東福寺の紅葉2016!ライトアップは?駐車場や混雑状況、周辺スポットについて

臨済宗大本山である東福寺は13世紀に建立されました。19年をかけて完成させた七堂伽藍をはじめ、国宝指定の三門や絹本著色無準師範像、重要文化財の禅堂など貴重な建築物が多くあります。

特に、境内の通天橋から見える紅葉の圧巻さは、「紅葉の海」と例えられるほど、名所として知られています。

→ 清水寺の紅葉情報

<目次>
1.東福寺の紅葉
2. 見どころスポット
・通天橋
・臥雲橋
・方丈庭園
・通天台
3.東福寺の駐車場はある?時間と見頃について(東福寺の基本情報) 
4.東福寺の紅葉の混雑度と攻略方法   
5.東福寺はライトアップがある?
6.合わせて寄りたい塔頭      —2ページ目—
・龍吟庵
・光明院
・勝林寺
・勝林寺のライトアップ情報 
・天得院
・天得院のライトアップ情報
7.東福寺の周辺スポット      —3ページ目—
・泉涌寺
・雲龍院(泉涌寺の塔頭)
・雲龍院のライトアップ情報
8.東福寺周辺おすすめランチスポット

スポンサードリンク

東福寺の紅葉

「通天紅葉」と呼ばれる本堂、普門院、開山堂を結ぶ橋から見える紅葉は圧巻の一言。中には、葉が3つに分かれて黄金色になるカエデがいくつか見られ、イロハモミジ、モミジなどの紅葉と相まって優雅な渓谷美を醸し出しています。

渓谷に架けられた3つの橋は、「東福寺三名橋」と呼ばれており、上流から偃月橋・通天橋・臥雲橋の順になっています。もちろんどの橋からも紅葉は見られますが、特に臥雲橋の橋廊から通天橋を望む位置が一番人気があるようです。

偃月橋や通天橋の奥にある偃月橋は穴場スポットなので、人混みに疲れた時や、静かに紅葉を眺めたい場合におすすめです。

見どころスポット

❖通天橋
通天橋から見る紅葉の雲海は得も言われぬ美しさ。それゆえに、ここを訪れた人はみな一様にここを目指します。東福寺の中で最も人気のある紅葉スポットで、混雑は避けられませんが、この混雑を押してでもいく価値は大いにあります。

❖臥雲橋
東福寺の3つあるうちの橋の一つです。通天橋と平行に並んでおり境内へいくのに最初に渡る橋です。少し低い臥雲橋から眺める紅葉もキレイです。一般道であるため、開門前の早朝は人が少ないので、この絶景を優雅に堪能できておすすめ。

❖方丈庭園
作庭家の重森三玲が初めて手がけた4つ庭を、方丈の四方で見ることが出来ます。その中の一つ、北庭は敷石が市松柄に設置され、緑の苔と紅葉の赤のコントラストが見事。

❖通天台
方丈内の北庭~西庭の間に見晴らしの良い出っ張った場所があり、そこが通天台と呼ばれています。高さも有り、洗玉澗や通天橋が見下ろせる穴場的スポットです。

東福寺の駐車場はある?時間と見頃について(東福寺の基本情報)

【住所】京都府京都市東山区本町15-778

【アクセス】JR東福寺駅から徒歩約10分
【拝観料】通天橋・開山堂・方丈八相庭園 400円
【営業時間】9時~16時30分※12月上旬-3月末は16時まで。11月1日-12月7日は8時30分~。 ※受付は閉門30分前まで。
【電話】075-561-0087
【時期】見頃は11月中旬~12月上旬
【休日】無休
【HP】http://www.tofukuji.jp/
【駐車場】20台(秋の特別拝観期間は利用不可)

東福寺の紅葉の混雑度と攻略方法

紅葉の見頃からピークにかけての11月下旬頃は、紅葉の大人気スポットということも有り、大変な混雑になります。

紅葉の時期は、他の時期に比べ、開門が30分早いので、その時間帯が狙い目!開門に合わせていくと人が少なくゆっくり紅葉を楽しむことが出来ます。

東福寺はライトアップがある?

これだけの紅葉の規模だと、ライトアップを期待してしまいますが、残念ながら東福寺では紅葉のライトアップは行われません。ですが、東福寺の塔頭でライトアップを行っている場所も有りますので、お昼の紅葉は東福寺で、夜は別の紅葉スポットを楽しむのがいいでしょう。

近くでオススメなのが、勝林寺と天得院です。どちらも歩いて数分の場所にあります。ただし、天得院は事前予約が必要になりますので注意して下さい。勝林寺、天得院については下記でご紹介しています。

是非とも寄りたい!東福寺の塔頭は次のページでご紹介!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加