横浜スパークリングトワイライト2016!花火クルーズや穴場について

h-spark4

出典:http://www.hotel-newgrand.co.jp/hanabi/

今年も7月16日(土)・17日(日)の2日間に渡って横浜スパークリングトワイライトが開催されます!今年で4回目の開催とまだ歴史は浅いですが、昨年はおよそ40万人が参加するなど、年々熱気が高まっている注目のイベント。

朝から晩までパレードやライブなどで楽しめる上に、イベントのフィナーレとして打ち上げられる3,000発の花火は必見です!

<目次>
1.横浜スパークリングトワイライト花火の見どころ
2.2016年開催日と時間
3.花火の打ち上げ場所とアクセス方法 
4.場所取りは何時までに?
5.花火の穴場 5選     —2ページ目—
6.クルーズから花火を鑑賞

スポンサードリンク

横浜スパークリングトワイライト花火の見どころ

イベントフィナーレで打ち上げられる3,000発の花火はもちろんの事、ここでしか観られないポイントとして、花火の前後に“ジュエリーボート”というイルミネーションで飾られた船を楽しむ事が出来ます。

特にライトアップされたいつもと違う氷川丸は必見!

h-spark3

その他、会場内にある石のステージではライブステージが開催されたり、
様々な老舗レストランが出店するシーサイドレストラン&バーも
リーズナブルで毎年人気です。

このイベントでは様々な「くつろぎ」の空間を演出してくれていますので、
ちょっとオトナな皆様にもオススメですよ♪♪

2016年の開催日と時間

【開催日】7月16日(土)・17日(日)※小雨決行、荒天の場合は中止。
【時間】19時00分~20時30分
【夜店】レストランコーナー約15店
【問合せ先】横浜スパークリグトワイライト実行委員会(045-681-2353)
【HP】http://www.y-artist.co.jp/sparkling/

花火の打ち上げ場所とアクセス方法

【打ち上げ場所】山下公園及びその周辺公園前海上

【アクセス】
〈電車〉
みなとみらい線「元町・中華街駅」出口4より徒歩約3分
JR根岸線「関内駅」南口より徒歩約20分
JR根岸線「石川町駅」中華街口より徒歩約15分

〈車〉
首都高速横浜公園ランプから約1.5Km

【駐車場】あり(近隣に有料駐車場)

場所取りは何時までに?

花火大会と言えば、場所取りに奔走して、いかに間近で、
よく見える場所を確保するか悩みますよね?
このスパークリングトワイライトの場所取りも早めにしなきゃ、
と思っている人もいるのでは?

まだ開催が4年めということで、それほど知名度も高くなく
比較的混雑を気にしないで見ることが出来る花火大会ですので

あまりに早く場所取りする必要もないかと。。
2時間前でも、鑑賞エリアにおすすめの山下公園でも
余裕があります。

ただし、昨年のイベント中の人出は20万と、
人気の出てきているイベントなので、余裕をもって出かけましょう。

花火の他にも、様々なイベントが目白押しなので、早く行っても
暇を持て余すことはありません。

イベントを楽しんだ後は、花火の鑑賞でしめくくるのもいいですね。

横浜港の夜景だけでも、綺麗なんですが、その夜景と同時に
海上に鮮やかに花開く花火を見れるなんてそれだけで贅沢ですね♪

花火を楽しむなら!おすすめの穴場スポットとクルーザー鑑賞についてはこちら

PAGE 1 PAGE 2

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加