戸田橋花火大会2016!有料席情報と日程。穴場の場所は?

h-toda3

夏の風物詩、花火。ドーンという音とともに、
色鮮やかな花火が夜空を彩ります。

花火師が一つ一つ丁寧に作り上げた繊細な花火は、
何度見ても飽きません。

人混みが苦手で避けてきたあなたも、
今年は素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

今回は、戸田橋花火大会の見どころや、
とっておき穴場スポットをご紹介します!

<目次>
1.戸田橋花火大会の見どころ
2.2016年の日程
3.戸田橋花火大会の場所とアクセス方法 
4.戸田橋花火大会の場所取りのコツ
5.戸田花火大会の有料席情報   —2ページ目—
6.戸田橋花火大会のおすすめの穴場

スポンサードリンク

戸田橋花火大会の見どころ

戸田橋花火大会は、今年で63回目となる伝統の花火大会です。いたばし花火大会が同時に開催されるので、両岸に上がる花火を一度に楽しむことができるのが何よりの魅力。

この戸田橋花火大会は、普通クライマックスで打ち上げられることが多いスターマインが、途中に何度も打ち上げられるので、とてもメリハリのある花火大会になっています。

フィナーレを飾るウルトラスターマインの時には、歓声と拍手が沸き起こります。いたばし花火大会と両方を楽しめるということもあって、毎年100万人以上の人が訪れるので、穴場スポットを事前に調べておくと安心です。

2016年の日程

【イベント名】第62回戸田橋花火大会
【開催日】8月6日(土)※雨天、強風の場合は翌日に順延
【時間】19時00分~20時30分
【出店】あり
【交通規制】あり
花火当日は、17時から21時30分頃まで会場周辺を中心に交通規制あり。
詳細はこちら

【問合せ先】戸田橋花火大会実行委員会(048-431-0206)
【HP】http://www.todabashi-hanabi.jp/

戸田橋花火大会の場所とアクセス方法

【会場】荒川河川敷(埼玉 / 戸田市荒川戸田橋上流  戸田側河川敷)

【アクセス方法】
JR埼京線戸田公園駅より徒歩約20分

【駐車場】なし

戸田橋花火大会の場所取りのコツ

いたばし花火と同時開催されるために
会場周辺には鑑賞エリアが複数点在します。

その中で、戸田側の人気定番ビュースポットの
場所取りについてご紹介します。

○戸田橋花火の大会会場(荒川の土手)

h-toda4

戸田側の定番人気スポットと言えば、戸田花火大会会場の土手。

荒川の北側で開催される戸田橋花火大会の会場は
有料席の前に無料の一般観覧席(河川敷)があり
打ち上げ場所からほど近く迫力ある花火が楽しめます。

もちろん人気スポットなので、早くから場所取りする人が多いです。
遅くても、午前中には場所を確保しておいたほうがいいでしょう。

同じ荒川の土手でも、戸田橋から西側になると
打ち上げ会場から距離がありますが、会場近くの土手より混雑せず、
ゆったりと鑑賞できます。

花火大会の有料席情報とおすすめの穴場の場所についてはこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加