金沢まつり花火大会2016。場所取りのコツは?駐車場と屋台について

h-kanazawa1

毎年およそ30万人が参加し、3,200発の花火で横浜の夜を彩る花火の祭典「金沢まつり花火大会」。ライトアップされた八景島と、打ち上げ花火の幻想的なコラボレーションは必見です!!

夏の終わりにふさわしい一大イベントに参加する前に、ぜひ情報を仕入れておきましょう!!

<目次>
1.金沢まつり花火大会の見どころ
2.2016年の開催日。交通規制はある?
3.花火を盛り上げる露店
4.金沢まつり花火大会の場所とアクセス方法
5.金沢まつり花火大会の駐車場はある?場所は?
6.金沢まつりの混雑具合は?場所取りはいつまでに?  —2ページ目—
7.金沢まつり花火のおすすめの穴場

スポンサードリンク

金沢まつり花火大会の見どころ

花火の打ち上げ場所が海上という事もあり、
様々なエリアからきれいな花火を楽しむ事が出来るのが特徴です!

型ものと呼ばれるキャラクター花火はもちろんの事、
フィナーレに打ち上げられる毎年恒例の”特大スターマイン”は必見ですよ!

夜、海の公園の砂場に寝ころびながらゆったりと
仰ぎ見る花火をぜひ体験してくださいね。

夏の終わりに開かれる金沢まつり花火大会。
この花火大会で、ひと夏の思い出を締めくってみませんか?

2016年の開催日。交通規制はある?

【イベント名】金沢まつり花火大会
【開催日】8月27日(土)※予定 ※荒天の場合中止
【時間】19時00分~20時00分
【交通規制】あり
当日大会、18時30分~21時頃まで、海の公園周辺で交通規制あり。
詳細はこちら

【問合せ先】金沢区地域振興課(045-788-7801)
【HP】http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/

花火を盛り上げる露店

h-kanazawa2

出典:http://cocolo-pikan.jugem.jp/?eid=896

会場周辺には多くの出店がずらっと並んでいます。

16時ごろでもさほど混んでいませんので、場所取りで早めに来たら露店巡りをしてみるのもいいかもしれませんね。

18時頃から混み合ってくるので、それまでには食飲料を買い出し打ち上げまでゆっくり待つのがベターです。

金沢まつり花火大会の場所とアクセス方法

【会場】海の公園沖(神奈川県横浜市金沢区海の公園10)

【アクセス方法】
金沢シーサイドライン海の公園南口駅、海の公園柴口駅から徒歩すぐ
京浜急行金沢文庫駅から徒歩約20分

金沢まつり花火大会の駐車場はある?場所は?

金沢まつり花火大会では、臨時駐車場として有料ではありますが
およそ1600台を収容する駐車場が用意されます。

料金は1台1日1,000円で利用できます。
駐車場周辺は大変混雑し、肝心の駐車場は17時頃にはすでに満車状態になります。
できるだけ早めに現地入りするなど余裕をもって行動しましょう。

18時30分から21時の間は規制がかかり出庫できなくなりますので
ご注意下さい。

駐車場の場所▼▼ ※2015年度

●海の公園磯浜駐車場

●海の公園柴口駐車場

金沢まつりの混雑度と場所取りについて&穴場スポットの紹介はこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加