南禅寺の紅葉2016!ライトアップはある?時間は?見頃時期や混雑状況

桜・紅葉の名所として有名な臨済宗南禅寺の本山・南禅寺は、京都三大門の1つ、三門や方丈庭園、南禅院を有し、寺域も広大で紅葉も見応えがあることで有名です。

御所の殿舎、伏見城殿舎を移築したと言われる国宝の大・小方丈や、狩野探幽の傑作、「水呑の虎」の襖絵が知られています。

ここでは紅葉の見所や南禅寺のオススメスポットを紹介していきます。

→ あわせてチェック! 南禅寺から近い永観堂周辺スポットの紅葉情報

<目次>
1.南禅寺の紹介と紅葉
2.見どころスポット
・水路閣
・方丈庭園
・三門
3.南禅寺の紅葉の見頃は?基本情報
4.寺内立ち寄りスポット   —2ページ目—
5.南禅院の紅葉時期の見頃とアクセス方法(基本情報)
6.南禅寺の混雑度と攻略法
7.南禅寺の紅葉ライトアップはある?
8.南禅寺周辺のランチスポット

スポンサードリンク

南禅寺の紹介と紅葉


釈迦牟尼仏を本尊とする京都五山、鎌倉五山の上に置かれた別格寺院である南禅寺は、禅寺の最高位として知られ、特に三門からの景色は300本ものカエデの紅葉をパノラマで一望できるとあって人気があります。

また、歌舞伎「楼門五三桐」でも知られる石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と称した舞台とも知られています。(実際はその時代には三門は無く、歌舞伎の創作)

境内には明治時代に建設されたレトロ感満載のアーチ形疎水橋があり、レンガのアンティークな色合いと紅葉したカエデの鮮やかな色彩のコントラストが見事です。

江戸初期の代表的な枯山水庭園として「虎の子渡し」の名でも有名な方丈庭園の色彩は圧巻で、赤、橙、黄の木々に常緑樹の緑と苔、白砂がそれぞれ紅葉を引き立たせています。尚、方丈庭園、三門は拝観料が必要なので注意してください。

見どころスポット

❖水路閣
kouyou-nanzenji2出典:http://photo53.com/
紅葉は多くないですが、古代ローマの水道橋を模して造られた趣ある水路閣。レトロな感じですが、紅葉とも合い、絵になる風景です。

❖方丈庭園
kouyou-nanzenji3出典:http://k-kabegami.com/
小堀遠州が手がけた「鹿の子渡しの庭」と呼ばれる枯山水庭園。その庭園に凛と一本の見事な紅葉が目を引きます。

❖三門
kouyou-nanzenji4出典:Takeshi Kuboki
南禅寺のシンボルの「三門」は国の重要文化財に指定されており、どっしりと構えた風格あるその門は、毎年壮麗な紅葉の色彩と重なりあい、参拝者を出迎えてくれます。

南禅寺の紅葉の見頃は?基本情報

【住所】京都府京都市左京区南禅寺福地町86

【アクセス】地下鉄蹴上駅から徒歩10分
【拝観料】方丈庭園・三門:500円
【営業時間】境内自由 ※方丈庭園・三門:8時40分~17時、12月~2月は~16時30分。
【電話】075-751-0365
【見頃時期】11月中旬~11月下旬
【休日】12月28日~31日
【HP】http://www.nanzen.net/
【駐車場】50台 有料(2時間以内1000円)

一緒に立ち寄りたい寺内スポットや混雑攻略法、おすすめのランチスポットはこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加