【高台寺の紅葉2016】ライトアップの時間や混雑は?見頃はいつ?

17世紀初め、豊臣秀吉の菩提を弔うために正室のねねが建立した高台寺。小堀遠州作と言われる庭園は絶景の一言です。

当時の政治的配慮から徳川家が手厚く遇したこともあり、壮麗を極めたとも。重要文化財の多くを所有し、貴重な桃山文化を伝えています。

ここでは豊臣と徳川という歴史上の人物ゆかりの寺院で見ることができる紅葉や、周辺スポットを紹介してきます。

→高台寺周辺(清水寺周辺)の紅葉スポット
→永観堂周辺の紅葉スポット

<目次>
1.高台寺の紅葉
2.見どころスポット
・開山堂
・臥龍廊
3.高台寺の紅葉の見頃と時間(基本情報)
・高台寺の紅葉ライトアップ情報
4.高台寺の紅葉時期の混雑度と対策  —2ページ目—
5.高台寺の周辺観光(紅葉)スポット
・圓徳院
・圓徳院のライトアップ情報
6.高台寺周辺の立ち寄りスポット

スポンサードリンク

高台寺の紅葉

東山の山麓近く、臨済宗の禅寺である高台寺は、桜と紅葉の名所として有名です。特に庭園は知名度も高く、国の史跡や名勝に指定されているほど。臥龍池と偃月池を中心とした庭の造りは、桃山らしい華やかな雰囲気にまとまっており、池と石組、紅葉のコントラストがすばらしい景色になっています。

また池が鏡のような役割をし、色づく紅葉を映しだす様は美しく、幻想的です。境内南側にある雲居庵では、紅葉を眺めながらお抹茶をいただけます。高台寺はその名の通り高台にあるため、眺めは良いのですが歩くとなると高低差がキツく感じるかもしれないので注意が必要です。

見どころスポット

❖開山堂

kouyou-koudaiji5初代住職「三江紹益」という初代住職が祀られており、開山堂の天井には、ねねが使っていた御所車の一部と、豊臣秀吉が使っていた船の天井部分が貼り付けてあります。

度重なる火災から難を逃れた創建時の姿を留めた開山堂。同じ場所でねねが見た紅葉を楽しむことが出来るなんてなんだか感慨深いですね。

❖臥龍廊

kouyou-koudaiji7開山堂から霊屋をつなぐ長い廊下。瓦の様子が龍のウロコの様に見えることからこの名がついたとされています。

今は渡ることが出来ませんが、臥龍廊にかかる紅葉に、池に映る逆さ紅葉と、趣きのある景観を堪能することが出来ます。

高台寺の紅葉の見頃。時間は?

【住所】京都府京都市東山区高台寺下河原町526

【アクセス】市バス停東山安井から徒歩約5分
【拝観料】600円
【営業時間】9時~17時(受付終了)
【電話】075-561-9966
【見頃時期】11月中旬~下旬
【休日】12月9日、12月10日は拝観休止
【HP】http://www.kodaiji.com/index.html
【駐車場】150台 拝観者は1時間無料

高台寺の紅葉ライトアップ情報

kouyou-koudaiji1出典:http://photo53.com/
ライトアップされた臥龍池に映る紅葉がとても綺麗です。静謐な水面に映る淡い紅葉はえも言われぬ美しさ。また、本堂前の波心庭では、毎年テーマに沿ったライトアップがされており、紅葉とともに楽しむことができます。

日中もですが、特に夜間は多くの人が訪れ、高低差もある中暗くて狭い道を大渋滞で歩いて移動するので服装や靴に注意して出かけるようにしましょう。

基本情報
【ライトアップ期間】10月21日~12月11日
【時間】日没~21時30分(受付終了)
【昼夜入れ替え】なし
【拝観料】600円 圓徳院との共通拝観券:900円
【場所】京都府京都市東山区高台寺下河原町526

高台寺の混雑対策とは?周辺観光スポットやお立ち寄りスポットはこちら

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加