うつのみや花火大会2016の場所。駐車場はある?穴場や有料席について

h-utunomiya2

出典:http://www.806.jp/info/disp_e.html?id=556

この『うつのみや花火大会』(うつのみや百年花火)、実は日本で唯一、運営している実行委員のスタッフがボランティアで運営されている花火大会なのです。

「100年続く花火大会に」というコンセプトのもと、毎年テーマを変えて開催されています。2016年のテーマは『笑顔』とし、20,000発の花火が打ち上がります。今大会は復活から記念すべき10周年。今年はどんなきれいな花火が見られるのかとても楽しみですね。

<目次>
1.花火の特徴と見どころ
2.2016年の日程・時間(基本情報)
3.うつのみや花火大会の開催場所とアクセス方法
4.うつのみや花火大会の駐車場はある?場所は? 
5.うつのみや花火大会の穴場スポット    —2ページ目—
6.有料席について

スポンサードリンク

うつのみや花火大会の見どころ

毎年きめられたテーマに沿った花火、地元の幼稚園児・保育園児を対象に
『はなびの絵展覧会』を実施して、入賞者の絵を実際に再現した花火、

打ち上げ花火の王道・スターマインなど、2時間で約20,000発の
花火が打ち上げられます。

また、発射の筒が至近距離でみえるほどの距離なので、
座ったり建ったりして観ると首が痛くなるため、最近ではレジャーシートを敷いて、
横になって観る人が増えています。

2016年の日程・時間(基本情報)

【イベント名】うつのみや花火大会
【開催日】8月13日(土)※雨天決行。荒天の場合は翌日に順延
【時間】18時30分~20時30分

【夜店】あり
【交通規制】あり
会場周辺一帯に交通規制がしかれ、場所により規制される時間帯が違います。

詳しくはこちら

【問合せ先】NPO法人 うつのみや百年花火(028-632-2032)
【HP】http://www.utsunomiya-hanabi.jp/

うつのみや花火大会の開催場所とアクセス方法

【会場】道場宿鬼怒川河川敷(栃木/宇都宮市)

【アクセス方法】
〈車〉北関東道宇都宮上三川ICから約10Km
〈電車〉JR東北本線ほか宇都宮駅東口から関東バス(約20分)→柳田車庫で下車徒歩5分
最も混雑する18時以降を避けて移動するようにして下さい。

うつのみや花火大会の駐車場はある?場所は?

花火大会当日、「キャノン駐車場」が解放され、
花火大会専用に無料で約4000台分の
臨時駐車場が用意されます。

時間は14時00分から22時30分まで利用することが出来ます。
また、キャノン駐車場からシャトルバス(片道200円)が出ています。

その他周辺には、有料臨時駐車場800台もあります。
→駐車場チケットはこちらから購入することができます。

駐車場周辺は混雑します。特に鬼怒川通りは大渋滞になるので、
車で来る人は、時間に余裕をもって出かけるようにしましょう。

宇都宮花火の穴場と有料席についてはこちら

PAGE 1 PAGE 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加