大濠花火2016年の日程や時間は?穴場や有料席について

h-ohori2

夏は、熱いものがいっそう際立つ季節でもあります。博多ラーメンなんかは、夏に汗をかきながら食べるのも格別ですよね。

九州の都、福岡あたりは、カラリと明るく情熱的で進取の気風と俗に申しまして、都会的でホットなイベント「西日本大濠花火大会」をご紹介します。

ここ、打ち上げ場所から観覧位置までが近いんですよね。地元民はこれをがぶりよりで鑑賞します。大迫力で、こだまが市内一帯に響くんです。

360度が開けた立地なので、都心部、百道地区、博多湾内、動物園周辺、商業地区天神など、市内で広く見ることができます。

<目次>
1.大濠花火の特徴や見どころ
2.人気スポット攻略法!~大濠公園周辺~  
3.2016年の日程!時間は?
4.大濠花火大会の場所は?アクセス方法と交通規制
5.大濠花火の有料席情報   —2ページ目—
6.大濠花火大会の穴場スポット

スポンサードリンク

大濠花火の特徴や見どころ

昭和25年から開催されている、福岡圏内人気ランキング3位の花火大会です。

九州隋一との声が高く、都市部で行われる花火大会では最大級で、花火師たちが集結して、約6000発の創作花火に腕を振るいます。

プログラムは、南北中央に分かれた早打ちが特徴で、近くなると、細かい打ち上げ表がHPに載り、スポンサーが紹介されます。ここの花火は、大濠公園の中之島から打ちあがります。北、中央、南とあり、仕掛け花火はその間に散らばって仕掛けられています。

見え方の傾向として、市立舞鶴中側は花火全体が見え、視界が広いです。視野角が広いので、右見て左見てにはなります。

福岡武道館側は、花火が線上に重なるのでボリュームが出る見え方です。ともかくも、池周辺はすごく近いので、迫力があります。

人気スポット攻略法!~大濠公園周辺~

混むの覚悟で大濠公園で、場所取りの気合はあると言う方に、より良いポイントをお教えします。

池のほとりがなんと言ってもいいです。打ち上げ会場からの距離は有料席より近いですので、池のほとりは鑑賞ビューに持って来いの場所。まずはその池周辺からご紹介します。人気スポットなので、場所を確保するなら、遅くても午前中には確保しておきたい。

●池の北西にある散策路
池を見渡せ、打ち上げ場所が見えます。ベンチもあり競争率が高いです。出来るなら午前中には着いていたい。

●池西側のベンチ
西側大会本部後方のお堀沿いで、そこには露店が並び賑やかな雰囲気の中、仕掛け花火はもちろん打ち上げ花火も見えるおすすめの鑑賞スポット。

●池の東南にある、福岡市美術館側入り口
ここから公園に入ると比較的他の入り口よりスムーズに入れる。仕掛け花火が目の前で見ることが出来ます。

●池の北東にある児童公園
遊具の上から見る人多数。少し距離があるので、仕掛け花火など低い花火は見難いが、打ち上げ花火はばっちり!昭和通りへ抜けやすく、帰宅も比較的スムーズ。

2016の日程!時間は?

【イベント名】西日本大濠花火大会
【開催日】8月1日(月)※荒天の場合は翌日に延期
【時間】20時00分~21時00分
【出店】あり
大濠公園の池周回道路沿い、有料席(西広場席)周辺に約400店の露店が並びます。

【問合せ先】西日本新聞社企画事業局(092-711-5506)
【HP】http://www.nagareyama.or.jp/

大濠花火大会の場所は?アクセス方法と交通規制

【会場】大濠公園(博多市中央区大濠公園)

【アクセス方法】
地下鉄 大濠公園駅 から徒歩3分
上毛電気鉄道 赤坂駅 から徒歩約7分、
空港線 唐人町駅 から徒歩約5分

【駐車場】なし
駐車場のご用意はありませんので、会場までの便は公共交通機関をご利用ください。

【交通規制】あり。
場所によって異なりますが、18時〜23時まで会場周辺で交通規制があります。

詳細はこちら

花火大会の有料席についてと穴場スポットはこちらでご紹介

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加