巻き爪はなぜおこる?正しい爪の切り方と靴の選び方

巻き爪? 自分には関係ないや・・・
と思っていませんか?

しかし、巻き爪は身近な問題で
実は多くの人がこの巻き爪に悩んでいます。

間違った生活習慣によって引き起こされる
巻き爪。

今回は巻き爪を引き起こす原因と
予防方法をわかりやすくまとめてみました。

<目次>
1.巻き爪の症状と原因
2.巻き爪を予防 正しい爪の切り方  —2ページ目—
3.巻き爪の予防 靴の選び方

スポンサードリンク

巻き爪の症状と原因

makidume_2

「巻き爪」とは爪の端が曲がった状態をいいます。
曲がった爪が、肉にくいこみ痛みを伴います。

爪が曲がった状態で靴に当たり歩行時に
影響が出てくることもあります。

■巻き爪になるのはなぜか?

巻き爪の多くは、足の親指に多く見られ
主に深爪靴などの外部からの圧迫が原因で
起こります。

通常、健康な爪の状態だと、下から受ける圧力
(歩いたり立ったりする時にかかる圧力)と

爪が内側に丸まろうとする力のバランスがいい具合に
働き、爪が平坦に保たれた状態をキープしていますが

爪を切り過ぎるとそのバランスが崩れ下からの圧力が強くなり
両側の肉が盛り上がる。肉に押され爪は内側に丸まり
巻き爪になって痛みを伴います。

また、足に合わない靴、負担をかける靴を履くことでも
巻き爪の原因になります。

小さすぎる靴、つま先の細い靴を履いていると指や
爪が圧迫されて爪が曲がることがあります。

大きすぎる靴や、ハイヒールなども足が前に滑り
爪や指が圧迫されます。

■巻き爪を甘くみない。

ただの巻き爪と甘くみてはいけません。

巻き爪がひどくなってくると、痛みのある足を
かばいながら歩くようになり、知らず知らずのうちに

膝や腰に負担をかけてしまい、体のバランスが崩れ
歩行が困難な状態になってしまうこともあります。

そうならないためにも、正しいケアをして
巻き爪の予防、再発防止に努めましょう。

巻爪を予防する方法をこちらでチェック!

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加