2016年版!宝厳院は紅葉ライトアップがある?見頃はいつ?

紅葉の季節です。ふだん頑張っていらっしゃる皆様も、リフレッシュの機会を設けてみてはいかがでしょうか。美しく励まされる紅葉の名所「宝厳院」をご案内します。

こちらの「獅子吼の庭」は、修行僧が悟りへ向かい頑張り続ける心得が、枯山水の中に表されています。そうあり続けたいと願う意気は、今も美しい庭に結晶して息づき、人々を癒し力を与えています。

<目次>
1.宝厳院の紅葉と見どころ
2.宝厳院の紅葉の見頃(基本情報) 
・ライトアップ情報    —2ページ目—
・宝厳院の混雑度は?

スポンサードリンク

宝厳院の紅葉と見どころ

臨済宗の大本山、天龍寺の塔頭寺院のひとつです。春と秋にのみ公開日があります。

策彦禅師の作になる回遊式山水庭園の「獅子吼の庭」が有名で、嵐山を借景とした庭園には獅子の形の「獅子岩」が設置されています。岩から生えた「破岩の松」も見所で、夜は、凝ったライトアップも行われます。

参道の紅葉も見ごたえある景色になります。「獅子吼」の名は、岩の形ではなく、仏が説法することをそう言いまして、そちらが由来です。他にも「三尊石」「苦海」「獣石」「瀧門瀑」など、中国の故事「登竜門」を仏の教えになぞらえ、庭の姿で修行僧の心得を説く配置になっています。これらの岩と、丹精された苔、紅葉が、すばらしく含蓄のある風景を作り出します。宝厳院の紅葉の見ごろは遅めです。

前出の「獅子吼の庭」と、大正初期に建てられた近代数奇屋建築の礎と名高い「書院」(中は非公開)も、紅葉と一緒に是非見てほしいおすすめのスポットです。

宝厳院の紅葉の見頃は?秋の特別拝観日程

【住所】京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場36

【アクセス】嵐電嵐山駅から徒歩3分
【紅葉の見頃時期】11月中旬~12月上旬
【秋期の特別拝観期間】10月1日~12月4日
【営業時間】9時~17時 ※受付終了は本堂が16時30分、庭園は16時45分
【拝観料】500円(庭園)本堂の拝観は別途500円が必要になります。
※宝厳院・弘源寺割引共通券900円あり
【電話】075-861-0091
【休日】通常は非公開
【HP】http://www.hogonin.jp/event/
【駐車場】天龍寺駐車場利用(日中のみ)

ライトアップ情報&混雑具合についてはこちら

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加