醍醐寺の紅葉2016のライトアップ!アクセス方法や見頃は?ランチスポットも

世界遺産としても、「花の醍醐」としても有名な醍醐寺。四季折々楽しめる境内は年中訪れる人が絶えません。

また、木と紙の文化伝承の宝庫と言われ、15万点といわれる貴重な宝物は霊宝館で季節ごとに公開されています。特に醍醐天皇の冥福を祈るために951年に完成したとされる五重塔は、数ある京都府下にあって最古の建造物とも。

ここでは特に醍醐寺の紅葉の見所を中心に紹介していきます。

<目次>
1.醍醐寺の紅葉
2. 醍醐寺の紅葉の見頃時期とアクセス方法(醍醐寺の基本情報)
・醍醐寺の紅葉ライトアップ情報
3.醍醐寺の紅葉時期の混雑度は?  —2ページ目—
4.醍醐寺のおすすめ周辺スポット 
・随心院
5.醍醐寺周辺のランチスポット

スポンサードリンク

醍醐寺の紅葉

豊臣秀吉にちなんだ「醍醐の花見」で、桜がクローズアップされることが多い醍醐寺ですが、四季折々で様々な花が楽しめる名所でもあります。また、敷地内には、イチョウやカエデ、コナラ、リョウブ、ドウダンツツジ、イロハモミジ等紅葉の種類も多く、バリエーションも豊かです。

京都中心部から少々離れていることと広大な敷地であることから、混雑せずゆっくり紅葉を見ることができる穴場スポットとなっています。オススメは、三宝院庭園、仁王門をくぐった参道の紅葉トンネル弁財天が祀られている弁天堂です。

kouyou-daigoji4

出典:minoir
特に朱塗りの弁天堂と紅葉の美しさが素晴らしく、池に映る様は絶好の写真スポットして有名です。

【住所】京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

【アクセス】地下鉄醍醐駅から徒歩約10分

醍醐寺の紅葉の見頃時期とアクセス方法(醍醐寺の基本情報)

【拝観料】1500円(三宝院・伽藍・霊宝館の3か所共通券)
※3月20日~・3月20日~5月15日・10月15日~12月10日以外の拝観料は600円
【営業時間】9時~17時(12月第一日曜の翌日~2月末は16時30分時まで)
【電話】075-571-0002
【見頃時期】11月中旬~11月下旬
【休日】無休
【HP】https://www.daigoji.or.jp/
【駐車場】100台 (700円~)

醍醐寺の紅葉ライトアップ情報


醍醐寺の紅葉は、ライトアップの夜間拝観は事前予約申し込み制(HP参照)ということもあり、驚くほど人が少なく、静かに見ることができます。

ライトアップされた紅葉のトンネルは幻想的で、弁天堂の昼の鮮やかな色彩と違い赤や黄が淡く浮かび上がる様は幻想的です。また、水面に映る紅葉の幽玄的な美しさは、見る人を厳かな気持ちにさせてくれます。

紅葉と共にライトアップされる五重塔は、歴史の荘厳さと儚さを表しているようで、圧倒されます。

基本情報
【ライトアップ期間】11月18日~12月4日
【時間】18時~20時10分(受付終了)
【昼夜入れ替え】- 事前予約制
【拝観料】1000円(個人)団体は800円
【場所】醍醐寺 下伽藍(金堂、五重塔、林泉、無量寿苑)※夜間照明

混雑を避けるには?おすすめの周辺スポットとライトアップ情報はこちら

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加