【鴻巣花火大会2015】駐車場や場所は?プログラムと穴場について

h-kounosu4

出典:http://www.city.kounosu.saitama.jp/

毎年夏になると、たくさんの花火大会が開催されていますが、どこの花火大会がどんな特徴があって、何人くらいの人が来るのご存知ですか?

その花火大会の見どころや特徴をしっていると、より一層楽しめます!さらに、人混みを避けてゆっくり堪能できる場所もご紹介。

今回はこうのす花火大会にスポットをあててみました。

<目次>
1.花火大会の特徴と見どころ
2.鴻巣花火大会の日程
3.鴻巣花火大会の場所とアクセス方法 
4.鴻巣花火大会の穴場は?    —2ページ目—
5.鴻巣花火大会の有料席と座席表 

スポンサードリンク

花火大会の特徴と見どころ

こうのす花火大会は、埼玉県鴻巣市で開催される花火大会で、毎年60万人もの人が訪れます。今年で13回目を迎えるこうのす花火大会は、近年10月に行われることが多くなり、今年も10月の可能性が高いと言われています。

こうのす花火大会の特徴は、100%手作りの花火大会ということ。

企画・運営・協賛金集め・大会終了後のゴミ清掃まで、全て鴻巣市商工会の青年部員が行っています。そしてなんといっても、2014年ギネス記録に公認された正四尺玉の迫力には圧巻です。また、周辺の暗さが花火を一段と美しく見せてくれます。

2016年の日程とプログラム

【イベント名】こうのす花火大会
【開催日】10月8日(土)※予定 ※雨天の場合は翌日に順延
【時間】18時30分~20時30分
【出店】あり
【交通規制】会場周辺で大幅な交通規制あり。
h-kounosu1

【問合せ先】鴻巣市商工会事務局(048-541-1008)
【HP】http://kounosuhanabi.com/

❏プログラムは?

全国でも例を見ない程の大掛かりなプログラムがウリの「こうのす花火大会」。例年通りであればプログラムは三部で構成され、それぞれ見どころが満載です。

第一部:「開幕の宴」打ち上げ花火があがり大会が幕が開く

第二部:スターマイン・尺玉連発

第三部:トリを飾る「鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)」正三尺玉・正四尺玉・尺玉300連発

プログラム詳細はこちら

鴻巣花火大会の場所とアクセス方法

【会場】埼玉県鴻巣市糠田(ぬかた)運動場および荒川河川敷

【アクセス方法】
JR高崎線「鴻巣駅」から徒歩30分
関越道東松山ICから約14Km

❏駐車場はある?

大会当日は、公式駐車場として吉見総合運動公園が解放されます。収容台数は約2000台。9時30分から開場され、料金は1日1000円となっています。

‰Ô‰Î’“ŽÔêmap(ƒAƒNƒZƒX)

こうのす花火大会の穴場の場所と有料席の座席情報についてはコチラ

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加