2016年版!二尊院の紅葉のライトアップと見頃時期

終わりよければ全てよし、と言う言葉があります。物事は始めが肝心、と言う言葉もあります。どちらも同じくらい重要なのかもしれません。秋の観光に、並び立つ端正な仏様が初めと終わりを見守る「二尊院」をご案内します。

重厚さと洗練を兼ね備えた寺院です。特にこれだけ長い参道は他にはなく、真っ直ぐに続く紅葉の並木、造形の優れた建築と紅葉のコントラストは、どこを見てもずっと満足な滞在場所としてお勧めできます。

他にも通好みのスポットをご案内します。

<目次>
1.二尊院の紹介と紅葉
2.紅葉の見頃は?(基本情報)
・二尊院はライトアップがある?
・二尊院の混雑度
3.あわせて行きたい!二尊院の周辺スポット  —2ページ目—
・祇王寺(ぎおうじ)
・厭離庵(えんりあん)
・清凉寺
・宝筐院
・旧嵯峨御所大覚寺門跡
4.二尊院周辺のおすすめグルメスポット

スポンサードリンク

二尊院の紹介と紅葉

nisonin-kouyou2出典:http://photo53.com/
小倉山のふもとにある、承和のころに慈覚大師円仁が開いたお寺です。明治以降は天台宗の所属になっています。

鎌倉時代に春日仏師の手により「釈迦如来」と「阿弥陀如来」の二尊像が作られ、所蔵されているため、二尊院と呼ばれます。この二尊はそれぞれ「発遣の釈迦」「来迎の阿弥陀」とも呼び習わされています。

見どころとしては、二尊院の参道で有名な「紅葉の馬場」があり、200メートルの真っ直ぐな参道脇に植えられた紅葉の並木が、秋には真っ赤に色づきます。重厚な総門から本堂まで敷き詰められた砂利と石の端正な道の上に左右から紅葉が覆いかぶさる様子は圧巻です。

本堂、それに続く白壁、唐門、九頭龍弁天堂、御園亭など見所も多く、境内の随所で建築と紅葉を見ることが出来ます。

【住所】京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27

【アクセス】市バス停嵯峨釈迦堂前から徒歩約10分

二尊院の秋期の日程と紅葉の見頃時期

【営業時間】9時~16時30分
【拝観料】500円
【紅葉の見頃時期】色づき始めが早く10月下旬から時間をかけて見頃は10月下旬頃
【休日】無休
【電話】075-861-0687
【HP】-
【駐車場】10台

二尊院はライトアップがある?

嵐山地域で行われるライトアップ「嵐山花灯路」ですが、二尊院から、南は中之島公園までの範囲で見ることが出来ます。

実施期間は紅葉シーズンははずれてしまいますが、普段明かりに照らされた院内を見ることも稀でしょうからこの機会に是非足を運んでみてもいいかもしれませんね。

基本情報
【ライトアップ期間】「嵐山花灯路」12月9日~12月18日
【時間】17時~20時30分
【昼夜入れ替え】-
【拝観料】境内自由

二尊以外の周辺ライトアップスポット

周辺ですと旧嵯峨御所大覚寺門跡でライトアップが実施されます。歩いて約15分程の距離でそれほど離れていません。見頃時期の紅葉がライトアップされとても綺麗です。※大覚寺のライトアップについては次のページでも紹介しています。

二尊院の混雑度

午前中や夕方になると人出も少なくなり、ゆっくりと紅葉を楽しむことが出来ます。

二尊院周辺の観光&紅葉情報とランチスポットの紹介はこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加