここでは名字は入れずに、名前のみ書くのが一般的です。
(発送する際は、差出人は親の名前)

最近では、子どものお祝い用として、水引きではなく、ビースや電車のイラストが書かれた包装を選ぶ方もいるようですが、礼儀を重視するならば、無難なものを選択するのが良いと思います。

お祝い返しと内祝いは違う

お祝いを頂いたお返しの際に「内祝い」がよく使われますが

お祝い返し=内祝い

ではありません。

贈り物をおくるのに、お祝い返しはお祝いをいただいた方へ。
一方、内祝いとはお祝いをいただいた方にかぎらずお祝いの品を贈ることです。

ですので、内祝いはお返しではなく親戚や知人はもちろん友人など親しい人に贈ります。

いってみれば

「幸せを報告したい人」
「幸せを分かち合いたい人」

に贈る、といったところでしょうか。

七五三のお返しに関しては、あまり気を使いすぎず形式ばったものではなく、気持ちとしてお返しをするというかたちでいいかとおもいます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です