入籍のタイミングは?選び方やおすすめの日をご紹介

n1-1

結婚は人生の中でも一番のビックイベントです。
新婚旅行に婚姻届に引越しにと、大忙しな毎日になりますね。

今回は入籍する日の決め方やおすすめの日についてご紹介します。

スポンサーリンク

入籍の意味

よく芸能人がニュースなどで、結婚して婚姻届を出したという事を入籍した、もしくは籍を入れたという言葉で表現している事があります。

でもこれは厳密に言えば正しくない良い方なのです。

子は結婚する(婚姻届を出す)事で親の姓から抜けて新しい戸籍を作る事になり、どちらか一方の戸籍にどちらかが入るわけではありません。

つまり、結婚というのは二人で新しい戸籍を作り、一から家族を作って行くという作業なのです。

そして、その際に戸籍筆頭者を決め、どちらの姓を名乗るかを決めます。
一般的には男性の姓を名乗るのが普通ですが、女性の姓を名乗っても構わないのです。
(その場合の戸籍筆頭者は女性になります)

養子縁組や戸籍筆頭者が離婚して再婚する際に相手が戸籍筆頭者の姓を名乗る時などは入籍するという言い方になりますが、婚姻届けイコール入籍ではありません。(参考http://allabout.co.jp/gm/gc/225565/)

ただこれは法律上の事で、日常入籍したと言っているのは婚姻届を出したという意味で言っていると理解した方が良いでしょう。

言葉は使われて行くうちに変化しますから、会話の中で入籍したと言ったとしてもそれを間違いと指摘する事も無いのです。

今は男女平等は勿論のこと、核家族化も進んで祖父母や両親に犬猫までついて来るような大家族のいる家に女性が単身嫁いで行くというイメージは古臭く感じますが、この籍を入れるという言葉にはどこか昔の嫁入りの風習の名残があるような気がします。

女性は結婚すると相手の家族の中に入って行くというイメージがまだ残っているのかもしれません。

実際には、新しい家族をこれから二人が築いて行く、真っ白なキャンバスに絵を描いて行く、その土台のキャンバスが婚姻届のイメージなのです。

こちらの方が夢がありますよね。

入籍のタイミングは?結婚式の前?後?式当日?

入籍のタイミングランキングを見てみると・・・

入籍と結婚式のどちらが先でしたか?

第一位 入籍が先 75%

第二位 入籍と結婚式が同日 12%

第三位 結婚式が先 9%

まず一位から見て行きましょう。

第一位 入籍が先 75%

入籍が先というカップルがほとんどですね。

新婚旅行にすぐ行く場合など、パスポートの名義変更も先に済ませておきたいでしょうし、書類関係の面倒な事も式の前に終わらせてしまいたいですね。

後はビックイベントの主役の準備に全力投球したい女性の気持ちなどあると思います。
子供が先に出来た場合なども、先に済ませておいた方が良いですね。

また入籍が済んでいない場合は、どんなに盛大な結婚式を予定していてもどちらかのマリッジブルーが原因で式の直前にドラマの様にやめないとも限りません。

済んでしまっていれば、あきらめもつくというものです。(これは私の推測ですが・・・。)

スポンサーリンク

第二位 入籍と結婚式が同日 12%

n1-3

少数派ですが同日にするというカップルは、結婚記念日を一つに統一したいという理由がほとんどだそうです。

指輪の刻印や記念日をいつにするのか迷わないですむという点が良いですね。
何でも決め事はキッチリとやりたい、日にちをずらしたくない場合は言うカップルには同日で当然という感覚もあるかもしれません。

ただ、万が一書類に不備があると当日に婚姻届を受理してくれない事もありますから、事前のチェックは抜けの無いようにしたいですね。

実は式の当日に婚姻届が受理されなかった、という悲惨な結果にならないように気を付けたいものです。

第三位 結婚式が先 9%

これも人それぞれの考え方ですが、まず結婚式が先でその後婚姻届を出すという順序へのこだわりがその理由です。

また、バージンロードを父親と歩く時にまだ旧姓でありたいという気持ちがこの選択をさせているという場合もあるそうです。

父親としてはそんな気遣いをされたら、本当に嬉しいでしょうね。

結婚は当人だけの問題では無く両家が親戚になるという意味合いもありますから、両親のための思いやりというのは素敵な事ですね。

入籍におすすめの日と選び方

n1-5

最近のカップルはあまり縁起にこだわる方は少なくなっているようです。

ただ、本人達では無く御両親を含めたその周囲の人たちはいまだに縁起を気にするというケースもありますから、よく確認するようにしましょう。

❏縁起で選ぶ

縁起を重視するなら大安・友引・先勝・先負がおすすめらしいですが、大安以外は午前中が凶だの午後が凶だの決まり事もあったりするのでその中で選ぶなら大安がおすすめです。

結婚式ならホテルのスケジュールなどもあり簡単に大安の日とも行かないでしょうが、これから一生付き合う事になる記念日だとしたら、最高の日にちを選ぶのが良いのではないでしょうか。

❏記念日で選ぶ

誕生日や付き合い始めた日付に合わせる人も多いようです。
語呂合わせで「良い夫婦の日」11月22日に決めるカップルというのも多いそうです。また、祝日に合わせるのはその日に毎年休みが取れるという理由でも人気だそうです。

クリスマスやバレンタインデーなど季節の行事に合わせると、記念日を忘れづらくするので良いと言われています。忙しい人、つい記念の日を忘れてしまったなんて人にはおススメかも?

いかがだったでしょうか?

入籍のタイミングやおすすめの日、選び方などをご紹介しました。人生の中で大事なイベントですのでパートナーやご家族の方たちと相談しながら最適な入籍の日を選んで見てください。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加