【卒業式ネイル】袴に合うシンプル&簡単デザイン集とやり方を紹介!

卒業式といえば袴。

成人式の振袖と同じく、一生に一度しか着る機会がないという方も多いのではないでしょうか?そんな貴重な体験だから、写真もたくさん残したい。社会人になってからお友達と「楽しかったね」と写真を見返したい。そう思い、自然と気合いも入りますね。

でもちょっと待って!ネイルのお手入れ、してますか?

卒業証書を持つ手は実はとっても画像や映像に残りやすいパーツ。今からでも間に合います。自分で簡単に作れるシンプルネイルをご紹介しますのでぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク

ネイルデザイン集10選

シンプルかつ簡単に♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:http://matome.naver.jp/odai/2132124099080301701

シャンパンピンクのグラデーションネイル。

フリーエッジ(爪先の白い部分)が透けるほどの繊細なシアー感は流行でありながら清潔感が溢れ、普遍的です。微細なラメはゴールドで、日本人のは肌の色にばっちり馴染みます。

100825_1832~0001

出典:http://nlcl.jp/smart/work/detail/?work_no=21472&keyword_text=&offset=28

桜を想わせるピンクとベージュを使った華やかなブロックフレンチ。

セルフで作る場合フレンチ部分は薄い色(この場合ベージュ)を始めに斜めに塗って、濃い色を反対側からかぶせるように斜めに塗ると下の色が透けず、簡単にブロックフレンチになります。

091031_2008~0001

出典:http://matome.naver.jp/odai/2135438925167356501

先ほどのネイルと同じように作れるブロックフレンチ。カラーが変わると印象もガラッと変化しますね。

和装にぴったりのダークトーンのレッドとトーンを合わせたグレーブラックを使っているようです。フリーエッジ(爪先)の形も最もシャープなポイントの形に近いもので、式にふさわしいフォーマル感が出ています。

graduationnail4

出典:http://beauty.yahoo.co.jp/beauty/articles/322200

梅の花のような小花を配したフレンチベースデザイン。小花はドット棒や爪楊枝の尖っていない方にたっぷりめにポリッシュをとって、ドットを描いていくだけ。

とっても簡単で誰でもできるおすすめデザインです。

寒い冬を耐え忍び、暖かくなると一番に花を咲かせる梅は、忍耐力の象徴とされ、和装では人気ですね。

graduationnail5

出典:http://beauty.yahoo.co.jp/beauty/articles/322200

パステルブルーと流行のグレージュを使った逆フレンチベースのデザイン。さりげなく着物の伝統的な模様、矢絣と市松模様のペイントを施しています。

これくらいさりげないポイントアートならセルフでも挑戦しやすいはず。アクリル絵の具でアート用の筆を使って描くと完璧です。

graduationnail5

出典:https://jp.pinterest.com/pin/381680137143581562/

マットな質感のブラックとザラザラとしたエフェクトのゴールドラメを使った上質な質感を楽しむデザイン。

塗るだけでマットな質感になるカラーポリッシュは流行で手に入りやすいですし、手持ちのポリッシュの上から塗るだけで質感の変わるマットトップコートは100円ショップでも購入できます。

ザラザラとした質感のラメは、「サンドエフェクト」「キャビアネイル」等の商品名で売られていることが多いです。スタッズを4つならべるだけのポイントアートも簡単!

graduationnail7

出典:http://www.nail.navivi.jp/index.html?nail_no=923

繊細なペイントアートと、渋いゴールドをポイントにした単色ネイル。少しだけ彩度を落としたレッドは、卒業式でも浮くことがありません。

アートはアート用ブラシとアクリル絵の具で自由に描いて。普段絵を描く時と基本は一緒です。絵が得意な方はたくさん描くのも楽しいかも。

卒業式のネイルデザイン続きと簡単なやり方はこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>