お歳暮をもらったらお返しは必要?お礼状の書き方

お歳暮を貰ったあとの対応は
状況によって違ってきます。

今回は、お歳暮をもらったらお返しは必要なのか
お礼状の書き方やお歳暮の断り方などの
対応の仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

お歳暮をもらったらお返しは必要?

お歳暮のお返しは特に必要ありません。

お祝いの品ではありませんので、一般的にお礼状を書いて済ませるだけで十分です。ですので、お歳暮を受け取ったらまず、速やかにお礼状を送るようにしましょう。

oseiboorei1

反応がなければ、ちゃんと届いたかどうか、気に入ってもらえたかと、心配しているかもしれません。

親しい友人や知人であれば、電話やメールでの返事でも構いませんが、せっかく感謝の気持を込められた贈りものですから、手紙やはがきで返すと贈り主も喜ばれるでしょう。

お礼状はお返しをする際にも忘れず、贈り物と一緒に添えて贈りましょう。

 お歳暮のお礼状

■お礼状を書くポイント

oseiboorei2

1.頭語
2.季節の挨拶
3.相手の近況を尋ねる
4.贈り物に対してのお礼
5.相手の家族への心遣い
6.結語

1. 頭語・結語

これは、よく手紙の冒頭、末尾に使われる
拝啓、敬具 のことです。

頭語や結語をつけるとどうしても堅苦しい印象がありますので
親しい間柄なら、これらは省いても問題ありません。

2. 季節のあいさつ(時候の挨拶)

12月

初冬の侯、師走の候、歳末の候、冬至の候、大雪の候、
師走に入り、あわただしい毎日が続いております。
師走に入り何かと多忙な日々が続いております。
年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりました。
年の瀬の、寒気いよいよ厳しい季節となりました。 
一年で最もあわただしい季節になりました。 
今年の師走は一段と冷え込むようです。

1月

厳寒の侯、初春の候、大寒の候、新春の候、小寒の候、
お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。
松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。
松もとれ、厳しい寒さが続いています。
松の内も過ぎ、寒気ことのほか厳しく感じられます。

3. 相手の近況を尋ねる

皆様いかがお過ごしでしょうか?
おかわりなくおすごしでしょうか?
〇〇様におかれましては、お変わりなくお過ごしのこととぞんじます。

4. 贈り物のお礼

この度は結構なお品をお送りいただきましてありがとうございました。
妻も子どもたちも大変喜び、早速美味しくいただきました。

いつも細やかなお心配りありがとうございました。

本日はお心のこもったお品を頂き、本当にありがとうございました。

6. 相手や家族への心遣い

例年になく寒さ厳しいこの冬ですが、どうぞ、お体をおいといください。
寒い日が続きますが、どうかお身体を大切に、皆さまおそろいで良い新年をお迎えください。

■お礼状例文

お礼状のみの場合

拝啓

年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりました。
〇〇様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?
この度はお心づかいをいただきましてありがとうございました。
早速家族一同有難く頂戴いたしました。
まだしばらくは厳しい寒さが続きますが体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。
略儀ながら取り急ぎ書中にてお便りをいたしました。ありがとうございました。

敬具

平成 年  月  日
〇〇太郎

お返しとお礼状の場合

拝啓

寒さも一段ときびしきなってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、この度はごていねいにお歳暮の品をお送りいただきまして、大変恐縮しております。
本日別便にて心ばかりの品を送りました。お口に合うかどうかわかりませんが、ご賞味くださいませ。
例年になく寒さ厳しいこの冬ですが、どうぞ、お体ご自愛下さいませ。

敬具

平成 年  月  日
〇〇太郎

お歳暮を受け取れない場合

拝啓

初冬の候 貴社におかれましてはますますご清栄の段、心よりお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
またこのたびは御丁寧なお心づかいを頂き、ありがとうございました。
せっかくのお品ですが、当社ではお取引先様からの贈り物は、
いかなる理由がございましてもお受けできないことになっております。
まことに申し訳ございませんが、何卒御理解の上、ご了承賜りたくお願い申し上げます。
なお、甚だ勝手ではございますが、お送りいただいた品は別 便にて返送させて頂きました。
略儀ながら書中をもちまして御礼ならびにお詫びを申し上げます。

敬具
株式会社〇〇商事
代表取締役 〇〇太郎

次から断りたい場合

拝啓

今年も残す所わずかとなり、ご多忙のことと存じます。
皆様にはいかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。
この度は、ご丁重なお心尽くしの御品をお贈り頂きまして、ありがとうございました。
今回に限りましては、ありがたく頂戴したく存じますが、
どうか今後はお気遣いなさいませんよう、お願い申し上げます。
寒さはこれからが本番でございます。皆様どうぞご自愛くださいませ。
略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。

敬具

 〇〇太郎

状況ごとに幾つか例をあげてみましたので
参考にしてみてくださいね。

お歳暮のお返しの金額や期間は?受け取れない、断りたい場合の方法はこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>