葛飾納涼花火大会2016の穴場と場所!最寄り駅や屋台情報も

h-katsushika1

だんだんと暖かくなってきて、今年の夏は何をしようかなぁと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

夏のイベントとして必ず挙がってくるのが花火。花火大会は迫力もすごい分、たくさんの人が集まりますよね。人混みが苦手な方はちょっと遠ざかってしまいそうなイベントの一つかもしれません。

そこで今回は葛飾納涼花火大会の、穴場鑑賞スポットや花火大会の特徴をご紹介します。

出典:http://www.city.katsushika.lg.jp/14627/024439.html

<目次>
1.葛飾納涼花火
2.2016年の開催日と時間。屋台はある?  
3.葛飾納涼花火大会の場所と最寄り駅
4.葛飾納涼花火大会の場所取りのコツ
5.有料席について      —2ページ目—
6.葛飾納涼花火大会の穴場は?

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会とは

江戸川の河川敷で開催される、葛飾納涼花火大会。今年は開催50回目という節目を記念して、例年よりも10分長く花火を見ることができます。

オープニングはまさに「勢い」。無数の花火を連続で打ち上げ、初っ端から見るものを虜にさせます。ほんの数分の出来事ですが圧倒され瞬きを忘れるほど!

毎年、テーマがひとつ決められていて、テーマに沿っていくつかの構成に分けられた演出が繰り広げられます。なかでも人気のあるのが、キャラクターの花火たち。過去に、こち亀の両さんやキャプテン翼の花火が打ち上げられ、お客さんを魅了しました。そして、フィナーレの空中ナイアガラは息を呑む美しさです。

今年は50回目の開催で記念大会として例年より10分延長されます。今年はどんな素敵なショーを見せてくれるのでしょうか。

2016年の開催日と時間。屋台はある?

【イベント名】葛飾納涼花火大会
【開催日】7月26日(火)※小雨決行。荒天の場合は翌日に延期。再延期なし。
【時間】19時20分~20時30分
【問合せ先】葛飾区コールセンター(03-6758-2222)※8時~20時
【HP】http://www.city.katsushika.lg.jp/

屋台は出てる?

花火ももちろん楽しみだけど、盛り上がりに一役買ってくれる屋台の出店も気になるところですよね!葛飾の花火大会でも柴又、金町駅、帝釈天参道周辺に屋台が出店しています。

また柴又は通常でも、外売りしているお店がありますが、大会当日は、外売りしていないお店やコンビニまでも外売していて、たいそう賑やかな雰囲気になります。

当日は早めに訪れて、葛飾の風情ある町並みを散策しつつ、会場に向かうといいですよ★

葛飾納涼花火大会の開催場所。最寄り駅はどこ?

【会場】葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

❏最寄り駅とアクセス方法

◎京成金町線「柴又駅」
◎京成線金町線「金町駅」
◎JR常磐線「金町駅」
◎北総鉄道「新柴又駅」

▼アクセス方法
京成金町線「柴又駅」から徒歩約10分
JR常磐線「金町駅」から徒歩約20分
京成線金町線「金町駅」から徒歩約20分
北総鉄道「新柴又駅」から徒歩約15分

会場周辺には駐車場はありません。また、会場周辺道路全域で自動車、自動二輪の通行が規制されますので来場は公共機関を利用して行くことをおすすめします。

葛飾花火の場所取りのコツ

葛飾花火の定番の観覧場所といえば、「江戸川河川敷」ですよね。有料観覧席のすぐ近くにあるため、見え方は折り紙つき!早めの場所取りが必要です。

同じ河川敷でも新柴又駅付近のエリアは混みあう中でも他と比べれば混み具合がマシで快適に鑑賞できます。

葛飾納涼花火大会の有料席情報と穴場スポットについてはコチラのページ

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加