神護寺の紅葉2016の見頃時期は?ライトアップや駐車場について

高尾山中腹に立ち、国宝・薬師如来像を初め仏像や絵画、書籍などの文化財が有名な神護寺は、最澄・空海のゆかりも深い真言宗古刹の1つです。神護寺の仏教遺産は多くありますが、開帳の時期が限られているのが密法ならでは。

歴史ある寺宝や遺産が紅葉とともに楽しめる神護寺と、その周辺スポットをここでは紹介してきます。

<目次>
1.神護寺の紹介と紅葉の時期や見頃
・神護寺の紅葉ライトアップ情報
2.神護寺の紅葉時期の混雑具合は?
3.神護寺周辺のおすすめ紅葉スポット  —2ページ目—
・高山寺
・西明寺
4.神護寺の周辺ランチスポット

スポンサードリンク

神護寺の紹介と紅葉の時期や見頃

タカオカエデと呼ばれるイロハモミジなど樹齢500年以上の古木も多く、京都でも早い時期に山々の紅葉が色づき、貴重な文化財共々目を楽しませてくれる神護寺。寺宝の他、国宝の梵鐘は日本三大名鐘の1つに数えられ、厄除けのかわらけ投げの発祥としても有名です。

交通の便は良いとは言えない立地のため、紅葉の時期でも比較的境内をゆっくり見て回ることができます。高台故に坂道や石段を登らなければなりませんが、眼下に広がる美しい紅葉を見ることができます。

山門から見える石段や境内にある紅葉も美しいですが、一番の見所スポットは地蔵院から見下ろす清滝川の渓谷です。吸い込まれそうな山々の緑の中に色づく紅葉が映える様は圧巻です。例年ですと、11月の初旬ころに徐々に色づき始め、11月10日~23日頃が見頃です。

神護寺の基本情報
【住所】京都府京都市梅ヶ畑高雄町5

【アクセス】JRバス停山城高雄から徒歩約20分
【拝観料】600円
【営業時間】9時~16時
【見頃時期】11月上旬~11月下旬
【電話】075-861-1769
【休日】無休
【HP】http://www.jingoji.or.jp/
【駐車場】なし

神護寺の紅葉ライトアップ情報

神護寺は紅葉の時期、金堂夜間拝観と境内がライトアップされます。立地の便から、それほど混みあうこともなく、静かに夜間の紅葉を楽しみたい人におすすめです。

もみじの谷間、山門へと続く参道が灯籠で淡くライトアップされ、特に歴史を感じさせる風合いの金堂と紅葉の鮮やかな色彩が調和して幻想的な雰囲気になっています。難点は、参道の距離や石段の多さです。特に夜間は足元に注意する必要があります。

基本情報
【ライトアップ期間】11月5日~20日
【時間】17時~19時 ※参道は午後8時まで
【昼夜入れ替え】あり
【拝観料】800円
【場所】京都府京都市梅ヶ畑高雄町5(神護寺)

神護寺の紅葉時期の混雑具合は?

紅葉の名所として知られる神護寺は混雑覚悟で出かけましょう。ライトアップ時期は例年ですと、高雄停発臨時バスが21時過ぎまで運行されています。参道から山門まで階段や坂道が続くので、歩きやすい靴でいくのがベスト。

神護寺と一緒に観たいおすすめの紅葉スポットとランチ情報はこちら

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加