お食い初めの数え方は?献立と儀式のやり方 

okuizome1お食い初めとは、生後100日目に初めて
赤ちゃんに食べ物を与える儀式です。

与えると言っても、まだ食べることは難しいので
あくまで食べさせるマネをする儀式です。

個人差はありますが、生まれて100日目当たりに
歯が生え始める時期であり、この時期に

『一生涯、食べるものに困ることが無いように』

と願いを込めて行われる日本伝統の習わしです。

住む場所によっては「食べ始め」「箸初め」「箸揃え」
「箸立て」「真名始め」とさまざまな呼び方があります。

<目次>
1.お食い初めとは
2.お食い初めの数え方は?いつするの?
3.お食い初めで使う食器、お膳   
4.お食い初めの献立   —2ページ目—
5.お食い初めの儀式のやり方

スポンサードリンク

お食い初めの数え方は?いつするの?

ohigan1-1お食い初めの場合、
生まれた日を1日目として数えます。

通常では生後100日目と言われていますが
地域によっては、生後100日とは限らず、
110日目、120目とするところがあります。

家庭によっては、生後〇〇日目が平日であったり、
祖父母も一緒に祝うとなるとみんなの都合を

合わせるのが難しいなど、その日に合わせて
祝うのは難しいと思います。

その場合は無理に生後〇〇日目に合わせる必要はありません。
大体、母乳から離乳食に変わる頃(生後3~4ヶ月)を

目安にし、みんなが集まれる日(吉日)を選んで
お祝いしてあげましょう。

お食い初めで使う食器、お膳

okuizome2しきたりでは、お食い初めで使うお膳・食器は
お嫁さんの実家が贈るとされていますが、

最近では特にこだわらず、嫁ぎ先や、
お父さん、お母さんご自身で用意しているところもあります。

正式な形であれば、使用する食器やお膳は

【お膳・食器セット】

男児:内外とも朱色

女児:外は黒、内は朱色

お椀は、鶴、松などの蒔絵模様のある漆器
お箸は、柳の白木

など、一式揃えることになります。
全部、揃えると結構、高価な買い物になりますので、

最近ではお膳一式をレンタルしたり、
御膳を使わず、ベビー用食器とベビーラックなどで
代用する家庭も見られます。


これだと1度きりでなく、使う場面を増やせ
るので、このよううな普段使いのできる
食器を選ぶのもおすすめです。

お食い初めの献立と儀式のやり方はこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>