快眠するための入浴のタイミングは? ツボ押しで快眠効果をさらにアップ!

女性 疲れ睡眠は寝ている間に成長ホルモンを分泌させたり
体や脳を休ませ、活動エネルギーをしっかりと
たくわえるため、必要不可欠な役割を持っています。

朝起きて体の怠さが抜けない
寝足りない、、、など

疲れが抜け切れていない状態であれば
睡眠の質をあげ、しっかりと体を休ませる必要があります。

今日は快眠のための入浴方法や
快眠をフォローするためのツボをご紹介します。

<目次>
1.快眠するための入浴方法とは?
2.簡単!快眠のツボ刺激で不眠解消  —2ページ目—

スポンサードリンク

快眠するための入浴方法とは?

快眠と入浴

akibate1どんなつながりがあるの? と思う方も
いると思いますが、快眠を語る上で入浴
無視することはできません。

案外、快眠するために入浴を気をつけている
という人は少ないかもしれませんね。

帰ってからすぐにお風呂に入る人、
寝る直前で入る人、

面倒くさいからといてシャワーだけで済ませる人など、、、
安眠できない人にとって上の入浴方法はオススメしません。

ちゃんと、正しい入浴方法することで
睡眠の質を上げることができるのです。

 快眠するためのお風呂の温度はどのくらい?

快眠にオススメの温度があります。
低すぎても、高すぎてもダメです。

38~41℃ を守ってお風呂に入りましょう。

何故かと言うと、この温度が心身ともリラックスできる
副交感神経を刺激できる温度だからです。

逆に、熱すぎると、交感神経を刺激してしまい
緊張状態になり、快眠できる状態ではなくなってしまいます。

季節によって上記の温度間を守って
自分にとって快適な温度で入るといいでしょう。

快眠するためにお風呂にいつ入ればいいの?

shichigo3_4快眠するためにはお風呂の温度も大切ですが
お風呂に入るタイミングも重要です。

お風呂に入るタイミングは、
寝る前の約1時間前に入るようにするのが理想的です。

その頃だと、ちょうど寝る時に温度が
下がり始めている状態だからです。

人によっては入るタイミングも違ってくるでしょうが
要は、寝る時までにお風呂で上げた体温が下がってくる
タイミングで入浴すればいいということです。

これを守ることで、より深い眠りを得て
快眠することができるでしょう。

快眠のツボを次のページで紹介しています

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>